KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    中ちゃん (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    中ちゃん (03/26)
  • 2017年3月1日、栂池10日目
    KOKA (03/02)
  • 2017年3月1日、栂池10日目
    udon (03/02)
  • 2017年2月21日、栂池2日目
    udon (02/22)
  • 2017年2月21日、栂池2日目
    KOKA (02/22)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
大掃除でCATVモデムとルーターの電源をオフにしたら、インターネットに再接続できなくなった
昨日(2014年12月6日)、午前中に2階の一部屋の模様替えと大掃除をしました。模様替えと言っても、本棚を撤去してテーブルとテレビの位置を変更したりするだけです。この年末年始に娘夫婦と孫が帰ってくるので、この部屋に泊めるための準備です。
作業を始める前に、この2階の部屋に設置されているCATVモデムとハブ付きルーターの電源をオフにしました。

昼前に模様替えと掃除は終わって、電源を再投入して1階で有線LANにつながっているPCをインターネット接続しようとしましたが繋がりません。ルーターが見つからないようです。
以前にも何度か同様のケースがあって、その時はCATVモデムとハブ付きルーターの電源オフ・電源オンのリセットで解決しました。今回も、同様にCATVモデムとハブ付きルーターの電源オフ・電源オンを試しました。が、繋がりません。

電源を入れ直したCATVモデムとハブ付きルーターのLEDランプを見ると正常に見えます。
CATVモデム。

2014-12-07_CATVモデム_IMG_0375_ts.JPG
暗い場所でのコンデジでの撮影なのでLEDの点滅状態は写りませんが正常に見えます。
ハブ付きルーター。
2014-12-07_ハブ・ルーター_IMG_0377_s.JPG
こちらも暗い場所でのコンデジでの撮影なのでLEDの点滅状態は写りませんが、正常に見えます。

そこで、
ThinkPad X1 Carbonを直接CATVモデムに繋いでみました。これは、難なく繋がりました。CATV側とCATVモデムには問題がありません。
そうなると、ハブ付きルーターから、1階のPCまでの経路のどこかに問題があるのでしょう。
ハブ付きルーターに
ThinkPad X1 Carbonを繋ぎました。Windowsを起動しましたが、インターネット接続が出来ません。このハブ付きルーターに問題がありそうです。

電源のオフ・オンのリセットでは解決しなかったので、他に試せることといえば「初期化」くらいです。
2014-12-07_ハブ・ルーター_IMG_0380_ts.JPG
背面にある「初期化」ボタン(工場出荷時の設定に戻す)を押してみました。
ケーブルで繋いだ
ThinkPad X1 CarbonのWindowsを起動して、タスクバーのネットワークアイコンの表示を注視していると、これがインターネットに正常アクセスしているマークになりました。ブラウザでのWEBアクセスもOK。
1階のPCでのインターネット接続も回復しました。
一安心です。
 
JUGEMテーマ:インターネット
| Internet | 14:33 | comments(0) | - |
ケーブルモデムの交換
2013年9月22日(日曜日)。1ヶ月ほど前に事前通知のあったCATVインターネットサービスのモデムを交換する作業が今日の午後行われました。契約しているCATVはベイ・コミュニケーションズですが、担当者がやって来て交換作業を行いました。

「株式会社ブロードネットマックス BCW620J」というケーブルモデムになりました。
新 モデム
取り替えられた古いモデムはこれ。2007年6月に設置された「NETGEAR CM232」というケーブルモデム。
旧 モデム

15分も掛からずに交換作業は終了しました。交換作業と同時に回線スピードのテストも行われていました。担当者が行うテストは、モデムに直結したノートパソコンで、ベイコムのスピードテスト(Radish)を使って測定していました。
私の契約しているサービスは120Mbpsベストエフォートサービスです。交換完了の報告書の記載を見ると、交換前の速度は 41〜80 Mbps 、交換後の速度も 41〜80 Mbps となっていました。
古いモデムは設置してから6年も経っていましたから、経年劣化を考慮して取替ということになったのでしょう。発熱に関しては、交換前の機種も今回の新しい機種も似たようなもので、触ると結構熱くなっています。

我が家では、2階にこのモデムとギガビット対応ハブ付き有線ルーターを置き、ギガビットイーサ対応ケーブルを1階に下ろしギガビット対応ハブに接続しています。普段は1階に居て複数台のPCを使うことが多いので、この1階のハブにWi-Fiルーター(Aterm WR8166N)をつなぎ、自宅でのスマフォ利用はWiFi経由で行っています。

