KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    KOKA (09/14)
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    gumin (09/14)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/12)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/12)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
琵琶湖で水遊びとヨットの大掃除

2017年8月30日(水曜日)。8月2回目の琵琶湖行です。

天気予報では、今日の琵琶湖は最高気温が30度以下に収まりそうです。

琵琶湖北湖東岸の彦根市の天気予報。

2017-08-30_彦根市の天気   Yahoo 天気・災害_ts.jpg

最高気温が30度。風は北西の風が午後には強くなりそうです。

志賀ヨットクラブのライブカメラで見た今朝7時半頃の琵琶湖の様子。

2017-08-30_志賀ヨットクラブ_ts.jpg

夜間から明け方の雨は上がったようです。

 

何時もの通り、7時半頃に自宅を出て、JR塚口駅から尼崎駅で湖西線経由の新快速に乗り換え。堅田で各駅停車に乗り換えて、和邇駅に着いたのが9時23分。

農道を歩いて志賀ヨットクラブへ向かいます。もう稲の刈り取りが終わった田圃もあって、実った稲の良い香りが漂っています。

9時40分、志賀ヨットクラブに到着。

 

水面係留のケッチが出港準備中です。

私達も早速出港の準備にかかります。バッテリの結線、船外機と燃料タンクのセット。ハリヤードのセット。左舷にフェンダーと舫いロープのセット。ジブセール(今日は110%レギュラージブ)のセット。

ここまでやって下架してもらいます。下架後すぐに船外機始動アイドリング。飲用清水(ポリタンク)の積み込み。今日のセーリング計画(白鬚沖往復、最終帰港予定時刻16時30分、等々)を出して出港準備完了。

10時20分、掘割内桟橋から出港。

この時、私達の不注意で後を確認しなかったのですが、掘割内係留用桟橋からケッチも出港するところで、後で降ろした私達が直前を先行することになってしまい、申し訳のないことでした(帰港後、この件を謝罪しました)。

 

出港直後のそのケッチ、10時22分。

2017-08-30_1022_出港直後の志賀ヨットクラブ、同時に出港したケッチ_IMG_1587_s.JPG

エリを躱す直前。

2017-08-30_1022_出港直後、北側のエリを躱すところ_IMG_1588_s.JPG

北に見える比良の山並み。

2017-08-30_1022_出港直後の比良の山並みと雲_IMG_1586_s.JPG

 

10時27分、エリを躱して暫くのところで、セールを揚げました。

南東の風アビームで白鬚沖を目指します。

風は0m/s〜3m/sを短い周期で繰り返しています。

 

10時59分、青柳浜沖に掛かるところ。

 

11時10分、やっと青柳浜沖。

2017-08-30_1110_青柳浜沖_IMG_1592_s.JPG

 

11時34分、近江舞子の沖が近くなりました。

2017-08-30_1134_近江舞子沖が近づいた頃風が殆どなくなってきた_IMG_1594_s.JPG

 

11時40分、風が落ちたので、水遊びに切り替えます。近江舞子の浜の沖合ではマリンジェットの大きな集団が2グループあって、ミズスマシの様に群れて旋回して遊んでいます。

 

セールを降ろしたブームの上にオーニングを掛けて、日陰を作ってから水遊びです。

2017-08-30_1215_オーニング_IMG_1600_s.JPG

水に入る時はライフジャケットを付けて、一人はデッキでワッチ。

2017-08-30_1213_水遊び_IMG_1597_s.JPG

2017-08-30_1208_水遊び_IMG_1596_s.JPG

 

水遊びをして1時間ほど経った12時40分ころ、北西から一気に風がやって来ました。水からは上がっていたのですが、大急ぎで着替えている最中には、比良の山並みとリトル比良の尾根を超えてしっかりとした濃いミルクのような雲が山肌に張り付くように越えてやって来るのが見えています。北小松の岸寄りでは白波が発生して、しばらくすると、強風と白波が艇の周辺にもやって来ました。ブームの上のオーニングが風を受けて、艇がぐんぐん南東へ向けて流されていきます。

もちろん水に入っての遊びは取り止め、オーニングを大急ぎで畳み、機走で艇のコントロールを取り戻します。

 

