KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
Facebookで、白馬栂池高原の宿『エスポワールみさわ』のトップファンバッジ取得

2020年2月28日(金曜日)。22時30分頃、Facebookの「お知らせ」がポップアップして、「白馬栂池高原の宿『エスポワールみさわ』のトップファンに認定されました」とのこと。状況は良く分かりませんが、ありがたくトップファンのバッジを頂きました。

 

2020-02-28_エスポワールみさわ_トップファンバッジ取得_ts.jpg

 

(2月29日追記:トップファンの意味が分かりました。何のことはない、Facebookの大きなお世話的な機能の一つで、Fcebookが「いいね」クリックの回数などをもとに勝手に決めているもので、エスポワールみさわさんには断りもなくFacebookが勝手に設けたバッジということのようですね。大きなお世話と大きな誤解がこのブログを生んだということです。ということで、以下は自前評価。)

 

2011年1月からエスポワールみさわさんに泊まり始めて、今シーズンの2月4日までで、通算の宿泊数が、165日になります。

これがその詳細。

2011年1月11日〜21日  10泊
2011年3月1日〜11日  10泊
-------------------------------- 20泊

2012年1月16日〜26日  10泊
-------------------------------- 10泊

2013年1月8日〜18日  10泊
2013年2月13日〜21日  8泊
-------------------------------- 18泊

2014日1月8日〜18日  10泊
2014年2月12日〜21日  9泊
-------------------------------- 19泊

2015年1月22日〜1月31日  9泊
-------------------------------- 9泊

2016年1月21日〜31日  10泊
2016年3月1日〜9日  8泊
-------------------------------- 18泊

2017年1月9日〜19日  10泊
2017年2月20日〜3月2日  10泊
-------------------------------- 20泊

2018年1月9日〜1月19日  10泊
2018年2月13日〜2月23日  10泊
-------------------------------- 20泊

2019年1月24日〜2月2日  9泊
2019年2月18日〜2月28日  10泊
-------------------------------- 19泊

2020年1月23日〜2月4日  12泊

-----------------------------
ここまでの累計が165泊

 

栂池高原スキー場一筋、この間の宿泊は「エスポワールみさわ」一筋、但し、「お一人様」での宿泊という我儘を通していますので、エスポワールみさわさんにとっては面倒であまり儲けにならない客でしょうが。

 

本当なら今シーズンはもう一度、2月24日から3月4日の10泊を予定していたのに、新型コロナウイルスの感染を恐れて遠出を自粛しく申し訳ないことにキャンセルしてしまいました。2月17日に中止した時の流行の恐れがますます拡大して大事になりつつあります。

何とか無事に乗り切りたいですね。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 23:09 | comments(0) | - |
2月24日からの栂池高原スキー場行を中止

2020年2月17日(月曜日)。昼前に、栂池高原スキー場の私の定宿「エスポワールみさわ」に電話をして、2月24日から10泊の予約を取り消しました。

日程だけを見れば、何の問題もなかったのですが、予約取り消し(できれば延期して行きたいところです)の理由は唯一つ「新型コロナウイルスによる肺炎の拡大」の恐れです。

 

昨日の官邸で開かれた専門家会議の報告を聞いていると「国内の現状について流行手前の『国内発生の早期』の段階との認識で一致した」ということです。その報告の印象は、良く言えば「言葉遣いが慎重」ですが、悪く言えば「不明瞭」、その心は「真実を知らせたくない、隠したい」とでも受け取れるような発言に終始しました。

『国内発生』とは「国内での感染経路が明らかにならない国内での感染・発症」、『早期』とは「始まり」、つまり何処でも誰でも感染・発症する可能性がある段階に入ったのだということを判り難く言っているのですね。

 

私は、スギ花粉症に加えて極軽い喘息があって、この時期になるとサラリーマン時代から長年お世話になっている医院へ出かけて薬を処方してもらうのですが、「薬の処方のためだけなら来院しないほうが良い。今の医院や病院の待合室では何に感染するかわかりませんから。」という開業医の発言を聞いて、医院へ出掛けるのを止めました。

