KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2013年9月27日の花、スイフヨウ、コギク、アキノノゲシ、コスモス | main | 2013年9月28日の花、ハイビスカス、ウンナンアサガオ、ヒルガオ、オシロイバナ、メキシカンブッシュセージ、クジャクソウ、ケイトウ、シロハギ、トケイソウ >>
琵琶湖は快晴でも、今日はキャビンとデッキの大掃除
2013年9月27日(金曜日)。朝から雲ひとつ無い青空が広がって、気温も15度前後という爽やかさです。今日は昨日から予定していた通り、ワイフと2人勇んで琵琶湖へセーリングに出かけました。が、結果は一日、船台に載った陸置きの艇で、キャビンとデッキの大掃除をして終わりました。

昨日(26日)の琵琶湖は、台風20号の影響で北からの強風が吹きつのり白波が押し寄せる荒れ模様でした。
その昨日の15時6分、志賀ヨットクラブのライブカメラで見た琵琶湖の様子。


台風20号は、今日(27日)は東に遠ざかり日本海に移動性高気圧がやって来るので、琵琶湖は穏やかな風と波になると思っていました。天気予報でもそのようになっていました。
琵琶湖の天気予報
そして、今朝の7時27分、志賀ヨットクラブのライブカメラで見た琵琶湖は上天気。


この天気予報と、朝の琵琶湖の様子を見て期待して琵琶湖へ向かいます。何時もの通り、JR湖西線を利用しての琵琶湖行きです。
堅田駅を過ぎて小野駅が近くなり、北湖の湖面の様子が良く見えるようになりました。予想とは違って湖上はかなり風が強いようで白波が見えています。
天気は素晴らしい快晴です。

7時16分、和邇駅着。
志賀ヨットクラブへ向かう農道の向こうに見える比良の山並と、その上空の青空が美しい。
2013-09-27_0933_目の覚めるような青空と比良の山並_IMG_5035_s.JPG

9時40分、志賀ヨットクラブに到着。
沖合は北からの強風で、白波が南に向かっています。ところが湖岸近くでは風が南〜南東から吹いています。岸寄りと沖合では、かなり風向・風力にかなりの違いがあるようです。
朝のこの時点では、湖岸近くでも白波が立つほどなので、暫く風の様子を見ることにしました。セーリングの準備だけはしておこうと、陸置きの艇に上がってオーニングを解き、バッテリーを繋ぎ、キャビンから装備を出して準備を始めました。そして、トイレを点検しようと、キャビンとトイレ+フォクスルを仕切るドアを開けると、トイレの床が水浸しです。
今年に入って、2度ほど、強い雨の降った後に、同じ状態になっていました。前回9月13日に来た時にも、量は今日ほどではなかったのですが、同様にトイレの床に水が溜まっていました。
この位置です。
2013-09-27_雨漏り水溜りトイレ床_IMG_5049_se.JPG
今日は、今までで一番多くて、タオルで吸い取ってバケツに絞り入れて始末をしましたが、そのバケツに溜まった量が、これだけありました。
2013-09-27_1015_トイレの床_IMG_5042_s.JPG
トイレの真上に丸型のハッチがありますので、やはりこの辺りから水が侵入しているように思えます。

前回、帰る時にこの漏水の原因をハッチの防水パッキングの不具合に因る漏れではないかと予想していました。そして、その時にはハッチの周りのパッキングや金具の汚れやホコリ等を綺麗に落として、それでパッキングの密着度が上がり、ハッチのロックも強く確実に閉めたので、多分これで漏れてこないだろうと楽観的に考えていたのですが、今回それでも水が溜まっていたのでちょっとショックでした。

そこで、クラブのスタッフの方に相談しました。ハッチ周りを点検してもらうと、やはりハッチからの水漏れの可能性が高くハッチの蓋側に接着されているゴムのパッキングに問題があるようだと見当が付けられました。そこで、ホースでハッチ周りに放水して、どのような状態でどこから水が入るのかを確認することになりました。普通に上から水を掛けるだけではなかなか水が入って来ませんでしたが、ホースのノズルをシャワーからジェットに変えて、横方向からハッチに放水すると水が入ってくることが確認できました。
2013-09-27_1116_ハッチ右舷側四半分_IMG_5045_se.JPG
右舷側から放水したら、上の写真の丸印をした部分から内部に水が入ってきました。この部分のゴムパッキングの状態は、ヒンジ部分やバウ側部分と比べるとヘタリが少なく、その分浮いて隙間が出来ているのでは無いかと思われる、と言うことです。昨年までは一度もこのような事は無かったので、長年艇を使っている内にハッチや艇体そのものに歪が生じているのかもしれません。

取り敢えず、今回はこのハッチのゴムパッキングが当たるデッキ側の金属部分にゴムかスポンジのパッキングを追加して漏れが収まるかどうか試してみることになりました。部材の調達と工事をクラブにお願いしました。

そんなことをしている内に、10時40分を過ぎました。何時もなら出港してセーリングを開始している時刻です。
船台に載った艇のデッキから沖を見ると、まだ風は強く白波が立っています。朝方より、湖岸近くまで白波が寄ってきています。
暫く風の様子を見ながら普段は来れば乗るばかりで掃除の出来ていないキャビン内とバウデッキ、そしてできれば雨や埃で汚れの溜まっているコクピット内の水洗いをやることにしました。風が収まれば艇を出すつもりです。