南に向けて暫く機走しましたが、波が不規則で艇も不安定です。まだ時間が早いので、セーリング再開も考えましたが、今日は早仕舞いして久方ぶりに艇の大掃除をすることにしました。

 

12時55分、帰港することに決めて、艇を志賀ヨットクラブへ向けます。北東の風と北東からの波でセーリングならアビームのコースです。

 

13時4分、北西からの強風と波の中、機走で志賀ヨットクラブへ向かうところ。

 

フェンダーを出したり、舫いロープを付けたりの作業をした入港直前には、風も波もなくなって再び穏やかな湖面。

 

掘割内水面に入る直前の沖側桟橋横の藻が水面近く前びっしり延びてきています。今朝、出港時にもティラーと船外機に長い藻が絡まっていました。当分、出港時にはキール、ラダー、船外機への藻の絡まりのチェックが必要です。

 

13時35分、入港着桟。

クラブハウスで暫く休んでから、デッキの水洗いとコクピットオーニングの水洗いに挑戦しました。今日は気温が30度以内ですし、午後になり湿度がかなり下がってきているので、風さえあれば涼しく感じられます。おまけにホースとブラシを使っての水仕事ですから、その分も涼しさが増します。

 

デッキ全面のブラシでの水洗いは45分ほどの作業で終わりました。コクピットオーニングの一部には水苔が付いて乾燥し土色の固い層になっています。これを水でふやけさせブラシで擦って、ホースの水圧で流します。これが30分。オーニングは、裸足では歩けないほど熱いアスファルト舗装のヤードの上に広げて干しました。1時間ほどで完全に乾きました。

オーニングを掛けて作業を完了。

シャワーを浴びて、クーラーのしっかり効いたクラブハウスで暫く休みました。

 

16時30分に、クラブを後にし和邇駅へ向かいます。

日射しは未だ比良の稜線の上にあって、西日は強いのですが、気温が30度を少し切っていること、湿度が昼を過ぎてどんどん下がっていることもあって、風が涼しく感じられます。雲は殆どなくなってほぼ快晴。

 

17時ちょっと前に和邇駅に到着、17時1分の京都行きの普通電車に乗りました。

何時もの通り、山科駅で高槻から快速に変わるか普通電車に乗り換えました。大阪駅で下車、阪急電車に乗り換えて塚口まで。18時55分帰宅。こちらも雲一つ無い快晴。

 

今日は、セーリングは僅かに1時間、水遊び1時間、デッキとオーニング洗いに2時間ほどという一日でした。

 

今日の琵琶湖でのGPSの軌跡。ハンディGPSのgpxデータをGoogle Earthで表示した画像です。

GRSのトラッキングデータをGoogle Earthで表示
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示

 

JUGEMテーマ:マリンスポーツ

| ヨット | 23:45 | comments(0) | - |
2017年8月19日の琵琶湖は、やっぱり暑かった

2017年8月19日(土曜日)。琵琶湖でのセーリング。夏の暑い期間を避けて2ヶ月ぶりの琵琶湖ですが、やっぱり暑い。

家を7時半に出て、JR塚口から尼崎で新快速に乗り換え。夏休みの盆明けの土曜日ですから、野洲行の新快速が空いています。夏休みを外した平日とは大違いです。

JR湖西線の和邇駅に9時32分着。

 

稲が実って穂が垂れている田圃を見ながら農道沿いに歩いて志賀ヨットクラブへ向かいます。

9時55分、志賀ヨットクラブ着。子供連れのファミリー、数人の若者で賑やかなグループの2艇が先行で出港の準備が進んでいます。私たちはその後。しかし、待つ間もなく私達の艇も10時35分に出港できました。

 

クラブに到着した頃までは、浜近くの吹き流しは、南東の風に力強くなびいて良い風が吹いていたのですが、出港した頃には風はすっかり弱くなっていました。直ぐにセールを揚げてみましたが、そろそろと這うようなスピードでのセーリングです。