そう言う環境なので、途中にハブ付き有線ルーター+ハブと2段にわたる接続機器が入るのでスピードのロスがあるのは仕方がないのですが、その状態でスピードテストを行ってみました。

ベイコムのスピードテスト(Radish)はJavaを使うのでJavaのインストールが必要です。Javaは以前は便利に使っていた時期もあるのですが、セキュリティ上の問題が大きいので、今はアンインストールして全く使っていません。そういうことで、Radishによるスピードテストは遠慮。

そこで、ネット上の他のスピードテストサイトを利用することにしました。
以前にも自宅の回線のスピードテストに使ったことのあるBNRとUSENに、新たにRapidnetを加えて三つのサイトでテストしてみました。それぞれ、続けて2回測定しています。

(1)BNRスピードテスト
1回目
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.5001
測定日時: 2013/09/22 18:57:50
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 20.85Mbps (2.61MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 28.91Mbps (3.61MB/sec)
推定転送速度: 28.91Mbps (3.61MB/sec)
2回目
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.5001
測定日時: 2013/09/22 18:58:40
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 29.55Mbps (3.69MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 32.47Mbps (4.05MB/sec)
推定転送速度: 32.47Mbps (4.05MB/sec)

(2)USENスピードテスト
1回目
あなたの回線速度35.308Mbps
2回目
あなたの回線速度34.764Mbps

(3)Rapidnet
1回目
下り速度は50.5Mbps
上り速度は0.9Mbps
2回目
下り速度は50.3Mbps
上り速度は1.0Mbps

と言う結果でした。
ベストエフォートサービスということですから、120Mbpsを選択した当初から体感スピードは大きく変化はしていないので、文句はありません。「半分にも達していないのね」などとは言わずに、この程度の速度のサービスなのだと納得して、快適といえば快適といえるネット生活を楽しんでいます。

JUGEMテーマ:インターネット
| Internet | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
ThinkPad X1 CarbonでスマフォのUSBテザリングが何故か機能しない
2013年4月30日(火曜日)。LenovoのUltrabook、ThinkPad X1 Carbonを使い始めて3ヶ月。時々外に持ち出して便利に使っています。外出先ではスマフォのテザリング機能を使ってInternet接続しています。先日は、琵琶湖でヨットに泊まった時(4月26日〜27日)も、これで接続して自宅同様のPCライフで快適でした。

今日の午後、スマフォのバッテリー残量が35%ほどだったので、スマフォのWiFiテザリングから、USBテザリングに切り替えました。USBテザリングだと、スマフォとThinkPadの接続が無線の場合の通信ロスが無い分だけ若干ですが通信速度は速くなりますし、USBケーブルでThinkPadから充電するのでスマフォのバッテリー残量を心配する必要がなくなります。USBケーブルで繋ぐ分だけ煩雑ですが、その手間さえ惜しまなければUSBテザリングのほうが快適です。

そう思ってUSBケーブルでスマフォとThinkPadを繋ぎ、スマフォの設定でUSBテザリングを有効にしたのですが、ThinkPadがインターネットに接続されません。
何度やっても、この画面が出るだけです。
usb_接続.jpg
スマフォをUSB接続の外付けデバイスとしか見ていないようです。

スマフォ側のUSBテザリングの方は正しく設定されているので、ThinkPad側(Windows 7)のコントロールパネルからデバイスマネージャーを開いてUSBテザリングに関係するデバイスの動作を確認してみました。
開いたデバイスマネージャー。
device_manager_remote_ndis_無効.jpg
USBテザリングに必要なデバイスドライバー"Remote NDIS based Internet Sharing Device"が働いていないようです。
このデバイスドライバーをクリックしてプロパティーを確認してみました。
remote_ndis_property.jpg
「デバイスを有効にする」ボタンをクリックしました。
次の確認画面に変わりました。
remote_ndis_property_有効にする.jpg
「次へ」ボタンをクリック。
remote_ndis_property_有効完了.jpg
これで"Remote NDIS based Internet Sharing Device"が有効になりました。
デバイスマネージャー画面で確認。
device_manager_remote_ndis_有効.jpg
ここでもデバイスが有効になっていることが確認できました。