ワイフは、バウデッキの拭き掃除とその後のワックス掛け。私は、キャビン内の荷物を移動させながらのゴミ(不要品)集めと拭き掃除。これはやり始めるとかなり根気のいる仕事です。蒸し暑い梅雨時、気温の高い真夏、寒い冬には出来ない(やりたくない)作業です。しかし、今日は汗を書くこともない適度な気温ですし、陸上では爽やかな風の吹く上天気ですから、正に掃除日和です。

そろそろお昼が近付いてお腹が減ってきたなと思える頃になりまし。10時頃と比べると風は東に振れて多少落ちてきたかなとは思えますが、それでもまだかなり強くて湖岸近くでも白波が見える状態です。
11時37分、デッキ掃除をしながら、相変わらず強い風で白波の立つ琵琶湖をコンデジで動画撮影してみました。

今日は、抜けるような青空です。昨日からの北寄りの風で空気が澄み切っているからでしょう、北から東の遠方の山並がくっきり見えます。沖島の後ろに見えるのが、霊仙山、沖島の左に見えるのが伊吹山。

この時点で、ワイフと相談して今日は、午後風が落ちたとしても出港はしないで、コクピットの水洗いまできっちり掃除をやり終えるということに決めました。

12時から、昼食にしました。キャビンの掃除中ですから、荷物を一杯に広げています。その中に隙間を作って、コンロでお湯を沸かし、昼食にしました。

洗艇の出来るヤードに引き出した艇は沖向きになっているのですが、うまい具合に風がバウのハッチから入ってコンパニオンウェイに抜けてくれるので、部分的に日差しの入るキャビン内もそれなりに涼しく過ごせます。
昼食後は暫く横になって休憩。狭いキャビン内での作業、デッキでのしゃがんでの拭き掃除・ワックス掛けですから、横になって腰を伸ばすのが実に気持ち良いです。

12時50分に午後の作業を開始しました。暫くしてキャビン内の掃除が終わり、コクピットに出していた荷物をキャビン内に収めて、今度はコクピットの水洗いに掛かりました。この水作業は、私一人で行いました。片手でホースを引きながら、もう一方の手の大型ブラシでコクピット床を擦って洗い流します。硬いブラシで擦ってやると、滑り止めの突起の間の汚れが取れて、みるみる白くなってゆくのが分かります。
こうやって艇が少しずつですが綺麗になってゆくと、だんだん欲が出てきます。ハルも綺麗にしたいという気になりました。しかし、今日は、ここまでで限界です。腕や腰が疲れてきました。

綺麗になったバウデッキ。
2013-09-27_1505_拭き掃除・ワックス掛け後のバウデッキ_IMG_5056_s.JPG

所々ゴミやホコリが溜まって黒ずんでいたところが無くなり、白くなったコクピット。
スターン側から見たところ。
2013-09-27_1504_水洗い後のコクピット_IMG_5055_s.JPG
バウ側から見たところ。
2013-09-27_1504_水洗い後のコクピット_IMG_5057_s.JPG

右舷側のスプレッダーを見上げると、女郎蜘蛛が大きな巣を張っていました。
2013-09-27_1551_右舷スプレッダー下に女郎蜘蛛の巣_IMG_5059_s.JPG
画像の真ん中に居る女郎蜘蛛を拡大トリミング。
2013-09-27_1551_右舷スプレッダー下に女郎蜘蛛の巣_IMG_5059_ts.JPG
これは艇に同居している蜘蛛ですから、蜂の巣とは違って特に邪魔にもならないのでこのまま住んでいただきます(^_^;)。

15時頃、一応今日の掃除は終了ということにしました。キャビンで、お湯を沸かしてコーヒーとバウムクーヘンで一休み。
コクピットが乾いたところで、オーニングを掛けて、今日の作業は終了。15時45分からシャワーを浴びて、荷物をまとめて帰る準備。
16時25分、クラブを後にしました。

JR和邇駅へ向かう途中の喜撰川の土手ではコスモスが満開。
2013-09-27_1646_喜撰川土手のコスモス_IMG_5076_s.JPG
毎年、地元の有志の方が育てておられるようです。

和邇駅を17時1分発の普通電車に乗って、自宅最寄りの塚口駅に着いたのは18時45分頃。
帰宅したのは、19時直前。
いつものセーリングだけの日より、肉体的疲労感がたっぷりある一日でした(^_^;)。

次は、ハルの水線より下の黄ばみ落としです。やる気の出てきたところで、早速帰り際に、クラブで黄ばみ落としの洗剤の注文もしてきました。やらねば。

JUGEMテーマ:マリンスポーツ
| ヨット | 23:01 | comments(3) | trackbacks(0) |
移動性の高気圧が日本上空なら穏やかな琵琶湖だったのでしょうが、日本海の北を通過。しかも台風20号崩れの勢力のある低気圧が日本の東海上にありましたから予報以上に一日吹き続けました。
午後には、風的には出ようと思えば出られたのですが、本格的に掃除を始めていましたからそちらに力を入れました。
| KOKA | 2013/09/29 1:28 PM |
秋の空は紺碧で絶好の日和でしたね、でもこんな日は強風が吹き荒れます。メンテナンスも楽しみの一つですね。
| WAKI | 2013/09/29 1:03 PM |
昨晩の内にこの記事はアップロードしたつもりだったのに、下書きのままになっていました(^_^;)。そろそろボケが入ってきたかな。
| KOKA | 2013/09/28 10:32 AM |









http://koka60.jugem.jp/trackback/4411