KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
ShareCG.comからダウンロードした建物の3Dモデリングデータ、"Blacksmith's house"

2018年11月12日(月曜日)。ShareCG.comからダウンロードした建物の3Dモデリングデータ"Blacksmith's house"を、"PoseRay"と"Metasequoia"で加工、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

ShareCG_Blacksmiths_house_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"hab forgeron.zip"、そのファイルサイズは465KBでした。単位はMBではなくてKBです。最近では、3DモデリングデータのファイルサイズでKB単位のものがあるのは、かなり珍しいことです。

アンパックして出来た3Dモデリングデータのフォーマットは、3dsとobjの2種類。マッピング用のテクスチャ画像ファイルも数個が同梱されていました。

 

3dsとobjの両方のフォーマットのデータを"PoseRay"で読み込んでみましたが、どちらでも似たようなプレビューで、問題点もほぼ同様でした。

今回は、3dsフォーマットのデータを使います。

"PoseRay"で読み込んだ最初のプレビュー画面。

preview_Blacksmith_House_ShareCG_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。形状的な問題はなさそうですが、マッピングを含めmaterialの指定は全く欠落していました。

しかも、materialに関しては、全体が1つのmaterialのみです。

しかし、幸いなことにgroupの指定は細かく分割されていましたので、このgroupの区分けをmaterialに持ち込んで使うことにしました。"PoseRay"には、groupの区分けをmaterialに持ち込むことのできる機能があります。

 

しかし、そのgroupの区分けにも1件だけ、groupを2つに分けなければmaterialとして使えない部分がありました。

次の部分。

Error_Map_Bar_Door_s.jpg

木材の梁の部分とドアの部分が1体のgroupになっているので、これを分割しなければなりません。"PoseRay"の機能だけでは出来ないので、"Metasequoia"で分割しました。

 

この分割を終え、分割したそれぞれのデータを"PoseRay"でマージした上で、マッピングを行いました。

これらの修正を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Blacksmith_House_ShareCG_3ds_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Blacksmith's house
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Blacksmith_House_ShareCG_e1_POV_scene_scaled_w560h420q10.jpg

ここでのグリッドは、1unit=1mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Blacksmith's house"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことができるようになりました。

 

ただ、この画像だけでは、「鍛冶屋」とは見えません。建物の周辺に「鍛冶屋」らしく見えるパーツを配置したりする必要があります。タイミング良く、同じShareCG.comに同じ作者の手になる鍛冶屋で使われる道具類の3Dモデリングデータがアップされていました。

こんな感じのパーツです。

ShareCG_Forge_accessories_tools_ts.jpg

これもダウンロードし、これらのパーツを部品化してシーンに組み込めば、「鍛冶屋」の雰囲気が出てくるでしょう。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 19:49 | comments(0) | - |
DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Jeep Grand Cherokee Trackhawk"

2018年11月6日(火曜日)。DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Jeep Grand Cherokee Trackhawk"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。赤丸印の部分が"Jeep Grand Cherokee Trackhawk"です。

DMI-3d_Jeep_Grand_Cherokee_ts.jpg

このDMI-3d.netではlwoフォーマットがメインです。今までの経験からも、ここのlwoフォーマットデータと私がデータ変換につかう"PoseRay"との相性は非常に良いので、今回も迷わずlwoを選択してダウンロードしました。

ダウンロードファイル名が"jeep_grand_cherokee_trackhawk.rar"、そのファイルサイズは3.46MB。アンパックして出来たlwoフォーマットデータ"Jeep Grand Cherokee Trackhawk.lwo"のファイルサイズは11.2MB。この他に多数のマッピング用のテクスチャ画像ファイルが同梱されていました。

 

このlwoフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

preview_Jeep_Grand_Cherokee_lwo_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。見た目も非常に綺麗で、マッピングの指定もきめ細かく、このまま直ぐにレンダリングに持ち込めそうなほどです。