風を求めて北の青柳浜方向を目指します。

10時50分、比良の山並みを見たところ。

2017-08-19_1050_出港直後の比良の山並み、風が無くなる_IMG_1468_s.JPG

先行の2艇を見ると、ファミリーの1艇は水遊び。

2017-08-19_1050_出港直後の湖岸、子供連れで水遊び_IMG_1470_ts.JPG

若者の多いもう1艇も、セーリングには至らないようです。

2017-08-19_1050_出港直後観測塔方向でもセールを揚げてる艇、風が無くなる_IMG_1471_ts.JPG

 

10時53分、ライフラインにアキアカネ。

2017-08-19_1053_ライフラインに赤とんぼ_IMG_1473_s.JPG

 

11時9分、南から琵琶湖汽船のmegumiがやって来ました。

2017-08-19_1109_琵琶湖汽船のmegumi_IMG_1476_s.JPG

 

11時30分まで、弱い風の中なんとかセーリングを続けましたが、気温が上がって風もないので暑さに参ってきました。そこで、セールを降ろしブームの上にオーニングを張って日陰を作り、水遊びに切り替えました。日陰を作り水に入れば、体温が下がり涼しく過ごせます。

早速水遊び。

2017-08-19_1208_謙治・水遊び_IMG_1479_s.JPG

2017-08-19_1215_朋さん泳ぐ_IMG_1485_s.JPG

水深40m〜60mくらいです。二人共、ライフジャケットを付けていますし、一人が水に入る時は、一人は艇の上でワッチです。

 

12時30分から昼食。

2017-08-19_1232_昼食_IMG_1487_s.JPG

水に入ると、温かいカップヌードルが美味しい。

 

2時間の水遊びの後、弱いけれど風がやって来たようなので、セーリングを再開することにしました。

13時36分、セーリングを再開したところ。

風が良くなってきそうです。

 

天気は真夏の空と暑さになってきました。オーニングがないとかなりの暑さです。

北の夏の空と雲。

2017-08-19_1337_夏の雲_IMG_1490_s.JPG

 

東北東の風は徐々に良くなってきます。

14時2分、良い風になって、この風が続けばなんとか沖島近くまでセーリングで近づけそうです。

艇速は、瞬間の最速で9.2km/h。

 

14時20分、最終帰港予定時刻16時30分に残り後2時間ほどになったので、ジャイブして帰りのレグに入りました。ダイレクトに志賀ヨットクラブ方向を目指すと、ランニングに近くなって暑いので、少し北の青柳浜方向を目指してリーチング。

2017-08-19_1421_ジャイブして帰りのレグ_IMG_1502_s.JPG

風は、強くなり弱くなりを繰り返しましたが、そこそこの走りが続きました。

 

15時4分、志賀沖観測塔の北側を通過。

2017-08-19_1504_観測塔の北側を通過_IMG_1506_s.JPG

 

15時27分、リーチングで青柳浜を目指し快走。

 

青柳浜南でジャイブして志賀ヨットクラブ沖をめざします。

 

15時50分、セールを降ろし、帰港の準備。

16時5分、入場着桟。

 

暑いので、クーラーの良く効いたクラブハウスで暫く休憩。汗びっしょりだったのですが、寒いくらいクーラーの良く効いた部屋が快適です。

たっぷり水分を補給した後で、暑い中に飛び出して艇の片付け。またまた大汗。

シャワーを浴びてやっとスッキリしました。

 

17時20分、クラブを後にしました。

17時30分ごろ、高架の湖西線の陰になる道路に入ると、風を涼しく感じるようになりました。アキアカネの群れ、田圃には実った稲穂。風景はすっかり秋ですが、まだまだとても暑いです。

 

和邇駅17時45分の京都行き電車に乗りました。ガラガラで涼しい。

山科で高槻から快速に変わる普通電車に乗り換え。これも空席多数。

大阪駅で下車して、阪急神戸線に乗り換え、塚口まで。

帰宅したのは19時40分。

 

今日の午後のセーリングは、楽しかったのですが、印象は暑い一日に尽きます。

 

今日のセーリングの軌跡です。GPSのTRKデータをGoogle Earthで読み込んで表示しました。

GRSのトラッキングデータをGoogle Earthで表示
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示

 

