KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/12)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/12)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
ShareCG.comからダウンロードした蒸気機関車の3Dモデリングデータ、"Locomotive Virginia"

2017年8月16日(水曜日)。昨日ShareCG.comからダウンロードした蒸気機関車の3Dモデリングデータ"Locomotive Virginia"を、"PoseRay"と"metasequoia"で編集、"PoseRay"で"POV-Ray"形式にコンバートして、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

ShareCG_Locomotive_Virginia_ts.jpg

ダウンロードファイルの名前は"Lucien_Lilippe_Virginia_Locomotive.zip"、そのファイルサイズは7.53MB。

アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内の通りobjフォーマットのみ。そのobjフォーマットデータは"loco_finale.obj"で、ファイルサイズは40.0MB。

ウンロードページに表示されている仕上がりのサンプル画像は同梱されていますが、マッピングに使えるようなテクスチャ画像ファイルは全く含まれていません。

ダウンロードファイル名の前半に含まれている"Lucien_Lilippe_"は、このモデリングデータの作者の名前(Lucien Lilippeさん)です。

 

objフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Locomotive_Virginia_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーはありません。ざっと見たところ形状的には何の問題もありません。細部まで精細にモデリングされています。

ただ、幾つかのパーツ、例えばヘッドライトのレンズ、圧力計、キャビンやテンダーの木部などには、それらしい雰囲気のテクスチャ画像ファイルをマッピングした方が見栄えが良くなりそうです。

そして、テンダーにはやはり石炭を積めば蒸気機関車らしく見えます。これは、"POV-Ray"データ変換後、scale合わせの際に"POV-Ray"でモデリングした石炭を追加することにします。

 

木部のマッピング用画像ファイル。

Wood6.jpg

ヘッドライト用。

Headli~1.jpg

計器用。

meter.jpg

 

これらの修正・追加を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Locomotive_Virginia_obj_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポート、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Locomotive_Virginia_ShareCG_e4_2017_08_16_00_29_52_w560h420q10.jpg

エクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにscale合わせをしました。この車種は標準軌の機関車のようですが、車種のspecsは分かりませんので、車輪の内幅を標準軌(1435mm=1.435m)に合わせるように試行錯誤でscale比率を作成しました。

そして、scale合わせが出来た"POV-Ray"シーンファイルのテンダー部分に石炭のモデリングデータを追加しました。

そのscale合わせ後の画像。

Locomotive_Virginia_ShareCG_e4_with_coal_POV_scene_w560h156q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

このscale合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Locomotive Virginia"を"POV-Ray"の部品として、何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

そのサンプルレンダリング画像。

Locomotive Virginia
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 15:20 | comments(0) | - |
CadNav.comからダウンロードした帆船の3Dモデリングデータ、"Sailing Boat D0405211C58"

2017年8月14日(月曜日)。CadNav.comからダウンロードした帆船の3Dモデリングデータ"Sailing Boat D0405211C58"を、"PoseRay"と"metasequoia"を使って編集し、"PoseRay"で"POV-Ray"形式にデータ変換、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Sailing_Boat_D0405211C58_ts.jpg

このサンプルの画像を見ると、全体が黄色になっているところが気に入りませんが、ガフリグのクラシックなスタイルが面白いのでダウンロードしてみました。

 

ダウンロードファイル名は、"cadnav-1FQ0231554.rar"。そのファイルサイズは200KB。MBの間違いではありません。KBです。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内の通りobjとmaxの2種類。私のアプリ環境で使えるのはobjフォーマットです。そのobjフォーマットのデータ"D0405211C58.obj"のファイルサイズは853KBでした。

「全体が黄色」なので予想はしていたのですが、案の定、マッピング用のテクスチャ画像ファイルなどは一切付属していませんでした。

 

早速"PoseRay"で読み込んでみました。

最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Sailing_Boat_obj_1st_s.jpg

水面に相当する平面、光の反射用に置かれている垂直面は、私の場合ともに不要です。

"PoseRay"のgroupsタブ内でポリゴングループを確認すると、帆船を構成する細かなパーツまで詳細にgroup分けされていました。それを使って、この不要な水平面と垂直面を削除しました。

poseray_preview_Sailing_Boat_obj_2nd_s.jpg

船体全体のmaterialの区分はと言うと、船体とマストとセールの3つにしか分けられていません。これでは、どんなに工夫しても出来の悪い仕上がりにしかなりません。

ただ、ポリゴンgroupは109groupに分けられています。このgroupをそのままmaterialの分割に使うことにしました。そして、ハルやセール、ドッグハウス等の主要なパーツには、複数の手持ちの帆船で使われているマッピング用のテクスチャ画像ファイルを使い回すことにしました。

ハル用。

Sailing_Boat_D0405211C58_e6_Wood.jpg

ドッグハウス用。

Sailing_Boat_D0405211C58_e6_Wood_2.jpg

セール用。

Sailing_Boat_D0405211C58_e6_weisserjeansstoff_512.jpg

 

