KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
スキー用ゴーグルが届いた

昨日(2018年10月14日)の夜、Internetで購入したスキー用のゴーグルが宅配便で届きました。

2018-10-14_2000_ゴーグル_IMG_2129_s.JPG

前のゴーグルは、ヘルメットがuvexだったのでそれに合わせてuvexのものでした。同じ製品を2個買い、一方を予備にし、常用していた方のミラーが剥げてきたらレンズだけ買って交換し予備に回していました。しかし、結構長く使ったので両方共にフレーム周りのスポンジ部分が傷んできました。

ヘルメットを新しくSWANSに買い替えたのを機に、ゴーグルもSWANSに新調しました。ヘルメットを買いに大阪のタナベスポーツ松屋町本店へ出かけた時に、ゴーグルも実物をあれこれしっかり手にとって見ながらスタッフにも話を聞いてきました。上は2万円以上のものもありますが、1万円台で機能的にも性能的にも十分なようで、晴天用と曇天用の2個を持つよう勧められました。しかし、リアル店舗では買わずに楽天市場のネット店舗で購入しました。楽天市場のポイントを稼いでおけば他でも使えるからです。

 

晴天用・曇天用の2個を購入。1年型落ちの<2018>シーズンのものですので、価格はそれなりに安くなっていました。

晴天用、SWANS<2018>090-MDHS ブラック:オレンジミラー×グレイ(可視光線透過率:24%)。

曇天用、SWANS<2018>090-MDHS ホワイト:ゴールドミラー×ブライトピンク(可視光線透過率:45%)。

ともに次の仕様。

・メガネ対応(常時老眼鏡なので、これは必須)

・ヘルメットフィット(SWANSヘルメットにびっくりするほど収まりが良い)

・ダブルレンズ
・成形球面レンズ
・紫外線カットレンズ
・くもり止めレンズ
 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 12:21 | comments(1) | - |
栂池高原スキー場から、2018-2019シーズン券引換券が届いた

2018年10月13日(土曜日)。5日前の10月8日にInternetで購入の申し込みをした栂池高原スキー場のスーパー早割シーズン券(シニア)ですが、今日、そのシーズン券受領証兼引換券が届きました。

2018-10-13_2038_栂池高原スキー場シーズン券引換券_IMG_2099_ts.JPG

後は、栂池高原スキー場を訪れた最初の日に、ゴンドラリフト乗り場の1階事務所でIDパスと引き換えるだけです。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 21:16 | comments(1) | - |
新しいスキー用ヘルメットを購入

2018年10月12日(金曜日)。スキーシーズンを前にして、今シーズンはあれこれ買い替えたい物が重なっています。ウェア上下は、希望していたブルー系の製品が手に入りました。ウェアは、今回新調したものを含めここ3代のものはすべて実物を見ないでネットで注文しました。私の場合Sサイズでぴったりです。

板に関しても現役の2セットはウェアの場合と同様に、ネットで購入しました。これも問題ありません。

 

しかし、ブーツはやはり履いてみなければ、足に合っているかどうか全くわかりません。サイズ表記は同じでも、品番が違うと、足当たりが違ってきます。メーカーが違うと、サイズさえ変えないと足に合わなかったりもします。

 

同様に、困るのはヘルメットです。今使っているヘルメットは2008シーズンに入る前に手に入れたものです。その時のブログ『やっと合うのが見つかった、スキー用ヘルメット | KOKAのつぶやき』。靴と同様、頭に合うかどうかは被ってみなければ分かりません。

 

今のヘルメットはすでに11シーズンも使っています。ヘルメットを強打するような事故は一度もありませんし、シェルには傷は全くありません。しかし、インナーのパッドがヘタって緩くなってきたので2シーズン前に、ウェットスーツなどに使われる両面ジャージのラバーを内部に貼り付けてサイズ調整をしています。ゴーグルのベルトを止めるストラップの一部が切れているので、これはテープで止めてあります。

ヘルメットも靴と同様に、メーカーや販売店では「5〜6シーズンで買い替えを」などと言われます。もう買い替え時期はとっくに過ぎています。でも頭に合わなければ、買いたくても買えません。2016年12月末、2017年12月末の2度、ショップを回っていろいろ試着してみたのです、頭に合うものが見つかりません。今のヘルメットを買った2007年当時と違って、ヘルメットのメーカーも種類も数も多いのですが、それでも「これは」と思うものに出合えませんでした。