JUGEMテーマ:マリンスポーツ

| ヨット | 22:32 | comments(0) | - |
2017年6月15日の琵琶湖は上天気、風も程良くて快適セーリング

2017年6月15日(木曜日)。琵琶湖でセーリング。前回は6月9日(金曜日)でしたから2週続けてのセーリングです。
今回も梅雨とは思えない上々の天気。

Yahoo!天気での近江八幡市のピンポイント天気。

2017-06-15_近江八幡市天気_ts.jpg

これだと、風が弱いのが気になりますが、大抵の場合、湖上ではもう少し風があることが多いのであまり気にはしていません。

志賀ヨットクラブのライブカメラで見た今朝(6時53分)の琵琶湖の様子。

2017-06-15_0653_志賀ヨットクラブカメラ_ts.jpg

快晴で穏やかです。南東の風があるように見えます。

 

何時もの通り、7時半過ぎに家を出て、JRで湖西線和邇駅まで。JR尼崎駅から新快速の近江今津行に乗り、堅田で普通に乗り換えて和邇駅着が9時18分。

志賀ヨットクラブまで20分ほど歩きます。快晴で日射しが強くすっかり夏の感じです。

9時40分、志賀ヨットクラブ着。

 

早速セーリングの準備をして下架してもらいました。今日のセーリングは私達だけのようです。

10時17分、出港。

今日のセーリング計画は、何時もと同じ沖島往復です。最終帰港予定時刻は16時30分で出港届を出しました。

 

10時19分、出港直後、志賀ヨットクラブを振り返ったところ。

2017-06-15_1019_出港直後の志賀ヨットクラブ_IMG_0825_s.JPG

同時刻の、北に見える比良の山並み。

2017-06-15_1019_出港直後の比良の山並み_IMG_0826_s.JPG

 

エリを躱したところで、セールを揚げました。今日は110%のレギュラージブを選択。

10時25分、北北東の風、ポートタックのクローズホールドでギリギリ沖島北西端を狙ってセーリング開始。

 

10時37分、ポートタックのクローズホールドで沖島北西端を目指す。

 

10時39分、快晴で360度見回して見える雲は、比良の山並みの上に掛かる僅かな雲だけ。

2017-06-15_1039_比良の山並みにわずかに雲、それ以外に雲なし_IMG_0829_s.JPG

 

11時10分、志賀沖観測塔の北側を通過。

 

11時27分、風は北東、良い風で沖島目指しクローズホールドで快走。

2017-06-15_1127_クローズホールドで快走_IMG_0833_s.JPG

 

11時30分、風が北東から僅かに東に振れて、このままでは沖島北西端を躱せないので、タックして北上。

 

最初の昼食。家から持参したおにぎり(梅干し、おかか入り)を食べる際に海苔で巻いたもの。ボイルしたウィンナソーセージ。これは毎度同じです。今は、風が良いので何時ものカップヌードル作りはパス。

 

11時42分。西から高速で航走してきた鮎漁の漁船が、スターンを通過。

2017-06-15_1142_鮎漁の漁船が高速で追い抜いてゆく_IMG_0836_s.JPG

 

11時48分、スタボータックのクローズホールドで北上中のセールをバウから見上げたところ。

2017-06-15_1148_タックを変えて北上、セール_IMG_0840_s.JPG

同11時48分、ティラーを握るのはワイフ。

2017-06-15_1148_タックを変えて北上、ティラーを握り朋さん_IMG_0839_s.JPG

 

11時55分、タックして沖島北西端沖を目指します。

風は北東〜北北東と微妙に変わりましたが、程々の風が続いたので、この後50分ほどで沖島北側まで到達しました。

 

12時35分、沖島南西端を北からズームで見たところ。

2017-06-15_1235_沖島南西端を北からズームで見たところ_IMG_0842_s.JPG

 

12時42分、沖島北側。

2017-06-15_1242_沖島北側_IMG_0849_s.JPG

 

12時47分、沖島北側でタック。スタボータックのクローズホールドで北へ。この一時が今日一番風が弱かった。

2017-06-15_1247_沖島北側でタック_IMG_0852_s.JPG

 

12時53分、北小松方向を目指す。

 

風が少し弱くなって、ブロードリーチで艇のヒールもなく安定しているので、ギャレーでお湯を沸かしてカップヌードルを作って今日2度目の昼食。

 

13時13分、スタボータックのブロードリーチで快走。

 

