KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2014年7月18日の花、イネ、オミナエシ、ヤナギハナガサ、ヒメジョオン | main | Google Chrome のバージョンアップを久しぶりに手作業でやった >>
梅雨明け前の琵琶湖、セーリングの後は水遊び
2014年7月18日(金曜日)。3週間ぶりに琵琶湖へ出かけることになりました。梅雨明け前の中途半端な曇り空ですが、気温は30度を超える予想です。水遊びができるように水着と着替えを準備して出かけることにしました。
今朝の天気予報。
滋賀県 - 琵琶湖 - Yahoo!天気・災害 (2)_ts.jpg
志賀ヨットクラブのネットワークカメラで見た今朝7時頃の琵琶湖の様子。
志賀ヨットクラブのetwork Camera_2014-07-18_0702_ts.jpg
波もなく静穏。

何時もの通りの電車で、何時もの通りJR湖西線和邇駅の着いたのが9時16分。何時もの通り(^_^;)、農道沿いに志賀ヨットクラブへ向かいます。曇り空で陽射しはないのですが、湿度が高くお風呂の湯気の中を歩いているような感じです。

9時35分、志賀ヨットクラブに到着。
今日、艇を出すのは私達だけの様子です。艇の準備をして下架してもらい、桟橋でジブのセット。
10時25分出港。
今日のセーリングの予定は、沖島を経て午後近江舞子沖で水遊び、最終帰港予定時刻は16時30分で出港届けを出していますが、風と天気に合わせて臨機応変。

出港前後、湖岸ではほとんど風がありません。水温が急激に上がってきているので、掘割から浜の桟橋へ出た辺りの南側にはカナダ藻が伸びてきて水面にまで姿を現してきています。この伸び具合だと夏の終わりになって藻が切れ始めるとキールやラダーやペラに絡まって難儀することになりそうです。

出港直後、志賀ヨットクラブを振り返って見たところ。
2014-07-18_1026_出港直後の志賀ヨットクラブ_IMG_6582_s.JPG
比良の山並みには雨雲が掛かっています。
2014-07-18_1026_出港直後、比良の山並みと雨雲_IMG_6583_s.JPG

出港5分後、セールを揚げました。今日は、艇を止めセールを降ろして水浴びもしたいので、扱いの簡単なセルフタッキングジブを選択。出港時には、風は北北東〜北東から吹いていましたが、沖でセールを揚げる時には湖面の風紋も消えてゆくほどの超微風になってしまいました。
ポートタックのクローズホールドで艇を東に向けました。

10時40分、出港後15分(セールを揚げて10分)、北東からの微風で走り始めました。


10時48分、セールを揚げて18分、北東風が少し良くなってきました。


2度のタックの後、志賀沖観測塔の北側を通過する位置にやってきました。
11時36分、志賀沖観測塔のすぐ北側を通過。ただそれだけの3分の動画。


11時45分から昼食の準備。カセットガスコンロでお湯を沸かしてスープ代わりのカップヌードルを作るのも何時もの通り(^_^;)。
11時52分、昼食。
2014-07-18_1152_昼食_IMG_6594_s.JPG
ボイルしたウィンナソーセージ、乱切りのキュウリ、海苔で巻いたお握り。デザートのバウムクーヘン。毎度似たような昼食ですが、何故かデッキで食べると美味しい。

食事中は、手を空けたい時(箸を使ったり、お握りを摘んだりする時)には、その都度頻繁に、隣り合って座っているワイフとティラーを交代します。
食事中も、それなりに風があって、5〜6km/h 辺りで沖島に向かって帆走しています。
2014-07-18_1152_昼食時のGPS_IMG_6595_ts.JPG
右舷前方に琵琶湖汽船の「湖の子」が見えました。
2014-07-18_1153_時の南(右舷側)の前方に「湖の子」_IMG_6597_s.JPG

ワイフは食事の後、陰のないデッキの暑さで調子が悪くなったようで、キャビン内で休憩。

湖東寄りは水があまり綺麗でないので泳ぐのには向きません。12時35分、沖島には到達していませんが、早めにタックして近江舞子沖を目指すことにしました。
その沖島。
2014-07-18_1239_沖島の手前で風も弱まったのでタック_IMG_6598_s.JPG

12時50分頃から、北東風が少しだけ良くなってきて快走。
13時6分、近江舞子〜北小松方向へリーチングで向かうところ。

この風で30分ほど気持良くリーチングの走りを楽しみました。

13時30分、風が落ちてきたので、セールを降ろし水遊びに切り替えました。
13時44分、ブームの上にオーニングを掛けて日陰を作り、艇は風に任せて流しています。
2014-07-18_1344_セールを降ろしてオーニングを張り水遊び開始_IMG_6602_rts.JPG
スターンには舫いロープの先にフェンダーを括りつけて流してあります。
2014-07-18_1402_オーニングで涼しい_IMG_6604_s.JPG
風は北東から、艇は自然に南に流されてゆきます。
水遊びしているワイフ。
2014-07-18_1402_スターンにフェンダーを流して水遊び_IMG_6605_s.JPG

14時37分、コーヒータイム。
2014-07-18_1437_水遊びが済んだらコーヒーとバウムクーヘン_IMG_6606_ts.JPG
デッキで休んでいると、頭の上のオーニングにぽつりぽつりと雨音がしました。
2014-07-18_1437_小雨がポツポツ、機走で志賀ヨットクラブへ向かう_IMG_6607_s.JPG
今日は、水遊びはここまでにして、このままオーニングを掛けたままで機走で志賀ヨットクラブへ向かうことにしました。
帰る途中に2度、短時間ですがポツポツと雨に降られました。一度は湖面に雨の落ちる飛沫が上がるのが見えました。デッキもオーニングも曇り空でも熱くなっているので、直ぐに乾いてしまいます。

15時23分、志賀ヨットクラブ入港直前に見た比良の山並み。
2014-07-18_1523_帰港前の比良の山並みと雲_IMG_6609_s.JPG
今日は一日中、こんな風な今にも降り出しそうな雲行きでした。

15時35分、ブームの上にオーニングを掛けたままで入港着桟。
オーニングを片付けてから、上架してもらいました。
上架後すぐにデッキとキャビンの後片付け。ジブセールを畳み、メインセールを縛りブームカバーを掛けて、コクピットにオーニングを掛けて艇の後始末を終えたのが16時15分。
シャワーを浴びて、16時45分にクラブを後にしました。

17時15分の電車に乗り、山科で「高槻から快速になる普通電車」に乗って、新大阪へ向かいます。
高槻都新大阪の間で見た夕空。
西の空のうろこ雲。
2014-07-18_1821_車窓の夕陽_IMG_6620_ts.JPG
夕陽で金色に光る雲。
2014-07-18_1822_車窓の夕陽_IMG_6623_s.JPG
新大阪で新三田行きに乗換え、塚口駅に着いたのが19時前。帰宅したのが19時10分でした。

今日は本格的に泳ぐというほどではありませんでしたが、それでも水に入ったからでしょう、ぐったり疲れて、帰りの電車では文庫本を読もうとするのですが、いつの間にか瞼が塞がってしましました(^_^;)。
午後の水遊びが、蒸し暑さを減らしてくれましたが、夏の琵琶湖はやっぱり疲れます。
 
JUGEMテーマ:マリンスポーツ
| ヨット | 23:48 | comments(0) | - |