KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< ハードディスクの健康度チェック | main | 盛大に白煙を上げるD51とC11の重連運転≪CG≫ その3 >>
Bishop3D のプラグイン、'raw script plugin'
先日(2008年2月21日)に、KOKAのつぶやき | Bishop3D beta 1.0.2.3 が出ていた という記事をアップしました。
その時、Bishop3D のサイトの記事を引用した中に、
If you have installed the 'raw script plugin', you'll need to download a newer version here (Bishop3D 1.0.2.3 will not load the older version).
と言う部分がありました。

この 'raw script plugin' はインストールしていなかったので、早速ダウンロードしてインストールしてみました。 Bishop3D の作者、Hugo Arnautさんが自ら作成したプラグインで、POV-Ray SDL で記述した script を Bishop3D が出力するファイルに挿入することが出来るプラグインのようです。

通常のオブジェクトのプラグインの場合は、インストール後はメニューの Create → Plugins のサブアイテムとして現れるのですが、この 'raw script plugin' はオブジェクトではないので メニューには現れません。一体どの様にして使うのか、最初はちょっと戸惑いました。

インストールして暫く触っていたら、なるほど、そういうことかと納得しました。

こんな具合です。
《 'raw script plugin' インストール前 》
rawscript plugun インストール前
右上の scene tree の各オブジェクトに注目してください。

《 'raw script plugin' インストール後 》
raw script plugin インストール後 raw script
インストール後も、新しく編集を始めた scene の場合には、インストール前の画像と同じで、右上の scene tree の各オブジェクトに何の変化もありません。しかし、この 'raw script plugin' をインストールした後は、右上の scene tree の各オブジェクト上で右クリックして現れるポップアップメニューの Propeties アイテムのサブアイテムに、新たに 'raw script' というアイテムが現れるようになります。
これをクリックすると、上の画像にあるように、そのオブジェクトの右横に、'raw script plugin' を表す '#' のマークのボタンが現れます。
この '#' のマークのボタンの上で、右ボタンをクリックすると、現れたポップアップメニューの中に 'Edit Property' というアイテムがあります。これをクリックすると、次のような script 編集用の window が現れます。

《 'raw script plugin' インストール後 script 編集 》
rawscript plugun インストール後
この編集用 window を使って、Bishop3D デフォルトの機能では扱えない Property を直接挿入することが可能になるということのようです。

私の Bishop3D の使い方は、とりあえずオブジェクトの形状を作って POV-Ray のファイルとして export し、後は、POV-Ray の editor で直接 script を編集すると言うやり方ですから、export する前に Bishop3D 側で予め編集できる、この 'raw script plugin' は、便利かもしれません。
徐々に使ってみたいと思います。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| CG | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://koka60.jugem.jp/trackback/496