スギ花粉症の薬(アレジオン20)は、昨年の残りがあるし、不足すれば今では薬局で購入できるし、喘息の予防対策用の吸入薬は残量が20数日分残っています。

「新型コロナウイルスによる肺炎の拡大」の峠は、2月下旬ごろには見えるのではないかという専門家の話もあったので、10日から2週間ほどは不要不急の遠出は控え、人混みは避け、自宅でブラブラ過ごしたいと思っています(これって何時もどおりの生活か?)。

 

「エスポワールみさわ」さん、本当にご迷惑をかけてごめんなさい。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 17:49 | comments(2) | - |
2020年2月4日、栂池13日目(栂池→自宅)

2020年2月4日(火曜日)。昨夜はウェアを片付けてバッグに詰めたりしていたいたこともあって、就寝は23時を少し過ぎていました。今朝は、スマフォにセットした6時のアラームの鳴る直前に目覚めました。

荷物のパッキングはほぼ終わっているので、今朝は滑りに出る朝より気分はのんびりしています。

 

昨夜は強風と僅かにぱらつくような降雪がありました。

6時47分、部屋の窓の外の様子。

2020-02-04_0647_部屋の窓の外の様子_IMG_2331_s.JPG

昨日の夕方は黒く地面が見えていた所にうっすらと雪が付いて白くなっています。でも、これでは積もったとは言い難いですね。

 

バックパックに詰めて今日持ち帰る手荷物の整理をしている内に、朝食の時間になりました。

7時9分、朝食。

2020-02-04_0709_朝食_IMG_2332_s.JPG

今朝の朝食も、昨日と同様、エスポワールみさわに同宿して知り合った川崎住まいで会津出身のHさんとご一緒しました。Hさんは金曜日まで滞在とのことです。

今日は、移動日でほとんどが電車の中で体を動かさないので、食事は控えめにしました。

 

食事が済んだら、チェックアウト前に会計を済ませました。クロネコヤマトの宅急便でスキー板2セット、スキーバッグの輸送の依頼もしました。

今日のチェエクアウトは私一人のようです。

 

白馬駅発10時24分の松本行に乗るので、昨晩の内にタクシーの予約をお願いしていたのですが、なんと跡継ぎ修行中の3代目がバンで白馬駅まで送ってくれました。滞在中は、若い3代目とアルバイトの若いスタッフたちが本当に良くしてくれて、年寄の一人泊まりが楽しく快適に過ごせました。もちろん、年代の近い2代目主人夫婦も、お酒は飲めないけれどコーヒー好きの私の話し相手になってくれて、ついつい私の駄弁りが長くなり、仕事の時間を潰してしまったのではないかとちょっと反省しています。

 

今日の白馬駅は、私の経験の範囲内での感想ですが、ここ数年とは少し様子が違いました。外国の方々の比率が圧倒的に多いのはいつもの通りなのですが、その数が3分の1くらい減っているようです。雪が少なくてスキー・スノボ目当ての訪日が減少したこと、新型コロナウィルスの感染が広がったことにより訪日が減少したこと、もちろん日本人の動きも同様に減少していること等に因るのでしょう。

 

信濃大町駅で乗り換え。松本に到着に2時間。松本で約30分の待ち時間でしなの12号で名古屋へ。新幹線で新大阪に着いたのが16時過ぎ。大阪からは阪急で塚口へ。

帰宅したのは、16時半ごろでした。

 

帰りの経路で気がついたことです。白馬駅からJRで帰ってくる途中の大糸線、中央線、新幹線の車内では、多くの人がマスクをしていましたが、マスク着用の比率が一番高かったのは大糸線でした。圧倒的に外国人乗客が多いのですが、その外国人が西欧系、アジア系を問わず、ほとんどの人がマスクを着用していました。途中駅から乗り込んできた沿線の学生さんなどもマスクを着用。もちろん、私も白馬駅に着いてすぐにマスクを着けました。

マスク着用者の少なかったのは、意外にも阪急電車でした。

 

これを書きながらネットでニュースを閲覧していたら「長野県の1月の平均気温は平年より3度も高く、29の観測地点のうち26地点で観測史上最高」という内容の記事を見つけました。

 

