KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    KOKA (09/14)
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    gumin (09/14)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/12)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/12)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2009年9月1日の花、アンデスノオトメ | main | iGoogle の微妙に間違ったガジェット >>
蒸気機関車 形式9600、モデリング中
先週末から新しい蒸気機関車をモデリング中です。と言っても 3DCG での話で、使用するソフトは "POV-Ray" です。
モデルは、1913年(大正2年)に日本国内の技術だけで設計、製造し量産された貨物列車用の蒸気機関車9600型。WEBで見つけた写真と書籍の中で見つけた縮尺75分の1の側面図だけが頼りのモデリングですから、かなりいい加減ですが。しかし、分からないところが出てきたら、京都の梅小路蒸気機関車館に9600型の本物が展示されていますので、そこで確認するという手もありますね(^_^)。

今日までで出来たところ。
SL9600 19-19-02

今回、新しく使った object に isosurface で作ったメッシュがあります。
化粧煙突の上部にメッシュを付けてみました。
煙突 メッシュ
このメッシュは、次のようにして作成しました。
isosurface {
function{
f_mesh1(
x,y,z,
0.45, // distance between neighboring threads in the x direction,
0.30, // distance between neighboring threads in the z direction,
0.15, // relative thickness in the x and z directions,
0.05, // amplitude of the weaving effect,
0.25 // relative thickness in the y direction
)
}
contained_by { sphere {0,20.5} } // 半径20.5で切り取り
threshold 0.01
max_gradient 8
translate< 54,228+27,0> // 煙突の上部に移動
}

蒸気ドームは、"Bishop3D" を使ってモデリングし、POV-Ray に取り込みました。
そのモデリングの様子。
Bishop3D で蒸気ドームのモデリング
POV-Ray形式にエクスポートした中身は次のようです。
sor {
10
< 2.118, -0.498 >
< 2.082, -0.260 >
< 2.012, -0.123 >
< 1.895, 0.030 >
< 1.797, 0.302 >
< 1.703, 0.568 >
< 1.518, 0.785 >
< 1.091, 0.915 >
< 0.121, 0.992 >
< 0.018, 1.004 >
}
滑らかな曲線の回転体が sor で出来ました。

まだまだ、シリンダーや駆動系や各種パイプなどの細かなモデリングを要する部分がたくさん残っています。もう暫くかかりそうです。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| CG | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://koka60.jugem.jp/trackback/1502