13時57分、北小松沖合でジャイブし、ポートタックのブロードリーチで南下。

 

14時40分、西に観測塔を見て南下。

2017-06-15_1440_西に観測塔を見て南下_IMG_0875_s.JPG

風が良くなって快走。

西から雲が広がってきて、日射しが陰って随分楽になりました。

 

14時55分、志賀沖観測塔の東を通って暫く南下したところでジャイブして、志賀ヨットクラブを目指します。

14時57分、リーチングで志賀ヨットクラブへ向かう。

 

15時1分、志賀沖観測塔の南を通過。

2017-06-15_1501_志賀沖観測塔の南を通過_IMG_0878_s.JPG

 

15時10分、頭上と西側の空は一面雲に覆われてきました。

2017-06-15_1510_上空から西は雲に覆われてきた_IMG_0882_s.JPG

 

15時14分、志賀ヨットクラブか近くなったところで最後のリーチングの快走。

2017-06-15_1514_リーチングで最後の快走_IMG_0884_s.JPG

 

15時20分、エンジンを掛けてセールを下ろす作業に入りました。

ジブを降ろす最中に風に煽られたラフが顔の左に当たった途端、オーバーサングラスが飛んで水中に没しました。跳ね跳んだのはオーバーサングラスだけで、眼鏡は無事で良かった。

 

15時35分、入港着桟。

帰港後、上架作業中にクラブハウスでシャワーを浴びました。その後、船台に載った艇のデッキに上がって、後片付けをしました。

気温は30度近いのですが、風があるので案外涼しく感じます。まだ、真夏のような地面の火照りがないからでしょう。

 

16時30分、クラブを後にしました。

16時36分、農道から緑が濃くなった田圃と地面から立ち上る靄に霞む比良の山並みを見たところ。

2017-06-15_1636_緑の稲と霞む比良の山並み_IMG_0888_s.JPG

 

17時1分発の京都行に乗り、山科で普通(高槻から快速)に乗り換え、大阪駅で下車。阪急に乗り換え塚口に着いたのが18時45分。

18時50分に帰宅。

 

今日は、天気予報の風とは大違いの北北東〜北東の程良い風で快適なセーリングが楽しめました。

 

今日のセーリングの軌跡です。GPSのTRKデータをGoogle Earthで読み込んで表示しました。

GRSのトラッキングデータをGoogle Earthで表示
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示

 

JUGEMテーマ:マリンスポーツ

| ヨット | 22:31 | comments(0) | - |
2017年6月9日の琵琶湖は、梅雨はどこへ行ったかと思える上天気

2017年6月9日(金曜日)。琵琶湖でのセーリング。一昨日梅雨入りということだったのですが、今日の天気予報ではその気配はなくて一日中晴れマーク。

今朝のYahoo!天気(近江八幡市のピンポイント天気)から。

2017-06-09_Yahoo!天気_近江八幡市_ts.jpg

志賀ヨットクラブのライブカメラで見た今朝の琵琶湖に様子。

2017-06-09_志賀ヨットクラブカメラ_ts.jpg

濃霧の注意報が出ているくらいなので、風は期待できないかもしれません。

 

何時もの通り、7時半過ぎに家を出て、JR尼崎駅で近江今津行の新快速に乗り換え。平日だと、大阪駅で大半の乗客が下車するので

二人がけの席が確保できます。これで堅田までゆっくり座って読書しながら行けます。

9時18分、JR和邇駅到着。

志賀ヨットクラブまで農道を歩いてゆきます。

9時30分、水を張った田圃に映る比良の山並み。

2017-06-09_0930_田圃に映る比良の山並み_IMG_0674_s.JPG

今日は空気が澄んでいて、景色がくっきりと見えます。

9時40分、志賀ヨットクラブに到着。

 

先着の2艇が出港してゆきました。

 

早速船台上の艇のデッキに上がり、燃料ホースの接続、バッテリーの接続、舫いとフェンダーの準備、ジブセール(今日は110%のレギュラージブ)のセット、メインセールのカバーを外してハリヤードをセット等などのセーリングの準備を終えて、下架して貰いました。

 