今回の栂池スキー行では、「何十年ぶりの雪の少なさと気温の高さ」、「新型コロナウィルスの広がりの影響の大きさ」を実感しました。

そういう事があるにしても、私自身の12日間連続のスキーは、とても楽しいものでした。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 21:17 | comments(0) | - |
2020年2月3日、栂池12日目

2020年2月3日(月曜日)。昨晩は文庫本を読んでいて23時過ぎに就寝。今朝は、6時にセットしたアラームは不要で、5時45分頃に目覚めました。

昨晩寝る前に夜空を見たら雲のない星空でしたが、今朝も晴れています。

 

今朝の栂池高原スキー場のゲレンデの状況。

天候・積雪_ts.jpg

 

朝食は7時から、1階のダイニングルームでバイキング方式です。

以前何度か同宿したことのある同年代のHさんと同じテーブルで朝食を頂きました。

 

今日は、最後の滑りです。

8時55分、部屋を出ました。

天気は良いし、平日ですからゲレンデの人出は少ないはずです。スキーの脱着や階段の登りのあるゴンドラはパス。リフトを乗り継いで栂の森を目指します。

 

9時4分、からまつ高速ペアリフトから見たエスポワールみさわ。

2020-02-03_0904_エスポワールみさわ_IMG_2294_rts.JPG

宿の目の前の親の原ゲレンデの雪は少ないですが、それでも未だ出入り口から直ぐにスキーを履き、滑って帰ってくることも出来ます。

 

先ずからまつリ高速ペアリフトに乗ります。全く待たずに乗れます。

 

9時4分、からまつ高速ペアリフトから見たからまつゲレンデ。

2020-02-03_0904_カラマツゲレンデ_IMG_2295_s.JPG

 

ハンの木第1クワッドリフトに乗り継ぎます。

 

9時12分、ハンの木第1クワッドリフトから見たハンの木ゲレンデ最下部とその向こうの丸山ゲレンデ。

2020-02-03_0912_ハンの木ゲレンデ最下部_IMG_2297_rts.JPG

9時13分、ハンの木第1クワッドリフト。

2020-02-03_0913_ハンの木第1クワッドリフト_IMG_2298_s.JPG

9時13分、ハンの木第1クワッドリフトから見た杓子岳と白馬鑓ヶ岳。

2020-02-03_0913_ハンの木第1クワッドリフトから見た杓子岳・白馬鑓ヶ岳_IMG_2299_ts.JPG

 

ハンの木第3クワッドリフトに乗り継ぎます。

 

9時22分、ハンの木第3クワッドリフトから見たハンの木ゲレンデ中間部の急斜面。

2020-02-03_0922_ハンの木第3クワッドリフトから見た中間部_IMG_2302_s.JPG

人影が少ないです。

 

ハンの木高速ペアリフトに乗り継ぎ、ハンの木ゲレンデ最上部、栂の森へ向かいます。

 

9時35分、ハンの木ゲレンデ最上部から、今日1本目の滑り出しです。

ピステンブーリーで圧雪された櫛目が残っている気持ちの良いバーンを一気に滑り降ります。これを繰り返すつもりです。

 

10時12分、ハンの木高速ペアリフトの足元に映った影。

2020-02-03_1012_ハンの木高速ペアリフトから見た足元の影_IMG_2305_s.JPG

天気は良いのですが、徐々に西〜南西の風が強くなってきたようで、ハンの木と岳樺の森がゴーゴーザーザーと音を立てています。

時々その強い風に乗って、岳樺の薄黄色の剥がれた木の皮が飛ばされ舞っています。

 

10時13分、ハンの木高速ペアリフトから見たハンの木ゲレンデ最上部。

2020-02-03_1013_ハンの木高速ペアリフトから見たハンの木ゲレンデ最上部_IMG_2306_s.JPG

 

10時20分、ジャッキーズキッチンでトイレ。

10時24分、つが第2ペアリフトから見上げた栂の森ゲレンデ。

2020-02-03_1024_栂の森ゲレンデ_IMG_2307_s.JPG

写真では見えませんが、風は非常に強いです。

 

