KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2014年9月13日の花、ハギ、コスモス、アキノノゲシ、ケイトウ、スイフヨウ、ハイビスカス | main | 佐伯泰英さんの新刊「暗殺 交代寄合伊那衆異聞シリーズ(21)」が届いた >>
今日の琵琶湖は、無風で泳いだり、白波1ポイントリーフのセーリングまで盛り沢山
2014年9月13日(土曜日)。先週の土曜日に引き続き、琵琶湖でのセーリングの一日。
今朝の天気予報は、こんな感じ。
近江八幡市の天気 - Yahoo!天気・災害_2014-09-13_ts.jpg
北に寒気を伴った高気圧があるので、風は北寄り、気温もこの時季にしては少し低めの予報。
朝6時42分、志賀ヨットクラブのネットワークカメラの画像をキャプチャしたもの。
志賀ヨットクラブ_Network Camera_2014-09-13_0642.jpg
雲は多めですが、良い天気です。

何時もと同様、JRで湖西線の和邇駅へ向かいます。
9時12分、和邇駅着。天気は曇り空ですが、雲は薄く彼方此方に青空が覗いています。視界が良くて、奥琵琶湖から伊吹山まで遠景がくっきり見えます。
喜撰川土手のコスモスの花を写したりしながら、農道沿いに志賀ヨットクラブへ向かいます。
9時35分、志賀ヨットクラブ到着。

港内の桟橋には、すでに1艇舫われています。3連休で奥琵琶湖へ出かける艇で、今朝8時半出港予定で下架したそうですが、3連休第1日目ということで名神高速の渋滞に巻き込まれ到着が遅れているとのことでした。
その艇が港内桟橋に舫われているので、今日は船台上で出港準備を終えホイストで下架する途中で艇に乗り込み、着水したらエンジンを掛けてそのまま機走で出港するという事になりました。

10時15分出港。
今日のセーリングの計画は、沖島往復、最終帰港予定時刻は16時で出港届けを提出。

エリを沖に離れた辺りにウェイクボードの練習をしているモーターボートが居るので、それを躱してからセールを揚げました。
風は、弱い南東風。
10時22分、セーリング開始。
10時23分、振り返って見た比良の山並み。
2014-09-13_1023_出港直後の比良の山並み_IMG_7677_s.JPG
空の雲が多めですが、太陽が雲に入るので陽射しが弱まって涼しく快適です。
南東の風でセーリング開始。
2014-09-13_1023_出港直後、沖島目指す_IMG_7679_s.JPG
10時23分、南東の風でセーリング開始(動画)。


この後、風は安定せず、風が落ちたり風向が変わったりを繰り返しています。天気予報通りの北寄りの風は吹かず、南東〜南西の微風です。

11時30分から昼食の準備に入りました。
カセットガスコンロでお湯を沸かして、スープ代わりのカップヌードルを作ります。これと、持参したお握りを海苔で巻いたもの、ボイルしたウィンナソーセージ等、私達の定番の昼食です。お握りは、強風になっても片手でつまみながら食べられるので便利です。


11時50分、西の琵琶湖バレーの上空から南東方向へと雨雲が流れ、白い雨足が見えました。
2014-09-13_1150_琵琶湖バレーの上から南東方向に雨足が移動するのが見える_IMG_7689_s.JPG
志賀ヨットクラブ周辺でも、この後一時、雨がぱらついたようです。

12時8分、昼食も終わり、12時頃からの南南西の微風で東進中。
2014-09-13_1209_昼食の後、南南西の微風_IMG_7695_s.JPG
その時間帯の、動画。


12時11分、今日は空気が澄んでいて、北東の伊吹山もくっきり見えます。
2014-09-13_1211_北東の伊吹山もくっきりと見える_IMG_7699_s.JPG

12時20分頃から、風が非常に弱くなって、青空も広がりデッキが暑くなってきました。
風の無い暑いデッキで我慢していてもしようがないので、セーリングを中止し、セールを降ろして、ブームの上に日除けのオーニングを張り、水に入って遊ぶことにしました。ここまでのパターンはほとんど先週と同じです。
12時30分、セールを降ろしオーニングを張る作業開始。

12時40分、真っ先に水に入った私。
2014-09-13_1241_風が落ちたので水遊び_IMG_7703_s.JPG
スターンのラダーから水に入るのですが、足先が水に入った時、しゃがんでお尻からお腹が水に浸かった時には、冷やっとしましたが、身体全体が水に入ってしまえば、水遊びには最適の温度で涼しくて快適です。

