KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Boat N290918"

2018年10月11日(木曜日)。Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ"Boat N290918"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Archive3D_Boat_N290918_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"0acaf9e47a49537b02941dc6eaf5f3b7.zip"、そのファイルサイズは3.06MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはgsmと3dsとobjとmaxの4種類。この内、私のアプリ環境で使えるのは3dsとobjです。

 

まず3dsフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Boat_N290918_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。

 

試しにobjフォーマットデータも読み込んでみました。

そのプレビュー画面。

preview_Boat_N290918_obj_1st_s.jpg

こちらも読み込み時のエラーなどはありません。

このまま手間なしで作業が続けられるので、objフォーマットデータを採ることにしました。

 

materialを確認すると、船体部分と手摺などのフレーム部分との2つのマッピング画像で細部が表現されていて、モデリングは単純です。しかも水線以下の部分はモデリングされていません。

まあこれでも、ハーバーに係留されているその他大勢の船として埋め草のデータには使えます。

 

しかし、ちょっと加工して少しだけ見栄えを良くすることにしました。

まず、ガラスの部分が半透明になるように加工します。

船体部分には次の画像がマッピングされています。

Body.jpg

この画像ファイルを"GIMP"で加工して、ガラス窓部分とハッチ部分だけを半透明にするTransparencyマップ用の画像を作成しました。

Window_Mask_e2.jpg

これを使って窓を透明にしました。

transparency_mapping_Boat_N290918_s.jpg

 

最近作成している船用のパーツのオブジェクトからクリートを選択して、この船にも追加することにしました。

その部品のクリート。

Cleat_Boat_N290918_e3_s.jpg

バウに1個、スターン両舷に各1個の計3個を"PoseRay"のmerge機能を使って追加しました。

 

これらの修正・追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Boat_N290918_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Boat N290918
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

スケール合わせ後の画像。

Boat_N290918_e3_POV_scene_scaled_w560h168q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Boat N290918"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 19:30 | comments(0) | - |
"Metasequoia"がマイナーバージョンアップしてVer4.6.8になった

2018年10月10日(水曜日)。今日、"Metasequoia"がマイナーバージョンアップしてVer4.6.8になりました。

Metaseq_ver4.6.8_s.jpg

 

アップデートの概要は次のとおりです(Helpのバージョンアップ履歴をコピー)。

Ver4.6.8

  • 本体
    • macOS Mojave(10.14)に対応しました。
  • コマンド
    • [ナイフ - 連続切断]で終端の三角を分割するかどうか指定できるようになりました。
    • [RenderMan]でRenderMan 22に対応しました。
  • 不具合修正
    • [格子変形]の初期配置時にハンドルを回転できないことがある。
    • glTF出力でラインのみのオブジェクトがあると仕様に整合しないファイルが出力される。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 20:15 | comments(0) | - |
Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Car 2012 Volvo XC70 (Traffic) N300718"

2018年10月7日(日曜日)。Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Car 2012 Volvo XC70 (Traffic) N300718"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Archive3D_Car_2012_Volvo_XC70_(Traffic)_N300718_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"2ccd8941f3c0892977446399a8750e63.zip"、そのファイルサイズは6.27MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、3dsとgsmとobjの3種類でした。

 

最初に、3dsフォーマットのデータを選択して"PoseRay"で読み込みました。

そのプレビュー画面。

preview_Car_2012_Volvo_XC70_Traffic_N300718_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。しかし、左前輪のモデリングデータが欠落しているようです。その他の三輪については個々にモデリングされていてmaterialの指定も問題ありません。左後輪のデータをコピーして前輪の位置に置けば完成すると思われます。

 

3dsフォーマットデータには、このように左前輪の不備があるので、objフォーマットデータをチェックしてみました。

objフォーマットデータを読み込んだところ、読み込みはエラーも無く完了したにもかかわらずプレビュー画面に何も表示されません。

materialを確認してみたところ、32のmaterial全てでPigmentのTranslucencyが100に設定されていて透明で見えない状態になっていました。しかも多くのマッピング用の画像ファイルがあるにもかかわらず、全てのmaterialで全くマッピングの指定がなされていませんでした。ただ、3dsフォーマットデータと違い、左前輪のデータは存在していてポリゴンデータには問題はありません。

 

修正する手間を考えると、3dsフォーマットのほうが遥かに工数が少なく簡単なので、当初の選択どおり3dsフォーマットデータで作業を続けることにしました。

 