10時24分、栂の森ゲレンデ最上部にある岳樺の大木。

2020-02-03_1024_栂の森ゲレンデ最上部の岳樺_IMG_2308_ts.JPG

栂の森ゲレンデ最上部は、西からの強風に吹き上げられる地吹雪で、前に滑るのが辛いほどです。白馬三山もピーク周辺に掛かる雲も西からの強風に東へ吹き流されています。地吹雪が強く、カメラを散りだせませんでした。

 

11時前、ハンの木第3クワッドリフトで上る途中、強風のためスローダウンすることがありました。

 

11時12分、左前方向(西)から雲が流されてきて、小粒の雪が落ちて来始めました。

2020-02-03_1112_ハンの木高速ペアリフト_IMG_2310_s.JPG

上部の天気が下り坂なので、下部に降りてみることにしました。

ハンの木ゲレンデを下って、白樺クワッドリフトに乗りました。

 

11時32分、白樺ゲレンデ中間部から見下ろしたところ。

2020-02-03_1132_白樺ゲレンデ下部_IMG_2313_s.JPG

朝から日差しが続いて、気温も高めなので、雪質はしっとりとして来ました。

 

白樺ゲレンデを滑った後は、ハンの木第1クワッドリフトで上がります。

11時54分、ハンの木第1クワッドリフトを降りたところで、靴を締め直すため小休止。

降り場から上を見たところ。

2020-02-03_1154_ハンの木第1クワッドリフト降り場から_IMG_2316_s.JPG

降り場から横。

2020-02-03_1154_ハンの木第1クワッドリフト降り場から_IMG_2317_s.JPG

ハンの木ゲレンデ下部を滑り、丸山ゲレンデへ。

丸山ゲレンデを繰り返し滑ります。

12時10分、丸山ゲレンデを上から見下ろす。

2020-02-03_1210_丸山ゲレンデ_IMG_2320_s.JPG

12時20分、丸山第1クワッドリフトから見た丸山ゲレンデ。

2020-02-03_1220_丸山第1クワッドリフトから見た丸山ゲレンデ_IMG_2323_s.JPG

 

12時24分、北側に見上げるゴンドラリフトが、止まっていました。強風の影響でしょう。

2020-02-03_1224_丸山第1クワッドリフト降り場から見たゴンドラリフトが停止中_IMG_2324_s.JPG

 

12時40分頃、丸山ゲレンデのトップ周辺でも風が強く、小雪が舞ってきたので、下ることにしました。

 

13時、宿に帰りました。

昼食を注文して、部屋に帰り着替えてラウンジに向かいました。

 

13時12分、ピザ(マルゲリータ)。たっぷりで美味しかった。

2020-02-03_1311_エスポワールみさわで昼食のピザ・マルガリータ_IMG_2325_s.JPG

コーヒーも頂きました。

 

14時10分、部屋の窓の外の様子。暖かい強い西風が吹いています。雪が減りました。

2020-02-03_1410_部屋の窓の外の様子_IMG_2326_s.JPG

 

15時頃、ネットにアクセスして栂池高原スキー場のホーページで確認したところ、次のリフトの運行状況(14時43分)が見えました。

リフト_s.jpg

やはり、強風で上部のゲレンデにあるリフトは運行を停止していたようです。

15時半ごろ部屋の窓から見える部分では、ゴンドラリフト(高原駅〜白樺駅)、チャンピオンクワッドリフトは動いていました。

夕方には、下部でも風が強まってきました。部屋の窓の外の木が揺れ、風に枝がゴーゴーと鳴っています。

 

16時10分から風呂。

 

17時から、スキー板2本をスキーバッグに詰めました。

部屋では、ウェア類をスキーバッグに詰め込み始めました。

 

夕食は、1階のダイニングルームで18時30分から。

18時35分、夕食。

2020-02-03_1835_夕食_IMG_2327_s.JPG

今日の鍋は、豚肉と馬肉のしゃぶしゃぶです。

その肉。

2020-02-03_1835_夕食・しゃぶしゃぶ肉_IMG_2328_s.JPG

焼き魚は岩魚の塩焼き。

2020-02-03_1836_夕食・岩魚塩焼き_IMG_2329_s.JPG

デザート。

2020-02-03_1835_夕食・デザート_IMG_2330_s.JPG

この他に〆のミニ笊蕎麦がありました。

鍋の野菜を半分ほど、野菜サラダのほとんどを、残念ながら残してしまいました。

 