12時48分、交代して水に入りクロールで艇の周りを泳ぐワイフ。
2014-09-13_1248_クロールの朋子_IMG_7708_s.JPG
もちろん、水に入る時はライフジャケットを着ていますので、多分安心です(^_^;)。

もう一度水に入って、もやいロープに結んで流しているフェンダーに捕まっていたのですが、そのロープが張り始めたのに気が付きました。北から風がやって来たようです。丁度13時です。
艇が南東に流れていく速度が時速2kmを超えました。こうなると艇から離れると泳いで追い付くのは大変です。大急ぎで舫いロープを掴んで艇に戻り、無駄に風を受けるオーニングを降ろして、水遊びを終了しました。ブーム上に張ったオーニングを降ろしてしまえば、艇は流れても自然に60度位で風に立つので安定します。水着を着替えて、セーリング再開の準備をしました。
13時20分、水遊びを止めてセーリング再開。


13時26分、南を行くセーリング・クルーザー。
2014-09-13_1326_南を行き交うセーリングクルーザー_IMG_7711_s.JPG
さすがに、初秋の3連休の始まりの日です、今日は彼方此方に白い帆影が見えました。

13時35分、北北西の風が強まって北側に白波が見え始めたので、1ポイントリーフの作業に入りました。
13時46分、1ポイントリーフの作業を終えるとまもなく一気に強風になりました。

この風で沖島北西端にぐんぐんと近づきます。

14時ちょうど、沖島北西端の沖でタック。
14時1分、タックした直後。リーチングで真っ直ぐ志賀ヨットクラブを目指し快走開始。

ここからの40分ほどは実に快適でした。

14時40分過ぎ、滋賀沖観測塔が目前に近づいた辺りで、北の風がパタリと止まり、セールがバタつき、マストトップの風見が時折南を指したりします。止まった艇の上で顔に南からの風を感じます。
ここでセーリングを諦め、セールを降ろしました。

14時48分、機走で志賀沖観測塔の南を通過。
2014-09-13_1448_志賀沖観測塔の南通過_IMG_7725_s.JPG

風が無いのに変な波が艇を揺らします。
14時49分、機走する艇の前方と右舷の水面。
2014-09-13_1449_機走で志賀ヨットクラブ目指す_IMG_7728_s.JPG
写真の右側には北からの波が、写真の左側には南からの波が見えています。
この後10分ほど、ワイフがヘルムを取って、私はキャビン内の片付けをしていましたが、しばらくすると艇が揺れるし波音もしてきました。キャビンから出てみると、再び北寄りの強風になっていて白波も立っています。細かくコロコロと変わる風です。

そして、志賀ヨットクラブまで5分位くらいという辺りに来たら、風が急に弱くなり、風向は南西に変わりました。
入港直前、エリの内に入り浮き桟橋を目指す辺りでは風は湖岸と平行でほぼ南。
沖の桟橋の南側にカナダ藻の大群落が迫っています。浮き桟橋に平行にギリギリ1本だけ水路が開けている感じです。
15時15分、帰港。
直ぐに上架してもらって、涼しい風の吹く中で、汗をかくこともなく気持ち良くデッキの後片付け。セーリング中より天気は良くなり、綺麗な青空が広がっています。

15時30分頃、湖岸をカヤックの群れが通過。北隣のBSCに学校団体が入っているようで、その湖上トレーニングのメニューのようです。

後片付けを終えシャワーを浴びて、16時30分過ぎにクラブを後にしました。

17時1分JR和邇駅発の電車に乗って、自宅最寄り駅のJR塚口駅に着いたのが18時40分過ぎ。
帰宅したのは19時前。
さすがに初夏の頃と比べると、日の落ちるのが随分早くなって、すっかり暗くなっていました。
 
JUGEMテーマ:マリンスポーツ
| ヨット | 23:09 | comments(2) | - |
WAKIさん 台風余波での中止は残念でした。この三連休は日本海の高気圧が秋の爽やかさを運んできてくれて絶好の琵琶湖遊び日和になっているようです。
私どもはその内の1日だけでしたが、十分楽しめました。
お仲間とのセーリングにBBQ、実現すると良いですね。
| KOKA | 2014/09/14 9:50 AM |
順風満帆申し分なし、比良山系がきれいですね。今年は昔のヨット仲間4人でBSCにゆきヨットに乗ってテラスでBBQをいただこうと予約しましたが先の台風の余波でおじゃんになりその後まだ行く気になっていません。懐かしいなあ。
| WAKI | 2014/09/14 8:47 AM |