KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
CadNav.comからダウンロードした魚の3Dモデリングデータ、"White Grunt Fish Animated"

2020年5月25日(月曜日)。CadNav.comからダウンロードした魚の3Dモデリングデータ、"White Grunt Fish Animated"を、"Metasequoia"と"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_White_Grunt_Fish_Animated_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"cadnav-200523134631.rar"、そのファイルサイズは1.33MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはfbxです。

 

fbxフォーマットデータを"Metasequoia"でobjフォーマットに変換し、そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で"POV-Ray"フォーマットに変換するという手順で作業します。

 

fbxフォーマットデータを"Metasequoia"で読み込んだところ。

Metaseq_white_grunt_fbx_obj_s.jpg

このまま、objフォーマットでエクスポート。

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込み。

その最初のプレビュー画面。

preview_white_grunt_fbx_obj_1st_s.jpg

マッピング用のカラー画像とノーマルマップ用の画像が同梱されていましたので、そのファイルを夫々指定しました。

preview_white_grunt_fbx_obj_2nd_Mapping_s.jpg

変に角張った所があるので、滑らかにするために"subdivide"でポリゴンを細かく分割しました。

 

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_white_grunt_fbx_obj_last_s.jpg

これを"POVRay"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

White Grunt Fish Animated
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

White_Grunt_fbx_obj_e3_Scaled_w560h420q10.jpg

ここでのグリッドは、0.05unit=0.05mです。

 

因みに、このデータはfbxフォーマットで、タイトルにAnimatedとありましたので、"Metasequoia"でデータ構造をチェックしてみたところ、使えるボーン構造が含まれていました。

こんな感じで"Metasequoia"で使えます。

Metaseq_white_grunt_fbx_bone_ts.jpg

胴体半ばから尾にかけて4段階で左右に曲げることが出来ますし、胸鰭も左右に広げられ、口も上下に開くことができます。

「変形を適用」して、objフォーマットでエクスポートし、そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で"POV-Ray"にエクスポートすることが出来ます。

次の2つは、尾を左右に振ったものを"POV-Ray"で出力した画像です。

White_Grunt_fbx_obj_e3_Left_w560h420q10.jpg

White_Grunt_fbx_obj_e3_Right_w560h420q10.jpg

 

これらの尾を振ったデータもスケール合わせを行いました。

その3種のスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルを、夫々includeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"White Grunt Fish Animated"3種を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出きるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 16:19 | comments(0) | - |
2020年5月25日の花、スイセンノウ、タチアオイ、ビヨウヤナギ、バイカウツギ、アマリリス、ツリガネソウ、クジャクサボテン

2020年5月25日(月曜日)。昼前の買い物ついでの散歩で見かけた花、スイセンノウ、タチアオイ、ビヨウヤナギ、バイカウツギ、アマリリス、ツリガネソウ、クジャクサボテン。

 

《 スイセンノウ 》

酔仙翁というからには赤花ですが、これは名が体を表さず白花。

2020-05-25_1022_酔仙翁_IMG_4038_s.JPG

 

《 タチアオイ 》

2020-05-25_1025_タチアオイ_IMG_4039_s.JPG

 

《 ビヨウヤナギ 》

2020-05-25_1028_ビヨウヤナギ_IMG_4044_s.JPG

 

《 バイカウツギ 》

2020-05-25_1030_バイカウツギ_IMG_4046_s.JPG

 

《 アマリリス 》

2020-05-25_1031_アマリリス_IMG_4048_s.JPG

 

《 ツリガネソウ 》

2020-05-25_1032_ツリガネソウ_IMG_4050_s.JPG

 

《 クジャクサボテン 》

2020-05-25_1050_クジャクサボテン_IMG_4053_s.JPG

 

JUGEMテーマ:

| | 13:37 | comments(0) | - |
MetasequoiaがバージョンアップしてVer.4.7.4bになった

2020年5月24日(日曜日)。MetasequoiaがバージョンアップしてVer.4.7.4bになっていました。

metaseq_ver4.7.4b_s.jpg

 

今回の更新の概要は次のとおりです。(HELPから引用)

