KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< COMODO Firewall 再び update | main | 2009年5月19日の花、オリーブ、ビヨウヤナギ、ラベンダーセージ、ザクロ >>
Bishop3D が Release Candidate になった
2009年5月16日(土曜日)。お気に入りのPOV-Ray専用3Dモデラーの『 Bishop3D 』ですが、昨日一杯で beta 版 が expire しました。
Bishop3D expired

そこで Bioshop3D 正式サイトのダウンロードページを覗いたら、新しいバージョンがアップロードされていました。しかも、なんと beta 版から Release Candidate 版に昇格しているではありませんか。
Release Candidate
早速ダウンロード。ダウンロードファイル名は、bishop3d10rc1setup.exe でした。

これを実行します。
セットアップするパソコンの OS は Windows XP Pro x64 Edition で、今までの Bishop3D ベータ版では x64版の POV-Ray 3.6 とコミュニケートすることが出来ず、Bishop3D 側から直接 POV-Ray を使ってレンダリングすることは出来ませんでした。Bishop3D の Forum を見ている限りでは、これが解決されたような話は出ていなかったのですが、どうなっているでしょうか。

セットアップ開始
Bishop3D 1.0.3.8 RC というバージョン表記になっていますね。前beta が Bishop3D 1.0.3.7 beta でしたから、続きの連番表記です。

ライセンス
もちろんライセンスには同意。


インストール先のフォルダを指定。ベータ版の Bishop3D を入れていたフォルダを指定して、上書きしてみます。今までの beta 版の更新も上書きでやって来ましたので。

上書きの確認
既存のフォルダにインストールしてもよいかという確認。


スタートメニューフォルダの選択。

アディショナルタスクの選択
アディショナルタスクの選択。


POV-Ray 3.6 のインストールされた位置を見つけることが出来なかったというエラーメッセージですが、これは無視して続けます。32bit版の POV-Ray 3.6 を入れた Windows Vista (Windows XP)では全く問題なく見つかりこのメッセージは出ません。

インストール準備完了
インストールの準備完了。インストールを開始します。

テンプレート
新しいシーンファイルのテンプレートの上書き確認。これは私の場合「いいえ」を選択します。座標系を左手系(X軸=右+、Y軸=上+、Z軸=奥+)に設定替えしているからです。

終了
終了しました。

起動して、バージョンを確認しました。
Bishop3D v1.0.3.8rc1
従来の beta 通り、この Release Candidate も30日で expire するようです。

Modeller Settings の POV-Rayタブで、起動する POV-Ray の実行ファイルを指定しました。POV-Ray の x64版である pvengine64.exe です。
モデラー設定
今までの beta でもこれを指定しているのですが、POV-Ray を起動させることは出来てもシーンファイルを直接レンダリングさせることは出来ませんでした。さて Release Candidate では? 

オペレーションエラー
やっぱり POV-Ray は起動しても上記のようなエラーが出てシーンファイルを受け渡すことは出来ませんでした。
POV-Ray の pvengine.ini での [GUIExtensions]の Bishop3DPovComm.dll の位置指定も 32bit版に倣って正しく設定しているのですが。
Modeller Settings の POV-Rayタブで、Startup Delay をデフォルトの4秒から10秒に増やしたりしても同様です。やはり 32bit版 Bishop3D から 64bit版 POV-Ray を呼ぶコミュニケーションに用いられる dll上 の問題は解決されていないようです。

しかし、使い勝手としてはちょっとだけ不自由ですが、beta版でやっていたように Bishop3D から POV-Ray 形式でエクスポートしたファイルを、手動で起動しておいた POV-Ray で読み込みレンダリングする方法で使うことが出来ます。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| CG | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://koka60.jugem.jp/trackback/1286