KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Double Deck Bus"

2018年2月24日(土曜日)。ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Double Deck Bus"を"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

ShareCG_Double_Deck_Bus_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"DoubleDeckBus.zip"、そのファイルサイズは2.93MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは3ds。

 

その3dsフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Double_Deck_Bus_3ds_1st_s.jpg

読み込み時に3件のワーニング。

Material (New material 006): Exteded ASCII characters in 240_F_97746156_DsvHpKqKWu757f2BQTDJli9iwM9Zgcsj.jpg. Click on Fix Names on output options
Material (New material 010): Exteded ASCII characters in seat.jpg. Click on Fix Names on output options
Material (mat248): Exteded ASCII characters in plate.jpg. Click on Fix Names on output options

materialで使われているマッピングファイル名に拡張アスキーコードが使われているというワーニングですが、これは無視しても問題ありません。

形状的には問題点は見当たりません。

 

ただ、次の点を修正しました。

後部のライセンスプレートのテキスト画像を変更しました。

License_Rear_s.jpg

前部のライセンスプレートはモデリングされていませんので、手持ちのパーツを使い廻しました。

License_Front_s.jpg

 

また、タイヤにはトレッドが無く丸坊主でしたので、次のトレッド画像ファイルをマッピングしました。

Neuma.JPG

マッピングしたタイヤ部分の画像。

Tyre_Mapped_ts.jpg

 

これらの加工追加修正を終えて、表示サイズ・表示位置を調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Double_Deck_Bus_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Double Deck Bus
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

エクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせをしました。

その画像。

Double_Deck_Bus_e3_POV_scene_w560h308q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Double Deck Bus"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:24 | comments(0) | - |
Animium.comからダウンロードした動物(鹿)の3Dモデリングデータ、"Lowpoly Deer"

2018年2月12日(月曜日、建国記念の日の振替休日)。Animium.comからダウンロードした動物(鹿)の3Dモデリングデータ"Lowpoly Deer"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_Lowpoly_Deer_ts.jpg

この案内の中に"fallow deer"とありますので、Google 検索したところ「ダマジカ」だと分かりました。そして次のような情報も手に入れました。

体長110-190cm。肩高90-110cm。体重40-100kg。メスよりもオスの方が大型になる。
角は雄だけにあって、長さは平均で50〜70cm程だが、中には90cmを超えるものも見られる。

 

早速ダウンロード。ダウンロードファイル名は"Deer.rar"、そのファイルサイズは24.3MBでした。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは案内の通りmaxフォーマットとobjフォーマットの2種類。私のアプリ環境で使えるのはobjフォーマットの方です。

 

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Lowpoly_Deer_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。形状的な問題は無さそうですが、体表全体がピカピカなのはちょっとおかしいので修正が必要です。

 

全体に1枚の画像ファイルがUVマッピングされています。このmaterialの反射の指定値を殆どゼロにまで抑えて修正しました。

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_Lowpoly_Deer_obj_last_s.jpg

これを"POseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

fallow deer
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。角のある雄のダマジカということで肩高100cmを目処に試行錯誤してスケール合わせを行いました。

その画像。

FallowDeer_Metaseq_e1_POV_scene_w560h363q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

 

メスは角が無いということなので、このモデリングデータから角を削除して、少し小さ目の体にして、メスのデータも作ることにしました。

 

角の部分を削除するのに"Metasequoia"を使いました。

Metaseq_Lowpoli_Deer_s.jpg

角の部分が独立した接続面になっていましたので、削除は実に簡単でした。このデータをobjフォーマットで書き出して、"PoseRay"で読み込み、"POV-Ray"へエクスポートしてレンダリングしました。

その画像。

fallow deer
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

これもまた、スケール合わせを行いました。オスより少し小さ目に、肩高90cmを目処に試行錯誤してスケール合わせを行いました。

FallowDeer_Metaseq_Female_e1_POV_scene_w.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルもincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

これで、この「ダマジカ」を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事ができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:17 | comments(0) | - |
CadNav.comからダウンロードした飛行機の3Dモデリングデータ、"Early Aviation Aircraft"

2018年2月11日(日曜日、建国記念の日)。昨日CadNav.comからダウンロードした飛行機の3Dモデリングデータ"Early Aviation Aircraft"を、"Metasequoia"と"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Early_Aviation_Aircraft_ts.jpg

このデータの案内にあるように、ファイル形式はfbxです。 fbx は、オートデスク製品間に相互運用性をもたらすファイル形式ですが、私が"POV-Ray"形式へのコンバーターとして使う"PoseRay"はこの形式に対応していません。しかし、もう一つのツール"Metasequoia"はこのfbxの読み書きが可能です。

今までは"PoseRay"が対応している複数のデータ形式の中から、主に3ds、lwo、objを選択してきたのですが、今回は"Metasequoia"を前段のコンバーターとして使い、fbxを読みそれをobjで書き出し、書き出されたobjを"PoseRay"で読み込み"POV-Ray"へエクスポートする、という2段構えでのデータ変換を試みました。

 

ダウンロードしたファイル名は"cadnav-1P209213415.rar"、そのファイルサイズは3.28MB。アンパックして出来た3Dデータは案内の通りfbxです。

 

そのfbxフォーマットデータを"Metasequoia"で読み込みました。

その画面。

preview_Early_Aviation_Aircraft_fbx_Metaseq_1st_s.jpg

これを、そのままobjフォーマットで書き出しました。

 

そのobjフォーマットデータを、今度は"PoseRay"で読み込みました。

そのプレビュー画面。

preview_Early_Aviation_Aircraft_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。見た目にも全く問題がないので、このまま"POV-Ray"でレンダリングが出来そうです。

 

表示位置と表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_Early_Aviation_Aircraft_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