夕食の後、ラウンジでコーヒーを頂きながら、以前に何回か同宿して知り合った同年代の男性Hさん(川崎市在住、福島県会津出身)とお話しました。

 

今日で12日間の栂池スキーは終了です。滑るのが短時間だった日もありましたが、休み無く12日連続で滑ったのは、私の55年のスキーシーズンで初めてのことです。楽しい期間でした。

 

明日は、10時24分白馬駅発の電車で松本へ向かいますので、9時30分にタクシーをお願いしました。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 21:18 | comments(2) | - |
2020年2月2日、栂池11日目

2020年2月2日(日曜日)。今回の栂池スキーの最初の計画では、今日は朝一でエスポワールみさわを後にし帰宅する予定でしたが、2泊延長しましたので、良い天気になった今日も楽しく滑れそうです。

 

朝食は7時から、バイキング方式です。

今朝は宿泊の人が多い日ですから、朝食を摂るダイニングルームが賑やかです。何時もなら一人でひっそりした食事ですが、今朝は昨日声を掛け合あった和歌山から来られたというほぼ私と同年代のご主人を筆頭のファミリーとご一緒しました。

 

余りに天気が良く、気温高めで日差しが強いと、下部のゲレンデでは10時半ごろまでにはバーンの表面が溶けて雪が湿ってくるので滑りの条件の良い早い時間帯に滑りに出ることにしました。

 

8時17分、ゲレンデに出ました。それなりに冷え込んでいますが、顔が切れるような寒さではありません。

参考:今日のゲレンデの天候と積雪。

天候・積雪_s.jpg

 

ゴンドラ乗り場は長い列が出来ているので、列も無いからまつ高速ペアリフトに乗りました。まず白樺ゲレンデを滑るつもりです。今日はピステンバーンの上に雪は載っていないので、昨日とは違い滑りがかなり速いはずです。

 

8時22分、からまつ高速ペアリフトから見たエスポワールみさわ。

2020-02-02_0822_エスポワールみさわ_IMG_2231_s.JPG

雪の多い平年なら、半地下のスキーロッカールームから出入り口(自動ドア)の上半分は見えないのですが。自動ドアから親の原のゲレンデに登ってスキーを履くというのが普通なのですが、今年は大寒を過ぎて2月になったというのに、ゲレンデに下ってゆくという感じです。ただ、積雪があまりに多いと宿のスタッフの方々には、駐車場の除雪やゲレンデへの出入り口前の除雪の作業などが大きな負担になります。それでも今の時期、本来ならトップシーズンで親の原ゲレンデ積雪1.5mくらいあってもおかしくないのですが。

 

8時23分、からまつゲレンデと真ん中に見えるチャンピオンゲレンデ。

2020-02-02_0823_からまつゲレンデ_IMG_2233_s.JPG

 

8時34分、白樺クワッドリフト。青空がすごい。

2020-02-02_0834_白樺クワッドリフト_IMG_2234_s.JPG

8時34分、白樺クワッドリフトから見た白樺ゲレンデ最上部。

2020-02-02_0834_白樺クワッドリフトから見た白樺ゲレンデ上部_IMG_2235_s.JPG

今日最初の1本は、白樺ゲレンデです。

スタート地点からまだ所々にはピステンブーリーで圧雪した櫛目が残っています。

朝の低温で、昨日溶けた部分は凍っていますので、所々氷のブロックが残りエッジがバリバリ鳴る部分はありますが、スピードの出る良い雪質で高速の大回りターンで人影の少ない広いバーンを快調に飛ばせました。

 

今日は、上はもっと良い条件だろうと思えるので、白樺ゲレンデは1本にして、ハンの木第1クワッドリフトに乗り継いて栂の森へ向かいます。土曜日・日曜日はハンの木第1クワッドリフトが運行されているのでゲレンデ間の移動が少し楽になります。

 