左後輪をコピーして、左前輪部に追加して、その他はほとんど手直しはありませんでした。

この追加修正を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Car_2012_Volvo_XC70_Traffic_N300718_3ds_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Car 2012 Volvo XC70 (Traffic) N300718
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Car_2012_Volvo_XC70_Traffic_N300718_e3_POV_scene_w560h233q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Car 2012 Volvo XC70 (Traffic) N300718"を"POV-Rayの部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:57 | comments(0) | - |
TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Alfa Romeo Giulia 2016"

2018年10月6日(土曜日)。TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Alfa Romeo Giulia 2016"を"PoseRay"で加工・データ変換して、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

TurboSquid_Alfa_Romeo_Giulia_2016_ts.jpg

TurboSquid.comでは複数の3Dフォーマットが提供されている場合は、その内から希望のものを選択してダウンロードできます。

今回は、3dsフォーマットを選択してダウンロードしました。

 

その3dsフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Alfa_Romeo_Giulia_2016_3ds_1st_s.jpg

一見したところ、形状には問題がなさそうです。しかし、外側の殻のモデリングデータしかなく、内部の構造は全くモデリングされていません(モデリングされていたのかもしれませんが、公開されたフリーのデータには存在していません)。

窓のガラスの透明度が高いとインテリアが無いことがバレるので、ガラスの透明度を極端に落として、内部がはっきりとは見えないようにしました。

 

読み込み時には次のような複数のエラーがありました。

Material (carbon_t): Map carbon_t.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (20720148): Map 20720148.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (Alfa_Rom): Map Alfa_Rom.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (Metal_Al): Map Metal_Al.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (badge): Map badge.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (custom_t): Map custom_t.png not found. Use search tool in materials tab.
Material (41Mrl2UV): Map 41Mrl2UV.jpg not found. Use search tool in materials tab.

7つのmaterialそれぞれにマッピング用のファイルが指定されていますが、そのファイルが見つからないというエラーです。しかし、アップロードされていたのは3Dフォーマットデータファイルだけで、マッピング用のテクスチャ画像ファイルは存在しませんでした。

仕方がないので、手持ちのAlfa Romeoの他の車種に付属しているマッピング用のテクスチャ画像ファイルを使い回すことにしました。

中には、マッピングを削除しても問題にはならないmaterial、あるいは元はマッピングはされていないけれど適当なマッピングを施せば見栄えの良くなるmaterialがありましたので、その辺りは適宜変更しました。

今回使ったのは次のファイルです。

 

フロントグリルのメッシュ。

grille.png

カーボン・ファイバー部。

carbonFiberNormal.png

ロゴ。

LOGO.jpg

タイヤ。

TIRE.jpg

ディスクブレーキ。

BRAKDISC.jpg

そして、後部のライセンスプレートはモデリングされていたのですが、テキストが気に入らなかったので、次のWEBで見つけた画像ファイルをマッピングしました。

E9030I.jpg

そのマッピング後の画像。

Alfa_Romeo_Giulia_2016_TurboSquid_license_plate_s.jpg

これをコピーして、フロントにも取り付けました。

 

これらの加工・修正の後、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Alfa_Romeo_Giulia_2016_3ds_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Alfa Romeo Giulia 2016
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Alfa_Romeo_Giulia_2016_TurboSquid_e3_POV_scene_w560h233q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Alfa Romeo Giulia 2016"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 20:46 | comments(0) | - |
Google One の日本でのサービスが開始されて、私の契約している1TBが2TBに増量された

2018年10月3日(水曜日)。早朝に、Googleからメールが届きました。「Google One へようこそ」というメールです。

 

私は、今年の春(2018年3月)にGoogleドライブの有料プラン「Google のバックアップと同期」を契約しました。

その時のブログ。『「Google のバックアップと同期」を使い始めました | KOKAのつぶやき』。

 

このGoogleドライブのサービスがグレードアップして「Google One」となりました。5月に発表された新有料プラン「Google One」は、米国では8月から利用可能になったようですが、日本のサービス開始は少し遅れるようです。

 

私のところには、9月19日に次のような案内メールが届きました。

抜粋。

Google_Drive_to_Google_One_mail_ts.jpg

現在の使用環境はそのままで(料金もそのままで)、Google側の作業が終わった時点で現在契約している1TBが2TBに増量されるとのことです。

 

そして今朝、漸く「Google One」の案内メールが届きました。

≪抜粋≫

Google_One_Update_Welcome_Mail_ts.jpg

≪中略≫

≪抜粋≫

Google_One_update_mail_1.jpg

 

早速、WEBでGoogle ドライブを開いてみました。

Google_One_Storage_2TB_ts.jpg

確かに、「2 TB 中 768.4 GB を使用」となっていました。

「バックアップと同期」の対象になっているファイルは、すべて"POV-Ray"に関わる3DCGデータです。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 18:37 | comments(0) | - |