全体の出来が良いので、普段ならそれほど気にしないような細かいところが目についてしまいます。

次の、後輪のフェンダー部分の曲面の乱れが気になりました。

e1_fender_ts.jpg

ボディ外装の部分だけを取り出して、subdivideを掛けて滑らかにしました。

こうなりました。

e2_fender_ts.jpg

 

この他には、何時ものことですが、ライセンスプレートがモデリングされていないので、手持ちの部品データから使い回すことにしました。WEBで探してきたライセンスの画像データをマッピングしています。

Jeep_Grand_Cherokee_Trackhawk_License_Plate_s.jpg

このライセンスプレートを、前後に追加しました。

 

これらの修正と追加を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Jeep_Grand_Cherokee_lwo_e2_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Jeep Grand Cherokee Trackhawk
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Jeep_Grand_Cherokee_Trackhawk_e2_POV_scene_w560h233q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Jeep Grand Cherokee Trackhawk"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 16:32 | comments(0) | - |
TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Oldsmobile Super 88 Convertible 1953"

2018年11月5日(月曜日)。TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Oldsmobile Super 88 Convertible 1953"を"PoseRay"と"Metasequoia"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

TurboSquid_Oldsmobile_Super_88_Convertible_1953_by_meYoouunng_ts.jpg

 

TurboSquid.comからのダウンロードに際しては、複数の3D形式のデータがある場合は、それらの中から選択してダウンロードすることが可能です。

今回は、objフォーマットとfbxフォーマットがあったので、まずobjフォーマットを選択してダウンロードしました。同時にマッピング様に使用されるテクスチャ画像ファイルもダウンロードしました。

 

このobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

しかし、このobjフォーマットデータでは、ポリゴンgroupもそのmaterialも、それぞれ全体で1つしか設定されておらず、ボディー部分、内装部分、ガラス窓部分、ヘッドライト部分などにポリゴングループを分割する作業が必要になります。"Metasequoia"を使ってポリゴンgroupの分割ができないことはないのですが、かなりの量の手作業になります。

 

そこで、もう一つ提供されているfbxフォーマットのデータをダウンロードして試してみました。fbxフォーマットは"PoseRay"では読み込めないのですが、"Metasequoia"では読み込めます。

"Metasequoia"で読み込んだところ。

metasequoia_Oldsmobile_Super_88_FBX_s.jpg

"Metaseqwuoia"で読み込み、それをobjフォーマットでエクスポートました。

そのobjフォーマットデータを、"PoseRay"で読み込んでみました。

最初のプレビュー画面。

preview_Oldsmobile_Super_88_Convertible_1953_by_meYoouunng_TurboSquid_FBX_1st_s.jpg

全体が曇ったような見え方です。法線の不具合で、時々このような現象に出合います。そこで、"PoseRay"のGroupsタブ内にある「Recalculate normals」という機能を使って、面の法線の再計算を行いました。

その結果。

preview_Oldsmobile_Super_88_Convertible_1953_by_meYoouunng_TurboSquid_FBX_1st_normal_recalculate_s.jpg

法線の向きが正しく揃って、曲面が正確に見えるようになりました。

 

次に"PoseRay"の機能を使ってmaterialの詳細、groupの詳細を確認してみました。

materialはobjフォーマットと同様で全体が1つです。

一方groupの方は、次のように詳細に区分されていました。

poseray_Groups_ts.jpg

"PoseRay"には、groupの区分を使って、materialを区分する機能があります。早速それを適用しました。

その上で、各groupに見合ったテクスチャ画像ファイルをマッピングしました。UV情報は元データに含まれていたので、テクスチャ画像ファイルを指定するだけで綺麗に張り付きました。

 

ただ、ライセンスプレートの画像だけは、"OLDSMOBILE"と車名が入っているだけなので、リアルなライセンス画像をWEBから探してきて、次のようにマッピングし直しました。

Oldsmobile_license_plate_sJPG.jpg

これはフロントのライセンスプレートですが、リアのプレートはモデリングされていなかったので、このデータをコピーして追加しました。

 