10時18分、前回同様、乗艇したままマリンホイストで吊り下げて、即出港。今日のセーリング計画は、沖島往復、最終帰港予定時刻は16時30分で出港届を出しました。

 

10時21分、志賀ヨットクラブを後ろに。

2017-06-09_1021_出港直後の志賀ヨットクラブ_IMG_0676_s.JPG

北の比良の山並み。

2017-06-09_1021_出港直後の比良の山並み_IMG_0675_s.JPG

 

10時24分、エリの外に出たところで早速セールを揚げました。風は東、ポートタックでセールを揚げ、クローズホールドで南東方向へセーリングを開始。

 

10時33分、東の風ポートタックのクローズホールド。

 

10時55分、風が少し北に回って北東の風になったので、タックしてコースを北に取りました。

2017-06-09_1055_タックして北を目指す_IMG_0682_s.JPG

10時55分、東の空と雲の様子。

2017-06-09_1055_東の空と雲_IMG_0683_rts.JPG

 

11時5分、左舷側をモータークルーザーが追い越してゆきました。

2017-06-09_1105_左舷側を追い越してゆくモータークルーザー_IMG_0684_s.JPG

 

11時30分、タックして東にコースを取ります。

お湯を沸かして昼食の準備を開始。何時もの通り温かいカップヌードルをスープ代わりにします。海苔で巻いたおにぎり、ボイルしたウィンナソーセージ。この辺りは毎度同じです。

 

11時45分、タックして北にコースを取ります。

 

12時丁度、タックしてコースを東に、沖島南西端沖を目指します。

ここから2時間弱、ワイフはキャビンで昼寝。


12時9分。12時にタックしてから徐々に風が弱まってきました。

 

12時25分、風がすっかり落ちて湖面が鏡のようになり、僅かにある北東風で沖島南端目指して何とかクローズホールドを維持。

偶に微風が来ますが続きません。艇速は何とか3.0km/h。

 

13時1分、ベタ凪と北東の伊吹山。

2017-06-09_1301_ベタ凪、北東の伊吹山_IMG_0696_s.JPG

 

13時15分、北東の風が少しずつ回復してきました。

 

13時41分、風が少し北に振れ良くなってきてクローズリーチで快走。

艇速は、7km/hと快適です。

しかし、何時風が落ちるかもわからないので、時間的にはそろそろ帰りのレグに入らなければなりません。

 

13時52分、沖島南西端に近づいてはいますが、未だ少し距離があります。

2017-06-09_1352_沖島南西端接近_IMG_0704_s.JPG

13時53分、湖東の山肌の緑が綺麗。ズーム。

2017-06-09_1353_湖東ズーム_IMG_0708_s.JPG

13時53分、南に見える岡山をズーム。

2017-06-09_1353_岡山ズーム_IMG_0710_s.JPG

13時53分、岡山の西隣に近江富士も見えます。ズーム。

2017-06-09_1353_近江富士ズーム_IMG_0711_s.JPG

今日は、四周の景色がくっきり見えます。

 

13時55分、昼寝のワイフを起こして、ジャイブして帰路に就きます。

コースは西尾北に、ブロードリーチで速度重視。風が少し弱くなってきて艇速は5km/hまで。

ここから暫く、ワイフがティラーを握って、私はセールの陰になる左舷デッキで30分弱の昼寝。

14時44分、デッキに寝転んで見上げたメインセールと空。

2017-06-09_1444_デッキに寝転んで見たメインセール_IMG_0714_s.JPG

15時、ジャイブして南下。

風が弱くなりそうなので、ジブからジェネカーに変えることにしました。

15時6分、ポートタックでジェネカーを揚げました。

2017-06-09_1506_ジェネカーを揚げた_IMG_0719_s.JPG
15時9分、ジェネカーでのセーリング。

 

15時25分、ジャイブして一路志賀ヨットクラブへ。

 

15時38分、志賀沖観測塔の南を通過。

2017-06-09_1538_志賀沖観測塔の南を通過_IMG_0735_s.JPG

 

15時44分、帰路は快調なジェネカーでのセーリング。風が最後まで持ちそうです。

2017-06-09_1544_ジェネカーで志賀ヨットクラブへ_IMG_0737_s.JPG

 