今年は、10月に入って直ぐ新製品の入荷が始まりだしてまだ日の経たない頃にショップを回ってみることにしました。そして、今日の昼間、タナベスポーツ松屋町本店(大阪市中央区松屋町)まで出かけてみました。スタッフ以外の人影が殆どありません。各フロアのスタッフの数は多くて、どこで声をかけても私の専任で相手してもらえる状態です。ヘルメットのフロアは3階。ネットであれこれ見比べていますが、実物を見るとまた感じが違います。

最初は、馴染みのあるUVEXのMサイズ、Lサイズを試しました。しかしどうもしっくりきません。あれこれメーカーも型番も変えて試しましたが、最後にスタッフの助言もあって試したのがSWANSです。HSF-200というモデルです。L〔58-62cm〕とM〔56-58cm〕を比べてみました。Lサイズは前後左右ともに収まりは良いのですが僅かに緩めの感じ。Mサイズは、前後左右ともにピタリと隙間なく収まった感じです。着用して頭に馴染めば少し緩くなるのでMサイズを選んだ方が良いだろうというスタッフの助言もあって、HSF-200のMサイズ、色は今までどおりのMATT BLACKを選びました。

 

横。

2018-10-12_1423_ヘルメット横_IMG_2041_s.JPG

前。

2018-10-12_1425_ヘルメット前 _IMG_2046_s.JPG

後。

2018-10-12_1425_ヘルメット後_IMG_2045_s.JPG

上。

2018-10-12_1425_ヘルメット上_IMG_2044_s.JPG

内側。

2018-10-12_1425_ヘルメット内側_IMG_2047_s.JPG

ちょっと驚いたのが、あご紐のバックル。

2018-10-12_1425_ヘルメットあご紐止め_IMG_2048_s_e.JPG

外すのは、バックル部分を赤矢印の方向につまんで押さえれば、パラリと外れます。

留めるのはどうするのか、説明を受けるまでは良く分かりませんでした。これは、「フィドロックスナップヘルメットバックル」と称するもので、接続部分を上下に重ねるように近づけると、強力な磁石でくっつきながら、勝手にバックルに収まってしまいます。

これは、ヘルメットを被ってから顎の下の目に見えない場所で手袋をしてバックルの雄・雌を合体させる作業と比べると実に簡単です。

 

とにかく再び、頭に合うヘルメットに出合えました。

SWANSは日本ブランドですから、日本人の頭の形に良く合うのだろうと思われます。

ネットで検索してみたら、こんなことが書かれていました。

ヘルメット_ジャパンフィットテクノロジー_ts.jpg

なるほど。これは宣伝通りかもしれない。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 21:36 | comments(0) | - |
栂池高原スキー場の2018-2019スーパー早割シーズン券の購入

2018年10月8日(月曜日、体育の日)。10月はじめに、栂池高原スキー場から早割シーズン券の案内パンフレットが届いていました。

今日、そのシーズン券購入の手続きに必要な顔写真を撮ってもらったので、インターネットでシーズン券購入の手続きを行いました。

何故か、案内のパンフにはシーズン券購入用のURLの記載は無く、QRコードが印刷されているだけでした。栂池高原スキー場の公式ホームページにアクセスしてみると、秋の紅葉シーズンのトップページです。Winter season用のページは旧いままで、そこにはシーズン券購入用の入口はありません。Winter season用のトップページが新しく2018-2019シーズンになってから購入手続きをすればよいか、と諦めました。

しかし、念のためにと、Google で「栂池高原スキー場 早割シーズン券」で検索してみたところ、2018-2019シーズン券購入手続き用のページが見つかりました。

 

早速、そのフォームに必要な情報を入力し(クレジットカード支払い)、顔写真のjpegファイルをアップロードで手続きが完了しました。スーパー早割・シニアのシーズン券は20000円割引の30000円でした。

2018-10-08_tugaike.jpg

クレジットカードの決済サービスを提供しているAEONREGI からと、栂池高原スキー場(白馬観光開発株式会社 栂池営業所)からの2通の自動配信メールが届き、ネット上での手続きは終わったことが確認されました。

後は、領収証券シーズン券引換用の「はがき」の到着を待つだけです。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 18:11 | comments(0) | - |
"2018-2019"シーズンの栂池高原スキー場の宿の予約

昨日(2018年10月3日)、私の栂池での定宿になっている「エスポワールみさわ」に電話を入れて、2019年1月と2月の宿泊の予約を入れました。

1回目:1月24日〜2月1日。

2回目:2月18日〜27日。

長年栂池高原スキー場に通っていますが、4ヶ月も先の宿泊の予約をしたのは初めてです。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 15:05 | comments(0) | - |