ただ、詳細に分けられているgroupでしたが、1点だけ"metasequoia"を使って分割したところがあります。ハルとデッキが一体になっていましたので、これを"metasequoia"を使ってハルとデッキに分割しました。

ハル。

Hull_Right_Main_s.jpg

デッキ。

Hull_Right_Deck_s.jpg

 

これらの修正や追加を終えて、"PoseRay"で表示位置・表示サイズを調整した最終プレビュー画面。

poseray_preview_Sailing_Boat_obj_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Sailing Boat D0405211C58
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

ポリゴン数の割には、何とかクラシックな雰囲気のある船体になりました。

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにscale合わせをしました。

その画像。

Sailing_Boat_D0405211C58_e6_POV_scene_w560h582q10.png

ここでのグリッドは、1uni=1mです。

 

scale合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Sailing Boat D0405211C58"を"POV-Ray"の部品として、何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 22:15 | comments(0) | - |
Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Car GMC sierra crew cab 2013 N030717"

2017年8月11日(金曜日、山の日)。Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Car GMC sierra crew cab 2013 N030717"を"PoseRay"でデータコンバートして、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Archive3D_Car_GMC_sierra_crew_cab_2013_N030717_ts.jpg

ダウンロードしたファイル名は"0dc9c9dd8fdb3fb8cc6927438b49c684.zip"。そのファイルサイズは29.1MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内にある通り3dsとgsmの2種類。私のアプリ環境で使えるのは3dsフォーマットの方です。

 

早速"PoseRay"で3dsフォーマットデータを読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Car_GMC_sierra_crew_cab_2013_N030717_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーはありません。見た目には形状的な問題はありません。モデリングは精細で、作業の途中にはobjフォーマットファイルで保存するのですが、そのobjフォーマットのファイルのサイズは48MBを超えました。

 

上の最初のプレビュー画面でも分かるのですが、ガラス部分が白く光って見えるように、車体各部のmaterialのambient値が一様に高くなっています。多分、モデリング時に使われたアプリケーションからフォーマット変換された時にこの様なデータになったのだろうと思われます。手作業で低い値("POV-Ray"では殆どの場合zero)に修正しました。

 

後部のライセンスプレートはモデリングされていましたので、これを切り出してパーツ化し、前部にも取り付けました。

そのライセンスプレート。

GMC_sierra_License_Plate_s.jpg

 

これらの修正追加を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Car_GMC_sierra_crew_cab_2013_N030717_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Car GMC sierra crew cab 2013 N030717
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにscale合わせをしました。

その画像。

Car_GMC_sierra_crew_cab_2013_N030717_e2_POV_scene_w560h200q10.png

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

scale合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Car GMC sierra crew cab 2013 N030717"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:28 | comments(0) | - |
"POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『並走する2隻の全装帆船』

2017年8月10日(木曜日)。以前にWEBで入手した全装帆船(Full rigged ship)2隻のマッピング関係の手直しなどが終わって、新たに"POV-Ray"でシーンを作りレンダリングしました。

 

≪ 並走する2隻の全装帆船 ≫

並走する2隻の全装帆船
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

右の大型帆船は、Archive3D.net から入手した"Ship hms victory frigate nelson N270214"です。

左の方は、ShareCG.comで入手した"The Prince William"です。

それぞれ、マッピングに用いるテクスチャ画像などは、好みのものに加工・変更しています。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:43 | comments(0) | - |
"POV-Ray"で作った3DCG、『 中世風街並みと AC Cobra & Shelby Cobra 』

2017年8月8日(火曜日)。"POV-Ray"でレンダリングした3DCGです。城壁に囲まれた中世風の街並みをジオラマ風に作成してきましたが、今回もその街並みを使いました。その一つの通りに1960年代の英国と米国のスポーツカー AC Cobra と Shelby Cobra を並べてみました。

 

≪ 中世風街並みと AC Cobra & Shelby Cobra ≫

中世風街並みと AC Cobra & Shelby Cobra
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

同じ通りをちょっとアングルを変えて使っているシーンがあります。2017年3月23日のブログ『 "POV-Ray"で作った『中世風街並みとモーターサイクル』の3DCG | KOKAのつぶやき 』のシーンがそれです。

 

ここで使用した主要な3Dモデリングデータの出処を記しておきます。

中世風建物
AK - Poorfolk's urban housing ShareCG.com
Medieval House 3 Animium.com
Wine Cathedral ShareCG.com
AC Cobra & Shelby Cobra
AC Cobra 269 TF3DM.com(現在 Free3D.com
Car Cobra N230814 Archive3D.net
Shelby Cobra DMI-3d.net
バイク
Classic Bullet TurboSquid.com
ベンチに座る女性
Woman sitting 1 N280614 Archive3D.net
歩く男性
Man walking N240414 Archive3D.net
オークの樹
3 Oaks ShareCG.com

これらのフリーのデータを提供して下さった作者とサイトに感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 13:37 | comments(0) | - |