また、サイドミラーがモデリングされていませんので、次の手持ちの部品データを使い回すことにしました。

Oldsmobile_mirror_s.jpg

 

これらの修正・追加を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Oldsmobile_Super_88_Convertible_1953_by_meYoouunng_TurboSquid_FBX_last_s.jpg

これを"PoseRay"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Oldsmobile Super 88 Convertible 1953
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Oldsmobile_Super_88_FBX_e2_POV_scene_w560h233q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Oldsmobile Super 88 Convertible 1953"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:34 | comments(0) | - |
Archive3D.netからダウンロードした建物の3Dモデリングデータ、"House N210818"

2018年10月29日(月曜日)。Archive3D.netからダウンロードした建物の3Dモデリングデータ"House N210818"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Archive3D_House_N210818_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"084223393ce16194798291b39479fe2a.zip"、そのファイルサイズは16.1MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内の通りgsmと3dsの2種類でした。その内、私のアプリ環境で使えるのは3dsフォーマットの方です。

 

その3dsフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

preview_House_N210818_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。見た目にも問題はありませんが、"POV-Ray"へ持ち込んでレンダリングした時の仕上がりの色を考慮して、自分好みに少し屋根の色を暗めにする等のmaterialの変更を行いました。

 

変更作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_House_N210818_3ds_last_s.jpg

これを、"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

House N210818
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

House_N210818_e1_POV_scene_w560h320q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"House N210818"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 16:20 | comments(0) | - |
"POV-Ray"で作成した3DCG、『中世風町並みの広場に勢揃いしたオープンカー』

2018年10月27日(土曜日)。WEBから入手した自動車の3Dモデリングが増えてきて、メーカーだけでの分類では見通しが悪くなってきました。そこで、形態でも分類してみることにしました。手始めに、今回必要になった「オープンカー」を集めてみました。なんと46台のオープンカーがありました。

そこで、その46台のオープンカーを主役に勢揃いさせたシーンを構成してみました。背景には2018年7月17日のブログ「"POV-Ray"で作成した3DCG、『広場の噴水横に停められた2台のジャガー』 | KOKAのつぶやき」のシーンをそのまま利用し、石畳の広場にオープンカーを並べました。

 

≪ 中世風町並みの広場に勢揃いしたオープンカー ≫

中世風町並みの広場に勢揃いしたオープンカー
上の画像をクリックすると大サイズ(3840*2880)画像を表示

 