ブラウザを開いたら、ちゃんと接続できていました。良かった。

しかし、何時、このデバイスが無効になったのでしょう? 先日、琵琶湖では、狭いヨットのキャビンでUSBケーブルを繋ぐのは煩雑なので、WiFiテザリングしか利用しませんでした。1週間ほど前に、USBテザリングを使って、その時は何の問題もなく使えました。この間に、何が原因で"Remote NDIS based Internet Sharing Device"が無効になったのでしょうか? これが分からないのが、何とも気持ち悪いです。

JUGEMテーマ:インターネット
| Internet | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドコモの家庭用Wi-Fiルーターのレンタルサービスを利用
2013年3月29日(金曜日)。今日、宅配便でドコモからWi-Fiルーターが届きました。
早速、設置しました。
2013-03-29_無線LANルーター_IMG_0569_s.JPG
ドコモからのレンタル品ですが、NECのAterm WR8166Nという製品です。

今まで我が家ではCATVでのインターネット接続で、家庭内のLANは有線Gigabit接続です。それに関する記事は『 家庭内LANをGigabit対応にした | KOKAのつぶやき 』。
なので、Wi-Fi対応のモバイルノートPCやUltrabookも、家で使う時には(そう頻繁にはありませんが)、有線LANでインターネット接続していましたので、自宅でのWi-Fi接続は初めてです。
2階と1階にハブがあるのですが、今回は常用のPCを置いている1階のハブに接続します。

Wi-Fiルーター(Aterm WR8166N)と一緒に送られてきた「NTTドコモ スマートフォン Wi-Fi 通信かんたん設定ガイド」というドキュメントの指示のとおりにWi-Fiルーターを設置しました。
まずdocomoのスマフォ(GALAXY S IIIα SC-03E)から、「ガイド」に忠実に従って各種設定。
(1)メールアプリからspモードサイトへアクセス。
(2)spモードサイトでメール送受信設定。
spモードメールを使っていないのなら、ここは不要だろうと思うのですが、生憎使っているのですよね(^_^;)。spモードパスワードの入力だとか、Wi-Fiオプションパスワードの設定が必要だったりとか、「ご丁寧過ぎないかい」などという感想は持ちましたが、この手の対応は指示通り忠実に行うのが問題を発生させない秘訣と経験が教えているので素直に従います。そのお陰か、すんなり設定完了。
(3)スマートフォンのWi-Fi接続設定
これも、今まで使っている手動でのWi-Fi接続設定でも良さそうには思うのですが、ここはあくまでガイドに忠実に従います。スマフォのアプリ一覧から「docomo Wi-Fi かんたん接続」を起動して、ガイドの手順通り進めたら、なるほど簡単な訳です。カメラ機能が動いてWi-Fiルーターの底面のラベルに印刷されている「無線LAN設定用QRコード」を読み取らせたら、あっけなく接続完了。
接続したスマフォのスクリーンショット。
2013-03-29 14.42.40_スクリーンショット_ts.jpg
Xi(LTE)での接続も結構速いのですが、パケット量を気にしないで接続できるのは気楽です。
(4)最後にスマフォのspモードメールのWi-Fi接続設定。
ここで、spモードサイトで設定した「Wi-Fiオプションパスワード」の入力が必要でした。それでok。

ついでに、買い替え前の古いスマフォ(REGZA Phone T-01C)のWi-Fi接続設定も行なって、これも使えるようにしてみました。こちらは、SSIDに対応したAESを手入力してok。以前はFOMA接続でしたからちょっと遅くて、自分のブログにアップしている琵琶湖でのセーリングの動画などを見るのはちょっと辛かったのですが、さすがにこのWi-Fi接続だと楽々。

Ultrabook(Lenovo ThinkPad X1 Carbon)もWi-Fi接続してみました。
thinkpad_wi-fi_2013-03-29_t.jpg
Wi-Fi接続で「BNRスピードテスト」にアクセスしてダウンロード速度の測定をしてみました。
推定転送速度: 19.80Mbps (2.47MB/sec)
有線LANと比べるとちょっと遅いです。
有線LAN接続して同様に「BNRスピードテスト」でダウンロード速度測定。
推定転送速度: 35.89Mbps (4.49MB/sec)
やっぱり有線のほうが速いですね。有線だと時間帯によっては60Mbpsくらい出ている時もあります。

と言う様なことで、無事に「ドコモ家庭用Wi-Fiルーター」の設置・設定・接続は完了しました。

ちなみに、この「ドコモ 家庭用 Wi-Fi ルーターのレンタル サービス」ですが、こういうサービスが始まる(ある)ということを知ったのは、WEBで見た次の記事からです。japan.internet.com 2013年3月4日の記事『 ドコモ、家庭用 Wi-Fi ルーターのレンタル サービス「Home Wi-Fi」開始、条件付きで無料に - インターネットコム 』。

