KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    KOKA (09/14)
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    gumin (09/14)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/12)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/12)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2014年4月8日の花、ダイコン、ツバキ、マーガレット、セキチク、ヒメスミレ、フリージア、ムラサキハナナ | main | 2014年4月9日の花、ベニバナトキワマンサク、トキワマンサク、チューリップ、シャクナゲ、ラッパズイセン、ツバキ、ジャノメエリカ、ツキヌキニンドウ、フレンチラベンダー、シジミバナ、ヤエザクラ、ヤマザクラ、タンポポ、コバノミツバツツジ、ツツジ、ドウダンツツジ、ポ >>
WEBから貰ってきた自動車の3DモデリングデータをPOV-Rayでレンダリング
2014年4月8日(火曜日)。3DCGのモデリングデータを公開しているサイトから、飛行機関係、帆船関係、蒸気機関車関係、自動車関係のデータをダウンロードして、POV-Rayでレンダリングして楽しんでいます。

ここ数ヶ月は、特に自動車のデータを中心に収集しています。自動車はメーカーとモデルが新旧いろいろあるので、WEB上で公開されている3Dモデリングデータも非常に沢山あります。既に数百種のデータが溜まりました。

その中から10車種を適当に見繕って、以前、複葉機を並べてレンダリングした時と同じようなシーンを自動車を使って作ってみました。
複葉機を並べてのレンダリング(2013年8月30日、『 コーヒーテーブルに複葉機を並べてみた | KOKAのつぶやき 』) 。
今回も同じビスケットの載ったコーヒーテーブルにスーパーカーやスポーツカーなどのプラモデルを並べたようなシーンを作成しました。
コーヒーテーブルにスーパーカーやスポーツカーなど10車種 小サイズ
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1080)の写真を表示

スーパーカー、スポーツカーなど10種は次のとおりです。
≪ Aston Martin One-77 ≫
Aston_Martin_One_77_POV_scene_ts.jpg

≪ Chevrolet Corvette C5 ≫
corvette_t1_POV_scene_ts.jpg

≪ Chevrolet Corvette C6 Tuned ≫
Chevrolet_Corvette_C6_Tuned_POV_scene_ts.jpg

≪ Ferrari 360 Spider ≫
Ferrari_360_Spider_e_POV_scene_ts.jpg

≪ Ferrari 575M Maranello ≫
Ferrari_575M_POV_scene_ts.jpg

≪ Ferrari F40 ≫
Ferrari_F40_POV_scene_ts.jpg

≪ Lamborghini Aventador LP700-4 ≫
Lamborghini_Aventador_LP700_4_POV_scene_ts.jpg

≪ Mazda RX7 veilside ≫
rx7_POV_scene_ts.jpg

≪ Mini Cooper cabriolet ≫
Mini_Cooper_Convertible_POV_scene_ts.jpg

≪ Porsche 911 Turbo ≫
porsche_POV_scene_ts.jpg

きちんとスケール合わせが出来るのは、WEB上で各車種のスペックが簡単に調べられるからです。
例えば、一番上の "Aston Martin One-77" の場合では、Wikipedia 英語版に次のようなスペックが載っています。

Aston Martin One-77

Aston Martin One-77 pictured at the 2010 Goodwood Festival of Speed
Overview
Manufacturer    Aston Martin
Production    2009-2012 (77 cars)
Assembly    Gaydon, Warwickshire, United Kingdom
Designer    Miles Nürnberger
Body and chassis
Class    Sports car
Body style    2-door coupé
Layout    FR layout
Powertrain
Engine    7.3 L V12
750 bhp (760 PS, 559 kw)
750 Nm (553 lb ft)
Transmission    6-speed automated manual
Dimensions
Wheelbase    2,791 mm (109.9 in)
Length    4,601 mm (181.1 in)
Width    2,204 mm (86.8 in) (inc mirrors)
Height    1,222 mm (48.1 in)
Kerb weight    1,630 kg (3,594 lb)

これで、全長が 4,601 mm だと分かります。

そしてレンダリングするに当たって、WEB上でダウンロードしてきた3Dモデリングデータを、"PoseRay"を使って”POV-Ray”形式にコンバートするのですが、コンバートした結果のPOV-Rayシーンファイルには、そのモデリングデータ(Aston Martin One-77)のPOV-Rayシーン上でのサイズが記されています。
こんな具合です。

//Bounding Box....... from x,y,z=(-3.260845,-2.99042,-7.15453)
//                      to x,y,z=(3.252321,0.8266876,7.190765)
//                 size dx,dy,dz=(6.513166,3.817108,14.34529)
//                  center x,y,z=(-0.004261971,-1.081866,0.01811767)
//                       diagonal 16.21046

size dx,dy,dz=(6.513166,3.817108,14.34529) の dz が全長に相当します。このファイルでは全長が14.34529 unit で表されます。

この10車種を同時に載せるシーンファイルでは、10車種全てで共通のスケールになるように、1mを1unitで表すことにします。
そこで、シーンファイル内部で "Aston Martin One 77"を表示する際に、次の様にスケールを計算します。

 scale 4.601/14.34529              // 1unit が 1m に相当


同様の全長調べとscale計算を各車種ごとに行って、スケール合わせができました。これも、WEBで各車種の全長が分かるから出来ることです。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ
| CG | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://koka60.jugem.jp/trackback/4801