KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 2010年12月5日の花、コギク | main | 2010年12月6日の花、ヒイラギ、サザンカ >>
家庭内LANをGigabit対応にした
2010年12月4日(土曜日)にAmazonで注文したGigabit対応のスイッチングハブとGigabit対応のLANケーブルが届きました。
Gigabit対応のスイッチングハブとGigabit対応のLANケーブル
スイッチングハブは、corega(アライドテレシス(株)) 8ポート Giga 電源内蔵 スイッチングハブ 節電機能 Jumbo Frame対応 ホワイト CG-SW08GTX2W。
LANケーブルは、ELECOM GigabitスーパーフラットLANケーブルで、10mが1本、5mが2本、3mが2本です。

2階に設置しているCATVのモデムには、Gigabit対応有線ルーター(corega CG-BARPROG-X)が既に繋がっています。これは、2009年1月にそれまで使っていたブロードバンドルーター(BUFFALO Broad Station BLR3-TX4、2002年11月購入)が壊れたので、将来を見越して購入しておいたものです。その時の記事はこちら。『 GIGAビット対応有線ルーター(corega CG-BARPROG-X)が届いた | KOKAのつぶやき
その時LAN環境を全部Gigabit対応に替えれば良いようなものですが、その当時LANに繋いでいる7台のPCの中1台は10MBps、3台が100MBps、3台が1000MBpsで、2台の5ポートHUB(100MBps)を介して100MBpsのケーブルで繋いでいましたし、遅いPCの使用頻度も相当高かったので、そのままで暫く使い続けました。

結局、古くて遅いPCが徐々に引退して、現在は3台が1000MBps、2台が100MBps(1台はバックアップ用で常時繋いでおく必要はありません)で、主に使うのは3台の1000MBpsという構成です。こうなると、LAN内のファイル転送やPC間でのファイルの同期などの遅いのが気になってきます。

そこで、一気にLANの接続環境を全てGigabit対応のものに変更することにしたのです。
2階のGigabit対応有線ルーター(corega CG-BARPROG-X)
Gigabit対応有線ルーター
これと、新しく購入して1階に置いた8ポートスイッチングハブ(corega CG-SW08GTX2W)
1階に置いた8ポートスイッチングハブ
を10mのケーブルで繋ぎ、このスイッチングハブに1階の3台のPCを繋ぎ替えました。
2階の2台のPCは、2階のGigabit対応有線ルーターの3個の空きポートを使います。

今までの1階は、5ポートの2台のハブの電源コードや使わなくなった古いケーブルも入れて7本のLANケーブルが縺れ合っていましたから、配線は一大分すっきりしました。

新しく繋いだPCでの接続状況です。
ギガビットで接続
ギガビットで繋がっています。

PC間でのファイル転送は、一気に速くなりました。
画像管理・編集用のソフトにはPaintShopProを使っているのですが、PC間でのディレクトリの表示は、ローカルと変わらず一瞬、別PCにある大きな画像ファイルを開くのも今までと比べるとかなり速くなりました。ローカルでは4MBくらいのJPEGファイルでも一瞬で開きますが、これがリモートの場合はスーっと開く感じです。ちょっと読み込む間があるかなと言う程度で、待たされるという感じはまるでありません。
快適になりました。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| パソコン | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。