KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 2018年1月15日、栂池7日目
    KOKA (01/16)
  • 2018年1月15日、栂池7日目
    udon (01/15)
  • 久しぶりに POV-Ray のレンダリング処理スピードを計測
    KOKA (12/29)
  • 久しぶりに POV-Ray のレンダリング処理スピードを計測
    POV-Ray (12/29)
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    KOKA (09/14)
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    gumin (09/14)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"1938-peugeot-402-darlmat-legere-special-sport-road"

2018年1月8日(月曜日、成人の日)。ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"1938-peugeot-402-darlmat-legere-special-sport-road"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

ShareCG_Peugeot_402_1938_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"Peugeot402.zip"、そのサイズは7.93MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは3dsとvobの2種類。私のアプリ環境で使えるのは3dsフォーマットの方です。

 

その3dsフォーマットデータ"Peugeot402.3ds"を"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

preview_1938-peugeot-402-darlmat-legere-special-sport-road_3ds_1st_s.jpg

読み込み時に1件だけエラーがありました。

Material (mat54): Map grille.JPG not found. Use search tool in materials tab.

フロントのグリル部にマッピングされている"grille.JPG"というファイルが見つからないというエラーです。その他には、見た目の不具合は無さそうで、このエラーさえ解決すればそのままデータ変換できそうです。

 

他の自動車のグリル部に使われていた次のファイルをマッピングしましたが、具合が良さそうです。

grille.jpg

 

1938年の車を今風に蘇らせて走らせたという設定で、今風のEU域のライセンスプレートを取り付けてみました。

Peugeot_402_1938_e3_license_plate_s.jpg

序にサイドミラーも取り付けました。手持ちの部品データから使い廻しました。

Peugeot_402_1938_e3_back_mirror_s.jpg

 

これらの修正追加を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_1938-peugeot-402-darlmat-legere-special-sport-road_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

1938-peugeot-402
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

エクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Peugeot_402_1938_e3_POV_scene_w560h223q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"1938-peugeot-402-darlmat-legere-special-sport-road"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 20:29 | comments(0) | - |
ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Talbot-Lago T150"

2018年1月1日(元旦、月曜日)。ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Talbot-Lago T150"を"PoseRay"で加工・データ変換して、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

ShareCG_Talbot-Lago_T150_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"TalbotT150.zip"、そのファイルサイズは25.1MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは3ds。

 

その3dsフォーマットのデータ""を"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Talbot_Lago_T150_3ds_1st_s.jpg

読み込み時に1件だけエラーがありました。

Material (New material 014): Map TIREDB~2.JPG not found. Use search tool in materials tab.

タイヤにマッピングするデータ"TIREDB~2.JPG"が見つからないというエラーです。フォルダー内を探したら"tiredbump.jpg"と言うファイルが有ったので、これに入れ替えたら解決しました。

 

もう一つ3dsファイルがあって、それはこの様なソフトトップのデータでした。

preview_Top_3ds_s.jpg

 

この2つをマージすると、ソフトトップ付きの車体が出来上がります。

preview_Talbot_Lago_T150_top_3ds_1st_s.jpg

 

マージ後のソフトトップ付きのデータを処理し、次にソフトトップを取り去ったデータを処理することにしました。

 

データは、このままでもほとんど問題はないのですが、次のパーツを追加しました。

 

ワイパー。手持ちのパーツデータの使い廻し。

Talbot_Lago_T150_Wiper_s.jpg

 

ドアノブ。これも手持ちのパーツデータを使い廻し。

Talbot_Lago_T150_Door_Handle_s.jpg

 

このモデルは右ハンドル車なので、英国の1930年台のクラシックなライセンスプレートを付けることにしました。

これも手持ちのパーツを使い廻します。ナンバーはWEBから入手しました。

Talbot_Lago_T150_License_s.jpg

 

データの追加作業を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Talbot_Lago_T150_top_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Talbot-Lago T150
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

エクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Talbot_Lago_T150_top_e3_POV_scene_w560h233q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Talbot-Lago T150"を"POV-Ray"の部品として、何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

ソフトトップを取り去ったもの。

Talbot-Lago T150
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

これもライブラリ化しておきました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:09 | comments(0) | - |
Free3D.comからダウンロードしたバイクの3Dモデリングデータ、"Harley-Davidson Low Rider"

