KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2012年2月14日の花、チューリップ | main | 2012年2月15日の花、ユリオプスデージー >>
PoseRay 3.13.15 Beta が公開されたので早速試してみました
2012年2月14日(火曜日)。つい先日(2012年2月8日)、PoseRay 3.13.15 Beta が公開されたので早速試してみました。
昨年5月にv3.13.14 beta になってから9ヶ月ぶりのマイナーバージョンアップです。

PoseRay の公式サイトはこちら。『 PoseRay

Beta と言う表現になっているのは、対応する POV-Ray のバージョンが V3.7 で、このPOV-Ray v3.7 が Beta であるので PoseRay 側もバージョンに Beta と表現しているということです。アプリケーションとしては安定しているようで、POV-Ray v3.6対応の正規版と同様に問題なく使えているように思います。

早速インストールして使ってみました。

PoseRayの公式サイトにある更新情報によると、次のような機能追加・変更があるようです。
Changes in 3.13.15 beta:

Added an import filter functionality to process materials based on their names.
Added entry for POV-Ray diffuse value for each material
Added entry for image map gamma correction (default sRGB)
Added color gamma correction toggle between sRGB and RGB for each material
Default light is now a point light at the center of the scene.
Put back in the circular lights for soft shadows

動かしてみて、見た目に変化(追加)されているところは、例えばこんなふうな変化です。
Materials Editor タブ内の Image Map の設定画面です。丸印を付けたところが追加された部分。
Materials タブ
sRGBに対応しています。

データをPOV-Rayのシーンファイルに変換してからの最終レンダリングは POV-Rayv3.7の最新版である RC4 sanity-check版を使いました。

データは、今日 "ShareCG" のサイト(『 Welcome to ShareCG.com 』)で見つけたばかりのものです。
ShareCG ダウンロード データ
「Yokosuka E14Y1 "Glen"」という名称のデータで、フォーマットは OBJ (.obj)。第2次大戦中の日本の小型水上機のようなので、"Yokosuka E14Y1"で検索してみたら、次のようなページが見つかりました。『 零式小型水上偵察機 』。これに拠ると「零式1号小型水上偵察機(E14Y1)」ということのようです。

このデータをロードしてみました。しっかりと読み込めました。
プレビュー画像は次のような具合です。
プレビュー画像
データの変更は全くせずに、POV-Rayの出力もデフォルト状態で、直ぐにPOV-Ray Output タブから Export → Save and Render へと進めました。
POV-Ray シーンファイルの出力に5秒ほど、続いてPOV-Ray v3.7RC4 が起動して1秒ほどで画像が表出されて終了。
POV-Ray 起動、レンダリング
これがPOV-Rayの出力画像。
POV-Ray レンダリング 画像

この"Yokosuka E14Y1"フォルダーを覗いてみると、次のようになっています。
Yokosuka E14Y1フォルダー
E14Y1_2012_02_14_14_47_33.png これがPOV-Ray の出力した画像。
E14Y1_POV_geom.inc PoseRayがexportしたPOV-Ray用の Geometry mesh list データのインクルードファイル。
E14Y1_POV_main.ini PoseRayがexportしたPOV-Ray用の実行時各種パラメータ指定ファイル。
E14Y1_POV_mat.inc PoseRayがexportしたPOV-Ray用のマテリアル関係のインクルードファイル。
E14Y1_POV_scene.pov PoseRayがexportしたPOV-Ray用のシーンファイル。

便利ですね。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| CG | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://koka60.jugem.jp/trackback/3165