このシーンに登場するオブジェクトの多くはWEBで公開されているフリーの3Dモデリングデータを、"POV-Ray"形式に変換・加工して使用しています。

主要なデータの出処を以下に記しておきます。

《 オープンカー 》
AC Cobra 269 Free3D.com
Car Cobra N230814 Archive3D.net
Car 2010 Alfa Romeo 8C Spider N030718 Archive3D.net
aston-martin DBS Volante 2010 Archive3D.net
Auburn Boattail Speedster ShareCG.com
Audi TT Clubsport DMI-3d.net
BMW 6 Convertible Animium.com
BMW E85 M roadster (Z4)  CadNav.com
BMW Z4 Animium.com
BMW Z4 DMI-3d.net
BMW Z8 (Open Top) Animium.com
BMW 502 Animium.com
Brooks Stevens L29 Cord ShareCG.com
Eldorado 1953 DMI-3d.net
Car cadillac XLR N041018 Archive3D.net
Car BMW 1950 N110215 Archive3D.net
Caterham Seven Sigma TurboSquid.com
1936 Chrysler Airstream C8 Convertible ShareCG.com
Chrysler Viper RT10 DMI-3d.net
Cord Boattail Speedster LeGrande ShareCG.com
Delage D6 ShareCG.com
49 Delahaye 135M ShareCG.com
Duesen Bayern Mystar 190 SL TurboSquid.com
Ferrari 360 Spider Animium.com
Ferrari 360 spider modena Animium.com
Jaguar 1935 DMI-3d.net
1936 Jaguar SS100 TurboSquid.com
Maserati Spyder Animium.com
Mazda MX-5  2016 DMI-3d.net
Meisenhelder ShareCG.com
Mercedes 500 SL cab DMI-3d.net
Mercedes-Benz CLK320 CadNav.com
Mercedes Roadster Free3D.com
Mini Cooper cabriolet DMI-3d.net
Old car DMI-3d.net
Opel GT Animium.com
37 Packard Convertible ShareCG.com
1938-peugeot-402-darlmat-legere-special-sport-road ShareCG.com
Porsche Boxster GTS 2015 DMI-3d.net
Saab 9-3 cabriolet CadNav.com
Shelby Cobra DMI-3d.net
Smart Roadster Coupe DMI-3d.net
Toyota MRS TurboSquid.com
Triumph Spitfire 4 MK2 - 1965 N170913 Archive3D.net
Willis-Overland ShareCG.com
Frank Lloyd Wright Continental ShareCG.com
《 オープンカー周辺 人・犬 》
Casual Man TurboSquid.com
Male Character 02 by tucho TurboSquid.com
People 3D Collection(MeCaS0001)  から切り出した3人 3DBar.net
People 3D Collection(MeCaS0002)  から切り出した2人 3DBar.net
Young people 1 3D Collection  から切り出した2人 3DBar.net
Young people 3D Collection  から切り出した1人 3DBar.net
Dog V1 12225 Free3D.com
《 噴水 》
Lion Fountain ShareCG.com
《 建物 》
House 07 Animium.com
House 09 Animium.com
Townhall Animium.com
Medieval village (free) by emelnikov  から切り出した1軒 TurboSquid.com
Circus Tent TurboSquid.com
《 建物の付属物 》
Wooden Bench Free3D.com
Bench with backrest Free3D.com

ビール サイン

AK - Poorfolk's tavern  から切り出し改造

ShareCG.com
レストラン サイン
AK - Poorfolk's tavern  から切り出し改造
ShareCG.com
ドラゴン サイン
The Dragon's Dinner Table Tavern Sign  と
Medieval House by LBdN  から切り出し改造
ShareCG.com
フラッグ
HMS Victory warship  から切り出し改造
CadNav.com
Table1 Free3D.com
Old dirty chair Free3D.com
Apples 1box N030518 Archive3D.net
Apples 1 Free3D.com
Basket Animium.com
Wooden Barrels Free3D.com
《 二輪車 》
Motorcycle v-rod N291213 Archive3D.net
Racing Bicycle Free3D.com
Mountain Bike Free3D.com
《 フラワーベッドと花 》
Flowerbed N020913 Archive3D.net
Flowers N280214 Archive3D.net
Flower calla palustris N030813 Archive3D.net
Flower Red Corn Poppy N190512 Archive3D.net
《 クラシックカー3台 》
Bugatti Atlantic 1938 DMI-3d.net
Mercedes SS 1928 DMI-3d.net
39 Graham-Paige ShareCG.com
《 ポルシェ3台 》
Porsche 911 GT2 Free3D.com
Porsche 911 SC Targa Animium.com
Porsche 911 Turbo GT Animium.com
《 SUV 》
Ford F-150 Raptor Free3D.com
《 公園のベンチ 》
Park Bench Free3D.com
《 噴水周辺の人 》
Man N180515 Archive3D.net
Man N151016 Archive3D.net
Man N070315 Archive3D.net
3d scan man by RUSTtm88 TurboSquid.com
Woman with dog N240412 Archive3D.net
Girl walking N090814 Archive3D.net
Woman sitting 2 N280614 Archive3D.net

 

《 山脈 》

pigment function でパターンを使ってheightfieldを生成しているのですが、そのエッジが自然にwaterlevelに収まるようにコーディングされています。元のコードは、次のところから頂きました。
POV-Ray公式サイトのnewsgroupの次のスレッドです。

POV-Ray: Newsgroups: povray.binaries.images: Mesh vs mesh2

 

これらのデータをフリーで公開された作者とサイトに深く感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 22:11 | comments(0) | - |