16時4分、志賀ヨットクラブ沖でセールを降ろしました。

 

16時20分、帰港着桟。

 

汗をかいたので直ぐにシャワーを浴びました。その後、上架された艇の上で、ジブとジェネカーの片付け、ロープ類の始末、バッテリー、燃料などの始末等をやりましたが、雲が増えて陰った上に風があるので案外涼しく作業ができました。

17時20分過ぎに、クラブを後にしました。

 

17時45分の京都行の普通に間に合いました。

山科で新快速に乗り換え、大阪駅で下車、阪急神戸線に乗り換え。

19時35分、自宅に着きました。

 

今日は、復路のジェネカーでのセーリングが快適でした。

 

今日のセーリングの軌跡です。GPSのTRKデータをGoogle Earthで読み込んで表示しました。

GRSのトラッキングデータをGoogle Earthで表示
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示

 

JUGEMテーマ:マリンスポーツ

| ヨット | 23:55 | comments(0) | - |
2017年5月31日、雨のやって来る前に快適セーリング

2017年5月31日(水曜日)。先週の水曜日は琵琶湖でセーリングのつもりだったのですが、出発直前に雨になり中止。今日も午後の早い時間帯に天気が崩れそうな予報です。

Yahoo!天気での琵琶湖のピンポイント予報。

2017-05-31_琵琶湖天気.jpg

これだと、午後一番には弱雨になりそうな予報です。

weathernewsの堅田のピンポイント天気では、こんな予報。

2017-05-31_ウエザーニュース堅田.jpg

こちらでは15時頃まではなんとか持ちそうな予報。しかし、午後の局地的な強雨・雷雨・突風に注意というところが気になります。

今朝(6時50分頃)の志賀ヨットクラブのライブカメラで見た琵琶湖の様子。

2017-05-31_志賀ヨットクラブカメラ.jpg

風はほとんど無く、波もありません。

 

今日は兎に角出かけて、遠出はせず、天気の変化を見ながら雨になりそうなら早めに切り上げるということにしました。

7時30分過ぎに自宅を出て、JR塚口駅へ向かいます。この時間帯ではもう強い日射しを浴びて結構暑いです。

尼崎駅で近江今津行の新快速に乗り換え。大阪駅で多く人が下車して空席ができ、何時もの通りゆったりと座れました。

座ってからお握りの朝食。

堅田駅で各駅停車に乗り換えて、和邇駅到着が9時18分。

農道を歩いて志賀ヨットクラブへ向かいます。

 

9時40分過ぎに志賀ヨットクラブに到着。

今日は、私達夫婦だけの貸し切りのようです。

燃料ゲージを見るとemptyが近いようなので、スタッフに補給をお願いしました。が、艇からタンクを持って降りて横から見るとまだ半分ほどあるようです。まあ、何時でも満タンに越したことはありません。手間ですが6リットル補給してもらいました。

 

10時20分出港。午後の天気の悪化を見込んで、今日は東は志賀沖観測等までとして、湖岸を南北に行き来する範囲でのセーリングという計画です。最終帰港時刻は15時。天気の模様を見てそれより早く帰港するつもりで出港届を出しました。

 

10時23分、出港直後、志賀ヨットクラブを振り返ったところ。

2017-05-31_1023_出港直後の志賀ヨットクラブ_IMG_0418_s.JPG

出港直後、北側の比良の山並み。

2017-05-31_1023_出港直後の比良の山並み_IMG_0417_s.JPG

まだ薄っすらと青空が覗いていますが、四周の視界は悪くて見通しは効きません。

東前方は、やっと志賀沖観測塔が見分けられる程度。ステイの間に観測塔があるのですが、このサイズに縮めると見えません。

2017-05-31_1024_出港直後の沖島方向(なんとか観測塔が見分けられる)_IMG_0419_s.JPG

白鬚沖は霞んで見えません。

2017-05-31_1024_出港直後の白鬚方向の視界_IMG_0420_s.JPG

南の守山方向の湖岸も霞んで見えません。

2017-05-31_1024_出港直後の和邇川河口方向の視界_IMG_0421_s.JPG

 

