KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< POV-Ray で作った 給水スポート | main | 「My Yahoo!に追加」ボタンの画像URLが変更されていた >>
超小型デイパック、"GREGORY DIABLO" を購入
昔はゲレンデでスキーをする時にリュックを背負っていることは滅多にありませんでしたが、最近では何時でも小型のデイパックを背負っています。ここ3〜4年は先日の記事『 デイパック GREGORY TALLAC 18 を買いました | KOKAのつぶやき 』で触れた "JACK WOLFSKIN" の容量15リットルあるいは18リットルのサイズの物の半ばをベルトで半分に絞って背中に密着するようにして背負っていました。昔はゲレンデで滑るときにはウエアのポケットに財布を入れているくらいで他に荷物などは持たなかったのですが、最近では携帯、コンパクトデジカメ、眼鏡(老眼)、サングラス(度入り)にたまにはエネルギー補充用の甘味食品やペットボトル飲料などを持参しますので小型のデイパックが手放せないのです。

先日購入した "GREGORY TALLAC 18" もこのスキーで使える範囲のサイズなのですが、やっぱり少し大きめですから中間をベルトで絞ったりして使うことになります。やっぱりスキー(ゲレンデ)専用の極小サイズのデイパックが欲しくなります。
そこで、WEB上であれこれ検索してみました。結局、前回と同じ "GREGORY" のアクティブトレイルシリーズ(アドベンチャーレース、トレイルランニングのために開発された専用モデル)から最小サイズの "DIABLO"(容量6リットル)を選択し、26日にネットショップで購入申込みをしました。
ショップが年末休みに入る時期ですから出荷が何時になるか分からなかったのですが、何とか最終営業日の28日には出荷され、昨日(12月29日)に宅配便で届きました。

次の写真の左側がその "GREGORY DIABLO" です。
GREGORY DIABLO 表
右は先日購入した"GREGORY TALLAC 18"。並べてみると"DIABLO"が小さいことが良く分かります。
裏側(背側)はこんな風です。
GREGORY DIABLO 裏
バックパネルは布地の表面がメッシュで覆われていて柔らかです。"GREGORY TALLAC 18" のような背中のカーブに沿った堅めのバックパネルではありませんから、転倒時の背中・背骨のプロテクション効果は無さそうです。
しかし、柔らかいので身体にぴたりと沿って密着します。しかもショルダーハーネスの取り付け部、ウエストベルトの取り付け部に伸び縮みするクッション材が使われていますので、上体を曲げたり捻ったりしてもパック全体が身体の動きに追従して伸び縮みし、実に快適なフット感です。
ファスナーを開けたところ。
GREGORY DIABLO 開けたところ

ゲレンデのお供はこの"GREGORY DIABLO"で決まりです(^_^)。

JUGEMテーマ:スキー&スノボー
| スキー | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://koka60.jugem.jp/trackback/1679