KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    KOKA (09/14)
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    gumin (09/14)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/12)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/12)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"77 Lincoln Continental"

2017年11月21日(火曜日)。一昨日入手した3件の自動車の3Dモデリングデータの3番目が、このShareCG.comからダウンロードした"77 Lincoln Continental"です。これも一昨日の夜中に"PoseRay"を使ってデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

ShareCG_Lincoln_Continental_Mark_V_1977_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"77Lincoln.zip"で、そのファイルサイズが9.58MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内の通り3dsフォーマットです。その"77Lincoln.3ds"のファイルサイズは、3.84MB。この3dsフォーマットファイルのサイズにしてはzipパックのファイルサイズが大きすぎます。解凍されてできたファイル群を点検してみたら、1.9MB、2.3MB、2.8MBという巨大なサイズのJPEGファイルが含まれていました。(少し後で、作業が進んだところで分かったことなのですが、何故かこの巨大な画像ファイルは何処にも使われていないのです)

 

この3dsフォーマットファイルを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Lincoln_Continental_Mark_V_1977_3ds_1st_s.jpg

読み込み時に1件エラーがありました。

Material (mat57): Map STRIPE~1.PNG not found. Use search tool in materials tab.

マッピング指定で使われているファイル"STRIPE~1.PNG"が見つからないというエラーです。Zipパックされたデータを解凍したフォルダー内を探してもその様な名前のデータはありません。これがマッピングされている場所は、フロントグリル部分で、ファイルの名"STRIPE~1.PNG"から推測すると、縦のストライプ状のフロントグリルを表現する画像ファイルではないかと推測されます。そこで、他の3Dモデリングデータで同じような目的で使われていた次の画像ファイルを割り当ててみました。

BMPFARO_r.JPG

これで、縦のストライプ状のフロントグリルが表現できたようです。

 

このモデリング作者Birdmanさん(ShareCG.net内でのニックネームで、本名はDavid A. Swanさん)のモデリングデータでは、基本形は整えた上で、小さな部分については省略されているケースが時折あります。今回のデータでもパーツの省略が目立ちます。

そこで、手持ちの部品データから次のようなパーツを追加しました。

 

サイドミラー。

Side_Mirror_s.jpg

ドアノブ。

Door_Knob_s.jpg

アンテナ。

Antena_s.jpg

ライセンスプレート。

License_Cal_1977_s.jpg

 

これらの修正と部品追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Lincoln_Continental_Mark_V_1977_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

77 Lincoln Continental
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Lincoln_Continental_Mark_V_1977_e4_POV_scene_w560h200q10.png

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"77 Lincoln Continental"を"POV-Ray"の部品として、何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:13 | comments(0) | - |
DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Chevrolet Camaro ZL1 1LE 2018"

2017年11月20日(月曜日)。昨日、3件立て続けにダウンロードし、データ変換、"POV-Ray"でのレンダリングを行ったた自動車の3Dモデリングデータの2番目が、このDMI-3d.netからダウンロードした"Chevrolet Camaro ZL1 1LE 2018"のデータです。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

DMI-3d_Chevrolet_Camaro_ZL1_1LE_ts.jpg

このDMI-3d.netでは、公開されるデータのフォーマととしては主にlwoフォーマットが採用されています。ただ、objや3ds等の他のフォーマットでも提供されていて、それらの中から選択してダウンロードできます。

今回はlwoフォーマットを選択してダウンロード。ダウンロードファイル名が"chevrolet_camaro_zl1_1le.rar"、そのファイルサイズは2.16MB。

 

アンパックして出来たlwoフォーマットデータは"Chevrolet Camaro ZL1 1LE.lwo"で、そのファイルサイズは6.08MB。この他に多数のマッピング用画像ファイルも生成されました。

 

この"Chevrolet Camaro ZL1 1LE.lwo"を"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

Chevrolet_Camaro_ZL1_1LE_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。見た目にも、形状的にもマテリアルの表現にも何の問題もありません。このまま即レンダリングできそうです。

 

ダウンロードページの表題にあった"Chevrolet Camaro ZL1 1LE 2018"でググってみたところ、この車はシボレー・カマロZL1の2018年モデルで、それをサーキット仕様にするオプションパッケージが"1LE"、とのこと。