エリの東に出たところでセールを揚げました。今日はセルフタッキングジブを選択。風は東北東。ポートタックのリーチングで南東を目指します。

10時35分、南東方向へポートタックのリーチング。

程良い風で、快適なセーリングです。

 

11時55分、クローズホールドで東に向かいます。

 

11時17分、南から琵琶湖汽船の「湖の子」がやってきます。

2017-05-31_1117_湖の子_IMG_0425_s.JPG

ここでタックして北に向かいます。スタボータックのリーチング。

 

11時21分、快適なリーチングで北に向かっています。

 

11時23分、左舷後方の大型セーリングクルーザーをズーム。

2017-05-31_1123_左舷後方に大型艇_IMG_0428_s.JPG

 

11時30分、昼食の準備にかかります。カセットガスコンロでお湯を沸かしカップヌードルを作ります。

11時37分、昼食。カップヌードルの他には、海苔で巻いたおにぎりと、ボイルしたウィンナソーセージは何時もの通り。

2017-05-31_1137_昼食_IMG_0432_s.JPG

今日はこの他にナッツと八朔もあります。

 

11時45分タックして、ブロードリーチで南南東の野洲川河口方向を目指します。

11時49分、後方を東に向かって琵琶湖汽船の「megumi」が行きます。

2017-05-31_1149_琵琶湖汽船のmegumi_IMG_0433_s.JPG

 

12時10分、再びタック、スタボータックのビームリーチで北西のコースへ。

12時11分、志賀沖観測塔の南西側をビームリーチで快走。

 

12時30分、青柳浜が近くなるころ風が少し弱まってきました。

12時43分、青柳浜の南。

2017-05-31_1243_青柳浜_IMG_0441_s.JPG

12時45分、青柳浜南の「プレジャーボート航行規制水域標識」。

2017-05-31_1245_青柳浜の南に接近(プレジャーボートの航行規制水域標識)_IMG_0443_s.JPG

ここでジャイブして湖岸沿いに再び南へ向かいます。

 

10分ほどしたら再び風が良くなってきました。波は無くリーチングで7〜8km/hほどの快適な走りです。

 

志賀ヨットクラブ沖を通過して南へ。

13時45分、和邇川河口沖を少し過ぎたあたりで、タックして志賀ヨットクラブへ向かう帰りのレグへ。

13時53分、和邇川河口沖を志賀ヨットクラブを目指してビームリーチで快走。

 

14時9分、比良の山並みの向こうに夏の雲、小型の積乱雲のようです。

2017-05-31_1409_志賀ヨットクラブが近い・比良の山並みの向こうに積乱雲_IMG_0462_s.JPG

西の空は1時間ほど前と比べると少し明るく見えますが、南の守山や野洲の方向は暗くなって視界が悪く上空が黒っぽい雲に覆われています。天気予報のとおりに東から天気が変わりそうです。

 

14時15分、志賀ヨットクラブ沖に近づいたのでセールを降ろしました。

 

14時25分、帰港・着桟。

シャワーを浴びてさっぱりしてから、上架された艇に登ってコクピットとセールの片付け。

東〜南東の湖岸から雷鳴の轟が途切れずに聞こえてきます。雷雨か近づいているようです。

15時25分過ぎにクラブを後にしました。

 

遠くの南東の空が暗くなり、雨が降っているようです。

15時50分、和邇駅に着く直前にパラパラと小粒の雨が身体に当たるのを感じました。

和邇駅のホームで列車を待っていると、15時55分頃湖岸の南東方向が暗くなり大粒の雨がパラパラと音を立ててやって来ました。しかし、この辺りが雨域の北西側の外れだったようで、雨はそれより強くなることはなく直ぐに弱くなり止みました。

16時1分の京都行に乗車。

山科で新快速に乗り換え。

大阪で下車。阪急神戸線へ。

17時50分、帰宅。

 

今日のセーリングの航跡(GPSのデータ)をGoogle Earthで表示してみました。

GRSのトラッキングデータをGoogle Earthで表示
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示

 

今日はセーリング時間は4時間と短めでしたが、程良い風で快適に過ごせました。

切り上げ時もタイミング良く雨にも合わず、これもラッキーでした。

 

JUGEMテーマ:マリンスポーツ

| ヨット | 22:52 | comments(0) | - |