KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2012年9月6日の実、コムラサキ | main | 2012年9月7日の花、バンマツリ、マリーゴールド、アレチハナガサ、ツユクサ、カンナ >>
尼崎市内(猪名川沿い)でもセアカゴケグモが見つかる
セアカゴケグモは、噛まれると神経性の毒を注入され、暫く時間を置いて痛みが咬まれた四肢全体に広がり痛みも強烈になるという危険な毒グモです。外来種で、オーストラリア由来であるとのことです。

これが、尼崎市戸ノ内町の猪名川に架かる橋・戸ノ内橋東詰付近の川沿いのコンクリート製のり面の排水管付近で100匹以上見つかり駆除されたということです。
私の住んでいる尼崎市内ですし、猪名川の戸ノ内橋東詰付近といえば、私が良くサイクリングで使う土手道と河川敷内の道に当たります。ここを経由して藻川+猪名川巡りをしたり、神崎川の両岸を経由して淀川へ出たりもします。
既に淀川河川敷周辺ではセアカゴケグモが何度も見つかっていて、今度は猪名川土手周辺で見つかったのです。ということはその中間にある同じ水系の神崎川周辺に生息していてもおかしくないということです。猪名川〜神崎川〜淀川の経路は、車と競合する一般道を走らずにサイクリングを楽しめる私にとってはありがたい場所なのです。そこに毒グモとは有難くない話です。

このセアカゴケグモは、淀川河川敷周辺で何度も生息が確認されています。次のサイトに「セアカゴケグモの淀川水系河川敷における記録」が詳しく載っています。『 昆虫情報処理研究会 - B-Wiki - セアカゴケグモ・淀川

私がサイクリングで尼崎市内から淀川へ向かう時には、良く神崎川沿いの「なにわ自転車道」を使います。神崎川は大阪府摂津市一津屋で淀川から分岐しています。
Google Map で見るとこの辺りです。
大きな地図で見る

この神崎川の分岐地点から淀川右岸河川敷内を鳥飼大橋の方へ向かう道路脇に大きな看板が立てられていて、毒グモ「セアカゴケグモ」がこの辺りで見つかったから注意するようにという警告が掲示されています。数年前にこの看板の掲示に気が付いていました。最初にこの掲示を見たときは、毒グモのインパクトが強かったので印象に残っていましたが、その内に見慣れたのか今では風景に溶け込んでしまった感じです。ですが現在も掲示されていると思います。

猪名川、神崎川、淀川周辺の河川敷内のサイクリングの時には、「セアカゴケグモ」に注意ということですね。

JUGEMテーマ:スポーツ
| サイクリング | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://koka60.jugem.jp/trackback/3608