KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2013年1月23日、26日のメジロ | main | 伊丹市緑ヶ丘公園まで朝の散歩 >>
パノラマ写真の360度スクロールJavaスクリプト("360sc3.js")の組み込み方を変えた
2013年1月26日(土曜日)。自分のホームページにパノラマ写真のページを設けているのですが、その一つ「パノラマ写真館」は12年も前から使っているJavaアプレットでエンドレスに自動スクロールするようになっています。そしてもう一つの「パノラマ写真別館」は、『瀬戸の夜景』サイトのオーナー"M.Murakami"さんの作られたJavaスクリプトで自動スクロールするようになっています。

2〜3日前に、その「パノラマ写真別館」の方の360度スクロールの動きに不具合が生じているのに気が付きました。この360度パノラマ写真をエンドレスに自動スクロールさせるJavaスクリプトは、『瀬戸の夜景』サイトのオーナー"M.Murakami"さんが作られたものをお借りしています。

そのJavaスクリプトを組み込んだ私の「パノラマ写真別館」の画像表示に不具合が生じたのは、Google Chrome で表示した場合です。Internet Explorer 8、Firefox 18.0.1では問題なく表示できていました。

その不具合とはどういうものかというと、現時点(2013年1月26日)の最新の正式版 Google Chrome バージョン 25.0.1364.45 mで見ると、こんな風になってしまいます。
Google Chromeでの不具合
これは、『瀬戸の夜景』サイトでのJavaスクリプトの組み込み方を説明するページなのですが、本来なら次のように見えるべきものです。
Firefoxは正常に表示
キャプチャした画像では静止画ですが、実際には自動でスクロールしています。

上の Google Chrome で、同じ画像が上下にダブって見えているのには次のような理由があるように思えます。

最近の各ブラウザーは、HTML5に準拠しようとバージョンアップの度にその対応の度合を進めてきています。Google Chromeは、最もバージョンアップの頻繁なブラウザで、内部仕様の変化は目まぐるしいものがあります。そして、HTML5の仕様では、<NOBR></NOBR>タグは廃止される予定とのことです。

そして、『瀬戸の夜景』サイトの360度スクロールJavaスクリプトの組み込み方を説明するページのHTMLサンプルを見ると、次のようになっています。
360sc3 <NOBR>
画像の左端と右端がピタリと繋げるように作られた360度パノラマ写真を、左右に2つ並べてそれをWindowsの表示幅に合わせてスクロールさせ繋ぎ目の無いエンドレスな画像のように見せているのです。<NOBR>はNetscape Navigatorが独自に追加したタグで、<NOBR>と</NOBR>で囲まれた部分が、ブラウザやテーブルの横幅に関わらず改行無しで表示されます。(『HTMLクイックリファレンス』から引用)

<NOBR>タグが廃止になれば、<NOBR>は意味を持たず、<NOBR>と</NOBR>で囲まれた部分が「ブラウザやテーブルの横幅に関わらず改行無しで表示される」という機能が無効になってしまいます。多分、この関係で最新の Google Chrome では<NOBR>と</NOBR>が無効になり、左右に並んで見えて欲しかった画像が改行されて2段に分かれて見えてしまったのではないでしょうか。

そこで、『瀬戸の夜景』サイトの360度スクロールJavaスクリプト組み込み方を説明するページにある2番めのHTMLサンプル(<NOBR>を使わないHTMLサンプル)を利用してみました。
そのHTMLサンプル。
<NOBR>なしのサンプル
ここでの説明には HTML5 に対応と言うことではなくて、「新しいホームページ作成ソフトで<NOBR>に対応していない場合があります。」となっていますが、HTMLの内容としては、<NOBR>を使わないものになっています。
良く見ると、<TD nowrap>という記述があります。HTML5へのバージョンアップによる変更でこの nowrap属性も廃止されています。そこでこの nowrap属性を削除した形で、2番めのHTMLサンプルを使ってみました。

こうして改修した360度パノラマ写真ページを Google Chrome で表示したところ、一先ず上手く動作することが確認できました。Internet Explorer 8、Firefox 18.0.1でも問題なく動いているようです。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| WEB | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://koka60.jugem.jp/trackback/3934