1938-peugeot-402
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。この飛行機の全長を6.5mとしてスケール合わせを行いました。

そのスケール合わせ後の画像。

Early_Aviation_Aircraft_e1_POV_scene_w560h261q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Early Aviation Aircraft"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事ができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:00 | comments(0) | - |
CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Dodge Viper GTS Blue"

2018年2月10日(土曜日)。CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Dodge Viper GTS Blue"を"PoseRay"と"Metasequoia"で加工、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Dodge_Viper_GTS_Blue_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"cadnav-1P2091J147.rar"、そのファイルサイズは8.45MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobj。

 

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Dodge_Viper_GTS_Blue_obj_1st_s.jpg

読み込み時にエラーなどはありません。

ただ、私には敷石の地面が邪魔なので、これを削除したいのですが、"PoseRay"で読み込んだデータはmaterialはパーツに細かく区分されているのですが、ポリゴンgroupは敷石の地面と車体とが一体で一つのgroupに纏められています。

そこで、"PoseRay"の「マテリアルからグループを生成する」機能"Materials -> Groups"を使ってポリゴングループを細かく分割しました。その中に敷石部分のグループのあるので、このポリゴングループを削除しました。

削除後の画像。

preview_Dodge_Viper_GTS_Blue_obj_2nd_s.jpg

これを元に、私なりに少しだけ見た目を修正することにしました。

 

ボディーの両サイドと後部に、"DODGE"や"ViperGTS"などのテキストが3D化されてモデリングされているのですが、ボディーのペイントと一色になってしまっています。

このテキスト部分だけを"Metasequoia"を使って切り分け、クロームメッキのマテリアルに変更することにしました。

その切り分けた3Dテキスト部分(車体の両サイドと後部)。

Body_Text_Dodge_Viper_GTS_Blue_s.jpg

 

タイヤのモデリングはトレッドも無くのっぺらぼうで、マッピングもされていないので、他の車種で使われていた次の画像データをマッピングしました。

Wheelbum.jpg

 

車体後部にはライセンスプレートがモデリングされていましたので、これを"Metasequoia"を使って切り出し、ライセンスナンバーの画像をマッピングしました。

License_Plate_Frame_s.jpg

そして、この切り出したライセンスプレートをコピーして、前部のライセンスプレートとして追加しました。

 

これらの修正・加工・追加作業を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_Dodge_Viper_GTS_Blue_e5_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Dodge Viper GTS Blue
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Dodge_Viper_GTS_Blue_e5_POV_scene_w560h224q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Dodge Viper GTS Blue"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

"Dodge Viper"という車種については、過去に3件のデータをライブラリ化しています。今回の"Dodge Viper GTS Blue"を加えて4種類の"Dodge Viper"のデータを保有することになりました。

 

過去の3件。

2017年4月3日、『 Animium.comで新しく公開された自動車の3Dモデリングデータ、"Dodge Viper SRT" | KOKAのつぶやき 』  

2016年1月19日、『 TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Dodge viper srt 10" | KOKAのつぶやき 』  

2014年10月5日、『 Animium.comで公開された3Dモデリングデータ、"Dodge Viper GTS" | KOKAのつぶやき

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:13 | comments(0) | - |
DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Porsche 996"

2018年2月6日(火曜日)。昨日に引き続いて、過去にWEBで入手したPorscheの3Dモデリングデータの中から、仕掛り途中で放置していたデータを、再度手直ししてレンダリングしました。

それが今日の1台、DMI-3d.netからダウンロードした"Porsche 996"です、

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

ShareCG_Porsche_996_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"porsche_996.rar"、そのファイルサイズは1.86MB。アンパックして出来る3Dデータのフォーマットは、案内の通りlwoフォーマットです。そのファイル"Porsche 996.lwo"のファイルサイズは、9.17MB。objフォーマットに置き直すとおよそ4倍ほど、40MB弱になろうかという大きなデータです。その分モデリングが詳細なのでしょう。

 

その"Porsche 996.lwo"を"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Porsche_996_metaseq_lwo_1st_s.jpg

読み込み時に2件のワーニングがありました。

Material (Compteur): Map Compteur.bmp not found. Use search tool in materials tab.
Material (Compteur): Exteded ASCII characters in Compteur.bmp. Click on Fix Names on output options

1件目は、ダッシュボードの計器類にマッピングされている"Compteur.bmp"というファイルが見つからないというエラーです。

これは同梱されていた画像ファイルの中に"Compteur.jpg"がありましたので、これに入れ替えることで解決。

2件目のワーニング、「ファイル名に拡張アスキーコードが含まれている」というものは、無視しても問題ありません。

 

形状的には、ポリゴン数が多い分モデリングが詳細で、問題になるような部分はありませんので、このままで"POV-Ray"でのレンダリングに持ち込めそうです。

ですが、ちょっと欲を出して、次の修正・追加を行ってみました。

 

タイヤはトレッドまで詳細にモデリングされていますが、サイドウォールに次の画像をマッピングしました。

TIRE.png

こんな具合です。

Tyre_Porsche_996_s.jpg

 

ブレーキディスクには、次の画像をマッピングしました。

BRAKDISC.jpg

マッピング後。

Disk_Porsche_996_s.jpg

 

シートには次の画像をマッピング。

photo_photo_high_resolution_seamless_leather_t_by_environment_textures-d7boo70.jpg

マッピング後。

Seat_Porsche_996_s.jpg

 

そしてライセンスプレートはモデリングされていなかったので、手持ちのライセンスプレートの部品を追加しました。

License_Porsche_996_s.jpg

 

これらの修正を行い、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_Porsche_996_metaseq_lwo_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Porsche 996
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Porsche_996_metaseq_e2_POV_scene_w560h224q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Porsche 996"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 22:33 | comments(0) | - |