ハンの木第1クワッドリフトを降りたところで、下部を見ると、ピステンバーンが広がって緩斜面ながら今すぐ滑ってくださいと言わんばかり。人影もないので1本滑ろうかその気になってしまいました。緩斜面ながら大きなターンは結構なスピードが出ました。

8時54分、ハンの木第1クワッドリフト下からハンの木ゲレンデ下部を見たところ。

2020-02-02_0854_ハンの木ゲレンデ下部_IMG_2236_s.JPG

9時6分、ハンの木第3クワッドリフトから見た中間部急斜面。

2020-02-02_0906_ハンの木第3クワッドリフトから見た中間部_IMG_2238_s.JPG

28日、29日、30日と徐々に積もった雪のおかげで、中間部急斜面下部の黒く地面の見えた溝はすっかり雪の下に隠れました。

 

9時12分、ハンの木高速ペアリフトから見た青空。

2020-02-02_0912_ハンの木高速ペアリフト_IMG_2240_s.JPG

 

9時20分、ハンの木ゲレンデを最上部から滑り出しました。ハンの木第1クワッドリフト乗り場までの下ります。

ハンの木第1クワッドリフトとハンの木第3クワッドリフトを繋いで回します。

 

9時45分、ハンの木第3クワッドリフトから見た中間部急斜面。人影が増えてきました。

2020-02-02_0945_ハンの木第3クワッドリフトから見た中間部_IMG_2246_s.JPG

 

10時15分、レストエデンでトイレを借りました。

丸山クワッドリフトに乗って、ハンの木第3クワッドリフトへ向かいます。

10時19分、丸山第1クワッドリフトから見た丸山ゲレンデ。

2020-02-02_1019_丸山ゲレンデ_IMG_2247_s.JPG

10時20分、丸山第1クワッドリフトから見た杓子岳と白馬鑓ヶ岳の一部。

2020-02-02_1020_丸山ゲレンデから見た杓子岳と白馬鑓ヶ岳_IMG_2249_s.JPG

 

10時49分、ハンの木第1クワッドリフト。ハンの木ゲレンデを回しています。

2020-02-02_1049_ハンの木第1クワッドリフト_IMG_2250_s.JPG

 

11時37分、ハンの木高速ペアリフト横のハンの木の大木の股に積もった雪。

2020-02-02_1137_ハンの木高速ペアリフト横のハンの木大木の股に積もった雪_IMG_2252_s.JPG

 

日曜日の昼は、ゲレンデもゲレンデ内のレストランも格別に混み合うので、宿に下ってゆっくり昼食休憩を取ることにしました。

11時50分、宿に帰りました。

 

12時3分、エスポワールみさわの喫茶ラウンジのカウンターに飾られた花。

2020-02-02_1203_エスポワールみさわのラウンジに飾られた切り花_IMG_2254_s.JPG

12時4分、駐車場の様子。

2020-02-02_1204_エスポワールみさわのラウンジの駐車場の様子_IMG_2255_s.JPG

12時12分、チーズの色々載ったピザ。生地がカリッと焼けていてそれでいてモッチリ感もあり美味しい。

2020-02-02_1212_エスポワールみさわのラウンジで昼食、ピザ_IMG_2256_s.JPG

 

13時25分、再びゲレンデへ。

からまつ高速ペアリフトとハンの木第1クワッドリフトを乗り継いでハンの木ゲレンデに上がります。

13時38分、ハンの木第1クワッドリフトから見た五龍岳。手前に重なって見える尾根は八方尾根。

2020-02-02_1338_ハンの木第1クワッドリフトから見た五龍岳_IMG_2258_s.JPG

 

13時47分、ハンの木第3クワッドリフトから見た中間部の急斜面。

2020-02-02_1347_ハンの木第3クワッドリフトから見た中間部_IMG_2265_s.JPG

 

14時7分、栂の森ゲレンデのつが第2ペアリフト。

2020-02-02_1407_つが第2ペアリフト_IMG_2267_s.JPG

14時7分、栂の森ゲレンデ。

2020-02-02_1407_栂の森ゲレンデ_IMG_2266_s.JPG

 

