KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2015年5月13日の花、ニワゼキショウ、アカツメクサ、ノイバラ、キショウブ、ビヨウヤナギ | main | 2015年5月15日の花、ノボリフジ、アカバナユウゲショウ、ヒルザキツキミソウ、ツルハナナス、セイヨウイボタノキ、ガウラ、ハクチョウゲ、バラ、カシワバアジサイ、シモツケ、キンレンカ、ブーゲンビリア、ペラルゴニューム、アマリリス、ユリノキ、コンボルブルス・クネオル >>
2015年5月14日、今年になってやっと3度目の琵琶湖でのセーリング
2015年5月14日(木曜日)。今年になってやっと3度目の琵琶湖でのセーリングです。幸いに台風6号が去って2日目の良い天気が巡ってきました。
今朝の天気予報(Yahoo!のピンポイント天気から近江八幡市)。
2015-05-14_0639_近江八幡市の天気   Yahoo 天気・災害_s.jpg
沖島をセーリングの目的地にするのが定番なのですが、その沖島は湖東の近江八幡市にあるので、この天気予報を参考にします。
そして今朝(6時半過ぎ)の志賀ヨットクラブのライブカメラで見た琵琶湖の様子。
2015-05-14_0636_Network Camera_s.jpg
天気は良さそうですが、今日は風がどうなるのでしょう。

毎度のことながら、JRを使って湖西線和邇駅を目指します。尼崎で乗り換えた新快速が尼崎〜大阪間で混み合うのは分かるのですが、今日は大阪駅から先生に引率された中学生の団体が乗り込んできて混みあいました。ワイフとは別々にそれでも何とか座ることが出来ました。
そして京都で湖西線へ乗り換えです。京都始発の湖西線の普通列車は何ということもなくゆったりと座れるのが普通なのですが、なんと今日はもう殆どの席を団体さんのような山行きのスタイルの高齢者のグループに占領されていました。たまたま空いていた二人掛けの席に座れたのは幸運としか言えないような満席状態でした。
尼崎から京都まで乗った新快速の車内は混み合っていても静かなものだったのですが、何故かグループでの乗客の多いこの湖西線の列車内は、あちらでもこちらでも大きな声での会話が弾むようで賑やか過ぎるほどでした。

9時16分、和邇駅着。
田圃の脇の農道を辿って志賀ヨットクラブまでぶらぶら散歩。田植えが終わった田圃に、シラサギやアオサギが立って獲物を狙っています。
9時40分、志賀ヨットクラブに到着。
今日は珍しく先着のメンバーが一人おられて、出港の準備中でした。私達のほうが先に艇の準備ができたようで、下架してもらい10時25分出港。
今日のセーリング計画は、沖島を目指し最終帰港予定時刻は15時30分。

10時28分、出港後直ぐにセールを揚げます。北北東の風。快適に走れるよう少し落し気味にポートタックのクローズリーチで沖島南端辺りをまっすぐ狙います。
10時45分。志賀ヨットクラブを出て20分。程良い北東の風、快適なセーリング。

10時46分、振り返ると青空をバックに比良の山並み。
2015-05-14_1046_志賀ヨットクラブ沖から見た比良の山並み_IMG_3399_s.JPG

11時3分、志賀沖観測塔の南を東に向けて通過。
2015-05-14_1103_観測塔の南を通過_IMG_3401_s.JPG

11時15分、タックしました。スタボータックのクローズリーチで艇の反応を楽しみながらのセーリング。
11時18分、艇の後方(南南東)に「うみのこ」の姿。
2015-05-14_1118_南東方向にはうみのこ_IMG_3410_s.JPG

11時23分。志賀沖観測塔の東を通過するところ。
 
毎回同じような時刻、同じような位置で「うみのこ」に出合います。

11時35分、タック。風に合わせて沖島南端〜長命寺あたりを目指します。風が少しずつ東に振れる様子です。

11時40分、お湯を沸かしてカップヌードルを作り海苔で巻いたお握りで昼食。
11時51分、食後のホットコーヒーとバウムクーヘン。
2015-05-14_1151_食補のコーヒーとバウムクーヘン_IMG_3414_s.JPG
この間も、艇は良い風を受けて快走。

12時33分、沖島南端の南域。沖島の緑が若葉で膨らんで見えます。
2015-05-14_1233_沖島南端を望む_IMG_3422_rts.JPG

12時35分。タックして、沖島南端に南から接近中。


12時40分、沖島南端に接近すると左舷側にエリが広がっているので、右舷にタック、風下に落としながら暫くしてジャイブ、志賀ヨットクラブの方向に向けます。風が落ちてくる気配があるので、このまままっすぐ帰港するつもりです。

予想通り、風は徐々に落ちてきます。東北東の風が、徐々に弱くなりながら北に回って北北東の風。

13時54分。志賀沖観測塔のすぐ北側を西に向けて通過中。


14時5分。風が非常に弱くなりました。しばらく我慢です。
10分ほどすると湖面がところどころパフで黒っぽくなっています。あちこちにくるくる回る風が感じられます。
よく見ると南の琵琶湖大橋の方向の湖面の色が黒くなり、それが押し寄せてくるようです。2分も待たないで風の前縁がやってきました。南南西の風です。ポートタックのクローズホールドで艇の向きを風に合わせながら5分ほどセーリングする内に、白波が見え出し一気に強風になりました。
1ポイントリーフでの帆走も考えましたが、天気は曇り空に変わって今にも降り出しそうな気配もあります。志賀ヨットクラブも近いので一気にセールを降ろしてフルスロットルで帰港することにしました。

14時40分、入港着桟。
直ぐにシャワーを浴びて、その後で艇の片付けをしました。

4月24日のセーリングの時に艇の修理をお願いしていましたが、今朝来てみるとそれが綺麗に出来上がっていました。
その修理の箇所。
右舷側のガンネル、防舷材が割れて剥がれ落ちそうになっていましたが、それを修理してもらいました。
2015-05-14_1534_修理ができたガンネル_IMG_3431_s.JPG
船外機のブラケット(木部)を取り替えてもらいました。
2015-05-14_1534_修理ができた船外機ブラケット_IMG_3434_s.JPG
船台後部の受け部のクッション材(発泡スチロール)を継ぎ足して修理してもらいました。
2015-05-14_1534_修理の出来た船台の受け部_IMG_3437_s.JPG2015-05-14_1534_修理の出来た船台の受け部_IMG_3436_s.JPG

15時40分、クラブを後にしました。日差しが無くなり風もあるので涼しくなった農道をぶらぶらと和邇駅へ向かいます。
歩いている間に京都方面行きの列車が1本通過してしまいました。
16時30分の電車を待つ間に、誰もいないホームの待合室でお握りを1個食べました。お昼は、お握り1個でセーリングに集中していたのでお腹が減っていたのです。
この電車は堅田で新快速に接続しているので乗り換えて新大阪へ。新大阪で新三田行きの乗り換えて塚口へ。
自宅に帰り着いたのは、18時過ぎでした。
列車の窓から新大阪〜大阪周辺で道路が雨に濡れているのを目にしましたが、自宅あたりでもかなり強い雨が降った形跡があって、すっかり涼しくなっていました。

今日は、ちょっと早めにセーリングを切り上げた嫌いはありますが、快適なセーリングを楽しめたので、良しとします。

次の画像は今日のセーリングの軌跡です。GPSのトラッキングデータをGoogle Earthで読み込んで表示してみました。
琵琶湖セーリング 軌跡
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示
 
JUGEMテーマ:マリンスポーツ
| ヨット | 23:25 | comments(0) | - |