Ver4.7.4b

  • 不具合修正
    • 使用環境によってはDirect3D 11表示のレスポンスが遅くなっている。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 18:51 | comments(0) | - |
2020年5月24日の花、ガクアジサイ、シモツケ、キンシバイ、サツキ、アジサイ、ゴデチア、ツリガネソウ、ルドベキア、シロバナヤエウツギ、ビヨウヤナギ、スカシユリ、カシワバアジサイ、ブーゲンビリア

2020年5月24日(日曜日)。昼の散歩で見かけた花、ガクアジサイ、シモツケ、キンシバイ、サツキ、アジサイ、ゴデチア、ツリガネソウ、ルドベキア、シロバナヤエウツギ、ビヨウヤナギ、スカシユリ、カシワバアジサイ、ブーゲンビリア。

 

《 ガクアジサイ 》

2020-05-24_1158_ガクアジサイ_IMG_4022_s.JPG

 

《 シモツケ 》

2020-05-24_1159_シモツケ_IMG_4023_s.JPG

 

《 キンシバイ 》

2020-05-24_1200_キンシバイ_IMG_4024_s.JPG

 

《 サツキ 》

2020-05-24_1203_サツキ_IMG_4025_s.JPG

 

《 アジサイ 》

2020-05-24_1204_アジサイ_IMG_4026_s.JPG

 

《 ゴデチア 》

2020-05-24_1204_ゴデチア_IMG_4027_s.JPG

 

《 ツリガネソウ 》

2020-05-24_1205_ツリガネソウ_IMG_4029_s.JPG

 

《 ルドベキア 》

2020-05-24_1205_ルドベキア_IMG_4031_s.JPG

 

《 シロバナヤエウツギ 》

2020-05-24_1207_シロバナヤエウツギ_IMG_4033_s.JPG

 

《 ビヨウヤナギ 》

2020-05-24_1207_ビヨウヤナギ_IMG_4032_s.JPG

 

《 スカシユリ 》

2020-05-24_1217_スカシユリ_IMG_4034_s.JPG

 

《 カシワバアジサイ 》

2020-05-24_1223_カシワバアジサイ_IMG_4036_s.JPG

 

《 ブーゲンビリア 》

2020-05-24_1223_ブーゲンビリア_IMG_4037_s.JPG

 

JUGEMテーマ:

| | 14:52 | comments(0) | - |
CadNav.comからダウンロードした犬の3Dモデリングデータ、"Tan Dog"

2020年5月23日(土曜日)。CadNav.comからダウンロードした犬の3Dモデリングデータ、"Tan Dog"を"PoseRay"と"Metasequoia"で加工し、"PoseRay"でデータ変換、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Tan_Dog_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"cadnav-200515124526.rar"、そのファイルサイズは2.13MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、ページの案内にあったとおりobjフォーマットでした。マッピング用の画像ファイルが1枚だけ同梱されていました。

 

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Tan_Dog_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。

 

しかし、彼方此方に角張った部分が見えるので、"PoseRay"の機能"subdivide"を使いポリゴンを分割して滑らかに見えるように加工しました。

"subdivide"処理後。

preview_Tan_Dog_obj_2nd_s.jpg

これに、1枚だけ同梱されていたテクスチャ画像ファイルをマッピングしました。

preview_Tan_Dog_obj_3rd_s.jpg

そこそこいい感じになりました。

 

拡大してチェックしたら、前足と胴体の境に、マッピング画像の継ぎ目部分で色の違いが目立つ部分があるに気が付きました。

元画像。

Tan_Dog_Color_Sepa_2_ts.jpg

そこで、マッピング画像を"PaintShop"で次のように加工して、繋ぎ目を目立たなくしました。

元画像(該当部分周辺を切り出し)。

Tan_Dog_CadNav_Map_org_t.jpg

加工後(該当部分周辺を切り出し)。

Tan_Dog_CadNav_Map_edt_t.jpg

 

これらの処理を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Tan_Dog_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Tan Dog
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Tan_Dog_CadNav_e3_POV_scene_横.png

ここでのグリッドは、0.1unit=0.1mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Tan Dog"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:34 | comments(0) | - |