KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 2014年4月17日の花、モッコウバラ、ツルバラ、ヤグルマギク、シバザクラ、セキチク、セイヨウジュウニヒトエ、ナガミヒナゲシ、ベニバナトキワマンサク、スミレ、オトメツバキ、キンギョソウ、ビオラ、キリシマツツジ、ウワミズザクラ、キリ、シロバナエニシダ、シャクナゲ | main | 2014年4月18日の花、ランタナ、ハナミズキ、ツバキ、キンセンカ、クンシラン、ムラサキハナナ、チェリーセージ、ノボリフジ、シロヤマブキ、ジャーマンアイリス、カラー、ムラサキツユクサ、ヤグルマギク、シラン、シラー・ペルビアナ、コデマリ >>
『超耐滑作業靴ハイグリップ』という靴をデッキシューズ代わりに買ってみた
2014年4月17日(木曜日)。3日前にネットで注文した「超耐滑作業靴ハイグリップ」が、午前中にクロネコヤマトの宅急便で届きました。

「超耐滑作業靴ハイグリップ」というのが何物なのかというと、ミドリ安全株式会社という安全靴などを作っている会社の製品で、宣伝文句を借りると、水や油で滑りやすいレストランの厨房、清掃作業の現場で絶大なる信頼を寄せられているグリップ性の非常に高い滑らない「作業靴」ということです。
タイトルに書いたように、これをデッキシューズとして履いてみようと思います。一般に「デッキシューズ」というと、ちょっと砕けたおしゃれ靴と受け取られるようですが、今回買ったものはおしゃれ靴とは無縁で、デッキシューズの本来の役割であるセーリングクルーザーに乗船した時に履くオンデッキ作業のための靴です。

届いた実物はこれ。
作業靴
靴底はこんな具合です。
作業靴 底

なぜ、この「超耐滑作業靴ハイグリップ」を選んだのかというと、次のような経緯があります。

今、乗船時に履いているデッキシューズは、3年前に買った「Rockport ハイドロ・セイル」というハイテク素材を使ったスニーカータイプのデッキシューズです。それを買った時のブログ記事はこちら、『 ネットで注文したデッキシューズとチェストハーネスが届いた | KOKAのつぶやき 』。
購入してから2年8ヶ月です。先週お花見クルージングで乗船した時に、これを履いたのですが、どうも違和感があります。なんというか、以前のようなグリップ感が無いのです。脱いで底に触ってみたところ、なんとなく硬くなった感じで、柔らかいゴムの吸い付くような感触がありません。ラバーソールが劣化して硬くなってきているようです。
前の艇(BUDDY3)に乗っていた時に、トップサイダーの安物を履いていたことがありますが、それは10年ほども履けました。今回は、なんとも寿命が短い気がします。ソフトラバーソールの寿命はこんなものなのでしょうか?
早めに新しいデッキシューズを購入することにしました。

そこで、カタログ通販の時代から良く利用してきた「舵社」のネットショップ「マリンショップ KAZI SEAPLAZA」で手頃なものがないか探してみました。

デッキシューズのページを開くと、見慣れた有名ブランドのデッキシューズが並んでいます。ブランド物だと、高いものは3万円以上、安いものでも1万円以上。

その中に、見慣れないブランドがありました。
見慣れないブランド
「ハイグリップ」となっています。
早速そこを開いてみました。
ハイグリップ
5400円の表示。以前履いていたものと比べると、価格は3分の1。
説明をよく読むと、デッキシューズとして作られたものではなくて「作業靴」です。
「作業靴」ですからデザインなど見た目は作業靴そのものです。でも、私の場合も町中で履くわけではなくて、乗船時にしか履かない、まさにオンデッキ作業靴が欲しいので、その点では、全く問題なし(^_^;)。
ネットでこの商品をサーチしてみたら、3000円台のショップもあったのですが、今回は溜まっていたポイントを使うので、「マリンショップ KAZI SEAPLAZA」で注文することにしました。
ブランド物のデッキシューズだと、ワイフが履けるような23cm前後の小さなサイズのものは滅多に無くて探すのに苦労します。ところがこの商品は、22cmから28cmまで0.5cm刻みでサイズが選べるので、ワイフのものも一緒に注文してみました。

届いたばかりのものを取り敢えず履いてみましたが、履き心地という点での感想は次のとおりです。

スポーツタイプのハイテク素材を使った今時のスニーカータイプのデッキシューズだと、(今まで履いていたRockportのハイドロ・セイルという靴もそのタイプなのですが)、履いた瞬間の足当たりがソールとアッパーの区別がなくて一体となって足を包む感じです。
この靴の場合は、従来のアッパーが革製のモカシンタイプのデッキシューズの様な感じで、足底のソール部分とアッパーの部分を足で感じ分けられる、と言う感じです。

グリップ感は、家の中の板敷き部分、風呂場の床、階段、アルミサッシの敷居部分などで試してみましたが、宣伝文句通り「粘り強いグリップ性で、食いつく」と言う表現のとおりだと感じました。
後は、実際に濡れたデッキ上で実際に試してみないと分かりませんが、我が家の風呂場の濡れた床で試した限りでは、食いつく感じで全く滑るという気配がありませんでした。

これは案外良いかもしれません。
 
JUGEMテーマ:マリンスポーツ
| ヨット | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。