2017年12月31日(日曜日)。Free3D.comからダウンロードしたバイクの3Dモデリングデータ、"Harley-Davidson Low Rider"を"PoseRay"と"blender"と"metasequoia"で加工・データ変換して、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_Harley-Davidson_Low_Rider_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"rz3puhosderk-Motorrad.zip"、そのファイルサイズは35.8MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内の通りblendフォーマット。アンパックして生成されたのは"Motorrad.blend"ファイルだけ。このファイルサイズが93.0MBとかなり巨大です。

私がデータ変換に使おうとするソフトは"PoseRay"ですが、blendフォーマットは読み込めません。そこであまり使用経験はないのですが、インストールはしてある"blender"を使って読み込み、objフォーマットでエクスポートしました。

その"Motorrad.obj"のファイルサイズは、何と583MB。

試しに、この583MBもある"Motorrad.obj"を"PoseRay"で読み込んでみましたが、"out of memory"のエラーで読み込むことさえ出来ませんでした。

そこで、"metasequoia"の64bit版で読み込んでみました。データが巨大なので、読み込みからプレビューまでに相当時間がかかりました。

"metasequoia"での最初の表示。

metaseq_Harley_Davidson_Low_Rider_metaseq_obj_1st_s.jpg

床に相当する部分、反射や映り込みに利用する部分などが含まれています。私が利用したいのは、バイクのデータだけです。

そこで、"metasequoia"の機能を使って、不要部分を削除しました。

metaseq_Harley_Davidson_Low_Rider_metaseq_obj_2nd_s.jpg

このデータをobjフォーマットでエクスポートしました。そのファイルサイズが338MB。

これを"PoseRay"で読み込もうとしましたが、またしても"out of memory"のエラーで読み込み不可。

 

再度、"metasequoia"で読み直して、今度は"metasequoia"の編集機能の一つ「頂点数を減らす」機能を使ってポリゴン数を減らしてファイルサイズを小さくすることを試みました。

最初にほぼ20%に減らしてみました。

metaseq_Harley_Davidson_Low_Rider_metaseq_obj_4th_s.jpg

この結果をobjフォーマットでエクスポートしました。ファイルサイズが85.8MBに縮小されました。

これを"PoseRay"で読み込みました。無事に読み込めました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Harley_Davidson_Low_Rider_metaseq_e2_obj_1st_s.jpg

拡大してエンジン部分を見たところ。

preview_20%_s.jpg

 

"metasequoia"でのサイズ縮小が上手く行ったので気を良くして、もう少し頂点数を減らしてみることにしました。

今度は10%にまで減らしました。エクスポートしたobjフォーマットデータのファイルサイズは42.6MBとそれなりに小さくなりました。

しかし、そのファイルを"PoseRay"で読み込んでみたところ、次のように縮小しすぎたのか画像に乱れが見えてきました。

preview_10%_s.jpg

 

そんなことで、超点数を約20%に削減したデータを使って、"PoseRay"で加工・データ変換を続けることにしました。

 

ヘッドライト部分に、他のハーレーダビッドソンのモデリングデータで使われていたレンズ画像をマッピングすることにしました。

light.jpg

そして、燃料タンクのサイドには、WEBで見付けてきたハーレーダビッドソンのロゴをマッピングしました。

logo-harley-davidson-motorcycles.jpg

 

これらの修正を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_Harley_Davidson_Low_Rider_metaseq_e4_obj_1st_s.jpg

これを"POseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Harley-Davidson Low Rider
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Harley_Davidson_Low_Rider_metaseq_e4_POV_scene_w560h250q10.jpg

ここでのグリッドは、0.1unit=0.1mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Harley-Davidson Low Rider"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 22:04 | comments(0) | - |
"POV-Ray"で作成した3DCG、『針葉樹の森に囲まれたログハウス』

2017年12月29日(金曜日)。13ヶ月前に作成した『紅葉の森に囲まれた屋敷』のシーンを改造して、針葉樹の森に囲まれたログハウスのシーンを作りました。参照:2016年11月27日のブログ『"POV-Ray"で作った3DCG、『紅葉の森に囲まれた屋敷』 | KOKAのつぶやき』。 

 

≪ 針葉樹の森に囲まれたログハウス ≫

針葉樹の森に囲まれたログハウス
上の画像をクリックすると大サイズ(3840*2880)画像を表示

 