サーキットレース用車なら、公道走行用のライセンスプレートは要らないでしょうから、このままでレンダリングすることにしました。

 

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

Chevrolet_Camaro_ZL1_1LE_obj_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Chevrolet Camaro ZL1 1LE 2018
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Chevrolet_Camaro_ZL1_1LE_e1_POV_scene_w560h233.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせされた"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Chevrolet Camaro ZL1 1LE 2018"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:18 | comments(0) | - |
Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Mercedes G class"

2017年11月20日(月曜日)。昨晩は同じタイミングで3件もの自動車の3Dモデリングデータが手に入ったので、遅くまで寝ないでデータの編集とコンバート、"POV-Ray"でのレンダリングにと夢中で作業を続けました。論理プロセッサ数16と論理プロセッサ数32の2台のパワーの有るデスクトップPCが使える環境は、こんな時にとても快適です。

最初のデータは、Free3D.comからダウンロードした"Mercedes G class"。

2台目は、DMI-3d.netからダウンロードした"Chevrolet Camaro ZL1 1LE 2018"。

3台目は、ShareCG.comからダウンロードした"77 Lincoln Continental"。

 

最初の作業は、Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Mercedes G class"です。

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_Mercedes_G_class_gelendwagen_3_0_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"157wy1vf8r64-Gelendwagen.zip"、そのファイルサイズは30.0MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、abc、blend、dae、fbx、obj、stl、x3dと多彩な顔ぶれです。しかし、私のアプリ環境で使えるのは、blend、dae、fbx、obj、stlですが、"blender"は未だに使いこなせていませんし、"metasequoia"で読めるdae、fbx、obj、stlの内、使い慣れているのはobjのみ。データ変換に最も使い慣れている"PoseRay"で読めるのはこの中ではobjだけです。

 

結局手慣れていて無難な選択というところで、"PoseRay"でobjフォーマットデータ"gelendwagen_3.0.obj"を読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Mercedes_G_class_obj_1st_s.jpg

ファイルサイズが21.8MBと結構大きいので読み込みとプレビューまでに時間がかかりますが、読み込み時のエラーはありません。

 

一見して、自動車本体の周りに本体とは関係ないデータがくっついていますが、これは"PoseRay"の機能の範囲内で削除出来て、自動車本体だけのデータを取り出しました。

マッピング用の画像データは付属していませんし、データ内にもマッピングの指定はありません。

ボディーカラーは、ダウンロードページの画像では黒系ですし、ダウンロードしたデータでは明るい緑系になっていましたが、今回は濃い青系に変更しました。

 

何時ものことながら、ライセンスプレートはモデリングされていませんでしたので、手持ちのライセンスプレートのデータを使い回すことにしました。ライセンスナンバーはWEBで入手した画像データをマッピングします。

これです。

Mercedes_G_class_gelendwagen_3_0_e1_License_s.jpg

 

これらの追加・修正を終えて表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Mercedes_G_class_obj_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Mercedes G class gelendwagen
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。私の"POV-Ray"でのシーンの作成においては、全てのオブジェクトのサイズを現実世界の1mを"POV-Ray"での1unitで表しているので、ライブラリ化する時にこのスケール合わせを行っています。

 

スケール合わせ後の画像。

Mercedes_G_class_gelendwagen_3_0_e3_POV_scene_w560h280q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

"Mercedes G class"に関しては、以前にすでに1台ライブラリ化しています。その時(2016年9月30日)のブログ『Archive3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Car Mercedes Benz G class N101110" | KOKAのつぶやき』。

この先の"G class"と明瞭に区別が付くように、名称はobjデータファイル名に使われていた"gelendwagen"を使って"Mercedes G class gelendwagen"で保存することにしました。

これでこの"Mercedes G class gelendwagen"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 19:40 | comments(0) | - |
"POV-Ray"で作成した3DCG、『紅葉の庭に停めた2台のスーパーカー』

2017年11月18日(土曜日)。最近入手した2台のスーパーカーの3Dモデリングデータを主役にしたシーンを"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