栂の森ゲレンデの人が少なくなり、午前中はリフト乗り場が団子状態に混み合っていたのが嘘のような空き方です。

繰り返し栂の森ゲレンデを回します。

 

14時43分、つが第2ペアリフトで自撮り。

2020-02-02_1443_つが第2ペアリフトで自撮り_IMG_2271_s.JPG

ゴーグルのレンズにコンデジを持って伸ばした手が写っています。

14時43分、リフト横の岳樺。

2020-02-02_1443_つが第2ペアリフト横の岳樺_IMG_2269_s.JPG

14時47分、栂の森ゲレンデ最上部から見た白馬乗鞍岳と天狗原。

2020-02-02_1447_栂の森ゲレンデ最上部から見た白馬乗鞍岳と天狗原_IMG_2274_s.JPG

白馬三山は雲の中で見えません。

 

15時に、ハンの木ゲレンデ最上部から下り始め、そのまま宿に帰ることにしました。

15時5分、中間部の急斜面の下って、沢コース・尾根コースへの分岐の少し下。

2020-02-02_1505_ハンの木ゲレンデ昼間部下から_IMG_2276_s.JPG

視界良く、滑りは最高。

緩斜面は少しグズっていましたが滑りはそれなりに良いので、丸山ゲレンデを1本滑ってから帰ることにしました。

15時20分、宿に帰りました。

 

そのままラウンジでコーヒーを頂きました。

 

15時50分から風呂。

 

16時29分、風呂上がりに窓の外を見たら、木の肌が金色に輝いているように見えました。

2020-02-02_1626_部屋の窓の外の様子_IMG_2280_s.JPG

光の方を見ると、山の端に日が沈むところでした。

2020-02-02_1629_部屋の窓の外の日没_IMG_2285_s.JPG

 

風呂上がりにゴロンと横になったら、そのまま寝込んでしまいました。

気がつくと、18時33分、夕食の時間18時30分を過ぎています。

慌てて着替えて、ダイニングルームへ急ぎました。丁度、オープンしたところでした。

 

18時39分、夕食。

2020-02-02_1839_夕食_IMG_2286_s.JPG

ステーキ。

2020-02-02_1839_夕食・ステーキ_IMG_2288_s.JPG

トリュフの載ったフォアグラ。

2020-02-02_1839_夕食・ステーキ_IMG_2288_ts.JPG

鶏鍋もあって、〆のそばもあるし、これは大ご馳走だと思っていたところに。

突然、大きな焼鍋に載った黒鯛の塩釜焼きが登場しました。30cm近くありそうな大きな黒鯛がまるごと塩で固められて焼き上げられたものです。塩が素手では触れない熱さです。

大きなハンマーを手渡され、「叩いて割ってください」とのこと。思い切り叩いたつもりですが、割れません。覚悟を決めて叩いて背骨沿いに割れ目が入り、厚い塩の塊を取り除きながら、熱々の鯛の身を取り出しました。

熱いところを一口食べて、「これは美味い!」感動モノです。魚好きには堪りません。

突然の大ご馳走の登場に、驚いて舞い上がり、折角の塩釜の姿を写真に取るのを忘れてしまうというチョンボ。

せめて割った後の塩釜の大塊だけでも撮っておきました。

2020-02-02_1849_夕食・黒鯛の塩釜焼き_IMG_2293_s.JPG

その身を取り分けた後。いろいろな香草が背や腹の中に敷き詰められています。

2020-02-02_1849_夕食・黒鯛の塩釜焼き_IMG_2289_s.JPG

とり分けた身。

2020-02-02_1849_夕食・黒鯛の塩釜焼き_IMG_2291_s.JPG

 

〆のミニ笊蕎麦はしっかり頂きました。

そしてデザート。

2020-02-02_1849_夕食・デザート_IMG_2292_s.JPG

あまりに皿数が多く、今日は黒鯛の一部、鶏鍋やサラダなどかなり食べ残してしまいました。

 

今日は、滑りは勿論満足でしたが、驚きの夕食には感動しました。ご主人の配慮に感謝です。

 

小谷村の明日の天気予報と週間予報。

小谷村天気予報_s.jpg

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 22:05 | comments(2) | - |