このシーンで使用した主要なデータの多くはWEBで公開されている3Dデータを"POV-Ray"形式に変換したものです。

そのデータの出処を記しておきます。

針葉樹
Conifers tree 2 N110616 Archive3D.net
Conifers tree 3 N130716 Archive3D.net
Green Pine TF3DM.com(現在のFree3D.com
Snowy Pine ShareCG.com
Blue Spruce xfrog.com
Tree Abies Pardei N151117 Archive3D.net
Tree N060709 Archive3D.net
Realistic Trees Scene TF3DM.com(現在のFree3D.com
広葉樹
Montpelier Maple xfrog.com
European Chestnut xfrog.com
Tree02 by rezashams313 Free3D.com
生垣
Free Hedges ShareCG.com
Bush 4 N131014 Archive3D.net
ログハウス
House wood N010614
Archive3D.net
車庫
Green Barn
ShareCG.com
石畳
Cobblestones 3
TF3DM.com(現在のFree3D.com
東屋
Arbor N230613
Archive3D.net
東屋内ベンチ
Wooden Bench
TF3DM.com(現在のFree3D.com
東屋内テーブルセット
5-Pc Dining Set with Cantilever Umbrella
ShareCG.com
自動車
Jaguar Mark 2 saloon car Artist-3d.com
Maybach DS8 Zeppelin 1938 TurboSquid.com
Mercedes G class Free3D.com
Brooks Stevens L29 Cord ShareCG.com
49 Delahaye 135M ShareCG.com
Auburn Boattail Speedster ShareCG.com
Old car ShareCG.com
鹿(庭の横)
Deer by Karl Nyman
Animium.com
鹿(岩の横)
Deer
Animium.com

 

岩と砂。
「岩と砂」は、ShareCG.comから入手した"Dream Small Tropical Island"を加工して、「岩」のパーツと「砂山」のパーツに分解して夫々を"POV-Ray"で使えるオブジェクトにしました。

 

山脈。
pigment function でパターンを使ってheightfieldを生成しているのですが、そのエッジが自然にwaterlevelに収まるようにコーディングされています。元のコードは、次のところから頂きました。POV-Ray公式サイトのnewsgroupの次のスレッドです。

POV-Ray: Newsgroups: povray.binaries.images: Mesh vs mesh2』。

 

これらのデータ・コードをフリーで提供して下さった作者とサイトに感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 20:39 | comments(0) | - |
CadNav.comからダウンロードした樹木の3Dモデリングデータ、"Big Old Tree"

2017年12月27日(水曜日)。CadNav.comからダウンロードした樹木の3Dモデリングデータ"Big Old Tree"を、"PoseRay"と"Metasequoia"を使って加工・データ変換して、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Big_Old_Tree_t.jpg

ダウンロードファイル名は"cadnav-1G224134Z2.rar"、そのファイルサイズは2.31MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobjとmaxの2種類。私のアプリ環境で使えるのは、objフォーマットです。

同梱されていたマッピング用のファイル(幹と葉のマッピング用)は画像データ形式がddsだったので、フリーのオンライン・コンバートサービスのONLINE-CONVERT.comを使ってpng形式に変換しました。

 

このobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

preview_Big_Old_Tree_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。ただ、UVマップ情報は存在していますが、マッピングファイルの指定はされていません。そこで"PoseRay"の機能を使って幹と葉のマッピングファイル指定を行いました。

 

そのデータを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートしてレンダリングした画像が次のものです。

Big_Old_Tree_D1202A019_original_w560h420q10.jpg

タイトルに"Big Old Tree"とありますが、節くれだった幹と太枝は確かにOldな雰囲気がありますが、枝葉の部分は小さくて背が低くとてもBigには見えません。

 

そこで、枝葉を追加してボリュームを増やし背を高くすることにしました。その素材として、このデータの幹の半分から上の部分を使います。

"Metasequoia"で編集して、次のようなパーツを作りました。

Tree_Part_e1_s.png

太幹の半分から下を削除したものです。

 

これを、y軸上で回転させ、多少サイズを変更し、各方向に少し傾け、左右上に適当な量だけ移動させて、全部で6個追加しました。

それが次の画像。

Big_Old_Tree_D1202A019_e4_s.jpg

 

これをもっとOldな感じにしようと"Metasequoia"の機能(頂点を平ら・でこぼこにする)を使って幹や枝葉をバラけさせてみました。

それを"POV-Ray"で『レンダリングしたもの。

Big Old Tree
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

この"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせをしました。

その画像。

Big_Old_Tree_D1202A019_e5_meta_POV_scene_s.jpg

ここでのグリッドは1unit=1mです。

これで、幹の直径がほぼ2.5m、高さが18m強です。

 

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Big Old Tree"を"POV-Ray"の部品として、何時でもシーンに組み込む事ができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:46 | comments(0) | - |