≪ 紅葉の庭に停めた2台のスーパーカー ≫

紅葉の庭に停めた2台のスーパーカー
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

その2台のスーパーカーに関しては、このブログでそれぞれ以下の記事にしました。

赤と黒の車が、昨日(2017年11月17日)の『CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Laraki Epitome" | KOKAのつぶやき』。

白いほうが、2017年10月6日の『CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"W-Motors Lykan HyperSport" | KOKAのつぶやき』。

 

舞台になっている背景のシーンについては、2016年11月27日の『"POV-Ray"で作った3DCG、『紅葉の森に囲まれた屋敷』 | KOKAのつぶやき』のシーンを基本にして一部の車と樹木や落葉の配置などを変更して使っています。

 

そのたの主要なデータの出処を記しておきます。

House 09

Animium.com

Vase N300713

Archive3D.net

Flower rose white N310816

Archive3D.net

Flowers chrysanthemums N070416

Archive3D.net

車庫

Carriage Barn - UPDATED

ShareCG.com

敷石

Cobblestones 3

以前のTF3DM.comで

現在はFree3D.com

樹木

European Chestnut(castanea sativa) 葉を赤に加工

xfrog.com

樹木

High-poly trees Puusto 葉を黄色に加工

ShareCG.com

樹木

Oaks 葉を赤に加工

ShareCG.com

落葉

Scatterd Fall Leaves

ShareCG.com

自動車

Packard Phaeton

DMI-3d.net

自動車

RUF CTR Yellow Bird

Animium.com

自動車

Car Land Rover Freelander Td4 2004 N191110

Archive3D.net

鹿

Deer by Karl Nyman

Animium.com

岩と砂

Dream Small Tropical Island から切り出し

ShareCG.com

遠景の「山脈」は、これも私の3DCGでは定番の一つですが、pigment function でパターンを使ってheightfieldを生成しています。そのheightfieldで生成した地形のエッジが自然にwaterlevelに収まるようにコーディングされています。その工夫された元コードをPOV-Ray公式サイトのnewsgroupの次のスレッドから入手しました。『 POV-Ray: Newsgroups: povray.binaries.images: Mesh vs mesh2 』。

 

これらのデータをフリーで公開されたモデリング作者並びにサイトに深く感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 15:16 | comments(0) | - |
CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Laraki Epitome"

2017年11月17日(金曜日)。CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Laraki Epitome"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Laraki_Epitome_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"cadnav-1G116120956.rar"、そのファイルサイズは43.2MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、ページの案内にあったとおりmaxとc4dとobjの3種類。私のアプリ環境で使えるのはobjフォーマットデータです。

 

そのobjフォーマットデータ"Laraki_Epitome_2013.obj"(ファイルサイズは83.4MB、巨大です)を"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Laraki_Epitome_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーはありません。一見したところ形状的には問題は無さそうですが、色や反射やガラスの透明度の指定などは、全くなされていません。マッピング用のテクスチャ画像ファイルなども一切ありません。

ただ、データの大きさからも予想されたことですが、細部に至るまで細かくモデリングされています。

 

これらの細かなパーツのmaterial指定を手作業で数値入力しながら行いました。

 

ネットで公開されている多くの自動車のデータではライセンスナンバーを付けたものは殆どありません。このデータには、ライセンスプレートもナンバーや記号も全てポリゴンでモデリングされていました。それを、良く見ると、1ヶ月ほど前に同じようにCadNav.comからダウンロードした"W-Motors Lykan HyperSport"に付けられているライセンスプレートと全く同じであることに気が付きました。

これです。

License_W_Motors_Lykan_hypersport_2012_CadNav_e1_2017_10_06_20_12_29_ts.jpg

多分、この2つのデータの製作者が同じなのでしょう。ですが、同じライセンスナンバーの2台を同一のシーンに登場させてレンダリングするのは不味いので、ライセンスナンバーを変更することにしました。

WEBで見つけた次の画像ファイルをマッピングします。

2015_netherlands_yellow.jpg

 

これらの修正追加を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Laraki_Epitome_obj_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Laraki Epitome
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Laraki_Epitome_2013_e1_POV_scene_w560h224q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Laraki Epitome"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:03 | comments(0) | - |