これによると、『 NTT ドコモは、「Xi(クロッシィ)」または「FOMA」契約者向けの新サービスとして、家庭内で無線 LAN(Wi-Fi)環境を構築できる Wi-Fi ルーター レンタル サービス「Home Wi-Fi」を開始した。月額料金は税込み315円だが、「パケ・ホーダイ フラット」「Xi パケ・ホーダイ フラット」といった指定のパケット定額サービス/データ通信専用プランの契約者は無料となる。』ということなのです。
私の場合、レンタル料は無料になります。そういうことなら、申し込んでみようとなりました(^_^)。
これがそのドコモのページ『 Home Wi-Fi | サービス・機能 | NTTドコモ 』。
申し込んだのは3月20日、暫く経って、今日(3月29日)にこのWi-Fiルーターが届いたというようなことです。

JUGEMテーマ:インターネット
| Internet | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
「GALAXY S α SC-03E」でのテザリング
2013年3月18日(月曜日)。今年1月まで使っていたモバイルノート(Panasonic Let'snote R7)を外出先で使う時には、インターネットに接続するのにイー・モバイルのデータ通信カードD12HWを使っていました。アウトレットで購入したプリペイド方式のデータ通信カード(USBスティックタイプ)で、通信速度は下り最大7.2Mbpsというものです。
このデータ通信カードに関しては、2010年1月5日の記事『 イー・モバイルのデータ通信カード D12HW を購入 | KOKAのつぶやき 』に書いています。

1月下旬からは、この組み合わせが次のように変わっています。今年1月下旬に購入したUltrabook(Lenovo ThinkPad X1 Carbon)と昨年12月下旬に購入したスマフォ(docomo「GALAXY S α SC-03E」)です。

Ultrabook(Lenovo ThinkPad X1 Carbon)については、『 注文してからほぼ1ヶ月経って届いたウルトラブック Lenovo ThinkPad X1 Carbon | KOKAのつぶやき 』を参照。
スマフォ(docomo「GALAXY S α SC-03E」)については、『 スマフォを機種変更して GALAXY S α にした | KOKAのつぶやき 』を参照。

この組み合わせでインターネットの接続には Xi(LTE)でのテザリングを利用しています。これでネットに接続した時の実効スピードは次のとおりです。今日の17時過ぎに自宅(尼崎市)で「BNRスピードテスト」を使ってダウンロード速度を計測しました。

まず、USBテザリングでのダウンロード速度は、5.76Mbps でした。
Wi-Fiテザリングだと、5.04Mbps でした。PCとスマフォの無線通信部分のロスで効率が悪くなるようです。
ちなみに、イー・モバイルのデータ通信カードD12HWだと、574.63Kbps、自宅のCATV(1000BASE-T)だと 37.15Mbps でした。

自宅のCATV有線の環境と比べると圧倒的な差はありますが、それでも外出時にはUSBテザリングが速度的に有利なので、USBケーブルを持参・接続する面倒さはありますが、今はこれを使っています。また、USBテザリングだと、USBケーブルでスマフォが充電されるので、スマフォのバッテリーが減る心配がありません。これもUSBテザリングの利点です。

そのスマフォのテザリングの設定。
≪ USBテザリングの設定 ≫
USBケーブルでPCと接続する前。
Screenshot_USBケーブルで接続する前
USBケーブルでPCと接続すると、グレイ表記部分が白色表示になります。
Screenshot_USBケーブルで接続
そして、チェックボックスにチェックを入れてUSBテザリングを有効にしたところです。

≪ Wi-Fiテザリングの設定 ≫
Screenshot_2013-03-18-17-32-08.png
アクセスポイントの名称(ネットワークSSID)は任意に変更できます。そしてここでパスワードを設定して、PCでのWi-Fi接続時に、そのパスワードを入力して認証します。PC側で最初の認証時にパスワードを入力すれば、次回の接続時にはパスワードの入力は不要です。
USBテザリングの場合はUSBケーブルを接続する手間がありますが、PC側では操作は不要です。しかし、Wi-Fiテザリングでの接続においては、接続時にアクセスポイントを選択するという操作が必要なので、手間というところでは似たり寄ったりとも言えます。

時々の外出時に、短時間の利用と言う使い方ですから、これで十分満足しています。

JUGEMテーマ:インターネット
| Internet | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |