KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    中ちゃん (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    中ちゃん (03/26)
  • 2017年3月1日、栂池10日目
    KOKA (03/02)
  • 2017年3月1日、栂池10日目
    udon (03/02)
  • 2017年2月21日、栂池2日目
    udon (02/22)
  • 2017年2月21日、栂池2日目
    KOKA (02/22)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Audi RS6"

2017年4月25日(火曜日)。Free3D.com(元のTF3DM.com)からダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Audi RS6"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_Audi_RS6_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"Audi RS6.7z"、そのファイルサイズは6.09MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobjフォーマット。その"audi_rs6.obj"のファイルサイズは、30.7MB。結構大きなデータですから、それなりに精細なデータなのでしょう。期待して"PoseRay"で読み込みました。

 

読み込み時のエラーはありません。ところが、プレビュー画面には全く何も現れません。

読み込み処理時のメッセージには、次のように表示されています。

Done. Changes:   -38182 faces  -19069 verts  -19838 normals  -35 uvs  -3 mats  -1 groupsloaded in 27secs

間違いなく3Dデータが読み込まれています。

 

"PoseRay"のMaterialsタブを開いて、PigmentのTranslucencyを確認したところ、全てのmaterialのTranslucencyの値が100になっていました。完全透過状態の物体という指定です。確かにこの指定なら全く物体が見えなくて当たり前です。

何故か時々このようなデータに出合います。オリジナルなデータ作成時に使われたアプリケーションの内部データフォーマットから汎用のobjフォーマットに変換する際に誤変換されたのか?。あるいは読み込む側の"PoseRay"の方に問題があるのか?。その辺りのことは分かりません。

 

対処としては、個々のmaterialのTranslucency値を手作業で全てゼロに修正しました。

するとプレビュー画面にモデリングデータの姿が現れました。

poseray_preview_Audi_RS6_obj_1st_s.jpg

しかし、これも車の姿ではありません。

 

そこで、Groupsタブを開いて、モデルを構成する各groupを個々に確認したところ、地面に相当する矩形や反射をコントロールする矩形などがあることがわかりました。自動車のサイズに比べると面積の巨大なそれらの矩形を削除して、車がプレビュー内に大きく見えるようにカメラ位置を変更したところ、次のように車の姿が見えるようになりました。

poseray_preview_Audi_RS6_obj_2nd_s.jpg

データが大きくポリゴン数が多い割には、内装はかなり大雑把なモデリングです。ダッシュボードや計器類なども床もありません。

 

シートも貧弱です。そこで、手持ちの他のモデリングデータの中から、使えそうなシートのデータを切り出して、入れ替えることにしました。Audi A6のデータのシートが使えそうです。A6は、このRS6のベース車種です。

A6_Seats_s.jpg

 

その他には、前後のライセンスプレートを追加しました。手持ちのライセンスプレートにWEBで見つけてきたナンバーの画像ファイルをマッピングしました。

前部のライセンスプレートは、カーブしたタイプ。

Plate_Curve_s.jpg

後部はフラットなタイプ。

Plate_Long_s.jpg

 

これらの修正・追加を終えて、表示サイズ・表示位置を調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Audi_RS6_obj_last_s.jpg

これを、"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Audi RS6
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせをしました。

"POV-Ray"のオブジェクトライブラリに各種モデリングデータを保存しているのですが、そのオブジェクトは全て1unit=1mでスケールを合わせているからです。

 

スケール合わせ後の画像。

Audi_RS6_e2_POV_scene_w560h233q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをinclueファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Audi RS6"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:53 | comments(0) | - |
"POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『 島々の上を飛ぶ水上飛行機 』

2017年4月24日(月曜日)。一昨々日から昨日までの足掛け3日の作業で、水上飛行機3機のデータを"POV-Ray"のシーンに組み込めるように整えました。仕上がったデータはプライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

その内2機を、先日レンダリングしたばかりの「珊瑚礁に囲まれた島々」のシーンに組み込んで、2機の水上飛行機が島々の上空を飛ぶところを作ってみました。

≪ 島々の上を飛ぶ水上飛行機 ≫

島々の上を飛ぶ水上飛行機
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

背景として使った「珊瑚礁に囲まれた島々」については、2017年4月20日のブログ『 "POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『 珊瑚礁に囲まれた島々 』 | KOKAのつぶやき 』に記しています。

今回登場させた2機の水上飛行機のデータの出処は次のとおりです。

SAVOIA S.21 "POV-Ray"で自作モデリング(SDLで記述)
Curtiss SOC Seagull ShareCG.com

SAVOIA S.21は、宮崎駿の「飛行艇時代」(映画「紅の豚」の原作)の中にある三面図を元に"POV-Ray"のシーン記述言語(SDL)で記述してモデリングしました。"POV-Ray"のSDLをご存じない方には分からないことですが、これは殆どプログラミングです。

「紅の豚」でもCurtissが登場します。これはCurtiss R3C-0ということですが、ガルウィングと逆ガルウィングの複葉機だったりして、モデリングはなかなか面倒です。そこで、手持ちのデータ(WEBでダウンロードしたフリーのデータ)の中にあったCurtiss SOC Seagullを使いました。雰囲気は良く似ていると思います。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 17:34 | comments(0) | - |
"POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『 珊瑚礁に囲まれた島々 』

2017年4月20日(木曜日)。ここ1週間ほどあれこれ試行錯誤しながら"POV-Ray"でレンダリングしていた3DCG、『 珊瑚礁に囲まれた島々 』が出来上がりました。

新しいテーマではなくて、1ヶ月ほど前(2017年3月15日)にアップした『 "POV-Ray"でレンダリングした「白い浜に囲まれた熱帯の島」 | KOKAのつぶやき 』の改良版です。

 

≪ 珊瑚礁に囲まれた島 ≫

珊瑚礁に囲まれた島
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

島を増やし、外周に環礁を配置配置しました。砂浜の所々に岩を点在させ、手前に航跡を引くスピードボートを置いてみました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:00 | comments(0) | - |
"POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『山脈と森林』

2017年4月17日(月曜日)。足掛け3日の"POV-Ray"での断続的な作業の末に出来た山と森の風景の3DCGです。

≪ 山脈と森林 ≫

山脈と森林
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

"POV-Ray"のシーンを作成するのに、各種のオブジェクト(部品)をライブラリ化しているのですが、その際に"POV-Ray"での1unitが1mになるように各オブジェクトのスケール合わせをしています。

その単位で、この『山脈と森林』のサイズを記すとだいたい次のようになります。

稜線沿いに雪を載せた「山脈」は左右に50km、奥行き25km、高さ(最高点)4200mです。裾野が7km向こう。標高650mまでの斜面の斜度が緩いところは、精細なモデリングの9種類の樹木が1割、大部分は"POV-Ray"でモデリングした低解像度の擬似的な樹木で覆われています。

手前から5kmは平原に僅かな起伏。この部分は精細な3Dモデリングの9種類の樹木で覆われています。

5kmから向こうは、緩い丘陵。この部分には精細なモデリングの9種類の樹木が数割(2段階に変化)、残りは低解像度の樹木。

6kmから向こうは、中程度高さの山並み。この部分には精細なモデリングの9種類の樹木が3割、それ以外は低解像度の樹木。

 

精細なモデリングの9種類の樹木は、全てWEBで公開されているフリーな3Dモデリングデータを、"PoseRay"で"POV-Ray"形式に変換したものです。

そのデータの出処は次のとおりです。

Snowy Pine ShareCG.com
Blue Spruce xfrog.com
Conifers tree 2 N110616 Archive3D.net
Montpelier Maple xfrog.com
XfrogPlants Autumn Horse Chestnut TurboSquid.com
Alder Tree ShareCG.com
tree 1 ShareCG.com
tree 2 ShareCG.com
tree 4 ShareCG.com

これらのデータをフリーで提供して下さった作者とサイトに感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 22:24 | comments(0) | - |
"POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『 中世風街並みとクラシックカー 』

2017年4月12日(水曜日)。一昨日から何度か繰り返した"POV-Ray"でのレンダリングの末、なんとか出来上がった3DCGです。

≪ 中世風街並みとクラシックカー  ≫

中世風街並みとクラシックカー
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

今回の主役は、10数台のクラシックカーです。これらのクラシックカーのデータは全てWEBでフリーで公開されているものです。その3Dモデリングデータを"PoseRay"というフリーのソフトで"POV-Ray"形式にデータ変換したうえで、これもまたフリーのソフト"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

 

各クラシックカーのデータの出処は次のとおりです。

左側家並みの前(手前から奥へ)
Brooks Stevens L29 Cord ShareCG.com
Bugatti Atlantic 1938 DMI-3d.net
Cord Boattail Speedster LeGrande ShareCG.com
37 Hudson TerraPlane ShareCG.com
Meisenhelder ShareCG.com
Old car DMI-3d.net
植込花壇の左(手前から奥へ)
1939 Bugatti Type 57c Cabriolet ShareCG.com
Bugatti Atlantic ShareCG.com
39 Graham-Paige ShareCG.com
Jaguar 1935 DMI-3d.net
Mercedes SS 1928 DMI-3d.net
植込花壇の右(手前から奥へ)
37 Packard Convertible ShareCG.com
Packard Phaeton DMI-3d.net
Pearce 1931 DMI-3d.net
1925 Rolls Royce Joncheere body ShareCG.com
Frank Lloyd Wright Continental ShareCG.com

 

中世風の街並みに関しては、過去に作成した"POV-Ray"のシーンのデータをそのまま使い廻しています。それに関して書いた次の二つのブログ記事に、中世風建物のデータの出処を記しています。

2016年8月14日『 中世風の街並みにクラシックカーとアストンマーチン | KOKAのつぶやき

2017年3月23日『 "POV-Ray"で作った『中世風街並みとモーターサイクル』の3DCG | KOKAのつぶやき

 

門の外のログハウス、SUVなどについては、先日(2017年4月9日)にアップした『 "POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『ログハウスとSUV』 | KOKAのつぶやき 』のデータをそのまま使いました。

 

これらのデータをフリーで提供して下さった作者とサイトに感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 13:22 | comments(0) | - |