KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< ShareCG.comで公開された自動車の3Dモデリングデータ、"Old Routmaster City Bus" | main | 2015年5月30日の花、ヒルガオ、アジサイ、カシワバアジサイ、常緑ヤマボウシ、マリーゴールド、アメリカキササゲ、ノカンゾウ、ザクロ >>
2015年5月29日の琵琶湖は風が弱く時々ベタ凪になり暑かった
2015年5月29日(金曜日)。先週に引き続き、琵琶湖でセーリング。三週続けての琵琶湖行きです。
朝一の天気予報を確認。Yahoo!天気の近江八幡市のピンポイント天気(毎回セーリングの目的地になる沖島が近江八幡市だから)。
近江八幡市の天気   Yahoo 天気・災害.jpg
風が弱くて気温は高いという予報です。

そして、朝の志賀ヨットクラブのライブカメラで見た琵琶湖の様子。
志賀ヨットクラブライブカメラ_2015-05-29_0704_Image1.jpg
曇り空。吹き流しの風見は殆ど動かず、湖面は穏やか。

いつもと同様、JRを使って出かけました。
JR湖西線和邇駅に着いたのが9時16分。
曇り空で、太陽が隠れているので日射による暑さはないのですが、アスファルトが暖かくなっていて足下から篭もるような暑さが上がってきます。

田圃沿いの農道を辿って、志賀ヨットクラブに着いたのが9時40分。
艇の出港準備をして、10時15分に下架。港内の桟橋でエンジンを起動しアイドリングしながらセールの準備。
今日のセーリング目的地は沖島、最終帰港予定時刻は16時30分で出港届けを出しました。

10時25分、出港。
出港直後、機走で沖に向かうところ。
2015-05-29_1025_出港直後の沖島方向_IMG_3897_s.JPG
真ん中に小さくうっすら見えるのが沖島。それより向こうはモヤに隠れて見えません。
バウの前にやってくる波は、高速のバスボートなどが起こした引き波。今朝から風は弱く波はありません。

出港後直ぐにセールを揚げました。
10時36分、微風でセーリングを開始したところ。

東南東からの極弱い風をスタボーに受けて少し落し気味のクローズホルドでゆるゆると北上します。歩くより遅い速度。

11時20分、お湯を沸かして昼食の準備。冬の寒い時と比べるとカセットガスコンロでのお湯の沸く時間がまるで違います。2分ほどで沸騰。スープ代わりのカップヌードルを作ります。
11時30分、昼食。
2015-05-29_1129_昼食_IMG_3902_s.JPG
今朝出かける前に圧力釜で炊いた十穀米入りのご飯をおかか入りの握りにして持参し、パリパリのノリで巻いたもの。ボイルしたウィンナソーセージ(私の好物)。スープ代わりのカップヌードル。

食事が終わったころ、タックして艇を南東に向けようとしますが、風は非常に弱くなり、この後は風を求めてウロウロすることになりました。

12時9分。無風、鏡のような湖面。


12時16分、南西からの弱い風で、やっと艇が動き始めました。

しかし、この風も10分とは続かず、再び風の無い状態です。
天気は徐々に良くなって青空が広がり、日差しが強くなってデッキはとても暑くなって、何とか狭いセールの陰に入ろうとします。日差しを物ともせずデッキで昼寝の人もいますが。

12時30分、ベタ凪の中、先ほどまでわずかにあった東の超微風に合わせて北北東を向いている艇に、北西からの風を期待して、スタボーサイドにジェネカーを揚げて風を待ちました。
12時37分、ジェネカーを揚げて待っても風はやって来ません。
2015-05-29_1237_ジェネカーを揚げても風なし_IMG_3908_s.JPG
だらりと垂れ下がったまま。
12時39分、ベタ凪の湖面にデッキから覗く自分の姿がくっきりと映っています。
2015-05-29_1239_鏡の湖面に映る自分の姿_IMG_3913_s.JPG

北西の風を期待して、北北東を向く艇のスタボーにジェネカーを揚げて風を待っていましたが、皮肉にも南東から弱い風がやって来ました。
12時51分、ジェネカーが僅かな風で膨らみやっと艇が動きはじめました。

この風もせいぜい5分ほど。

12時59分、ジェネカーでも風が無ければ艇は動きません。


13時10分頃、やっと期待していた北西の風がやってくる気配。
13時16分、北西の風でジェネカーが膨らみ、艇をぐいぐい引っ張りはじめました。


13時19分、真南遠くに志賀沖観測塔が見えます。ズームイン。
2015-05-29_1319_南に観測塔と近江富士_IMG_3926_ts.JPG
観測塔の向こうの浜がマイアミ浜、その後ろにうっすらと霞んで見えるのが近江富士。
出港してから2時間50分でやっと観測塔が真南に見える位置までやってきました。
今日のここまでの風の様子では、沖島近くまでゆくのは無理です。
この風の良い間しばらくは、ジェネカーで楽しむことにして、その後は反転して帰路に就くことにしました。

14時、ジェネカーを降ろしてからタックしてフリーで南東を目指します。
お湯を沸かしてコーヒータイム。
14時6分、ホットコーヒーとジャム入りのパンケーキ。
2015-05-29_1406_コーヒーと甘味_IMG_3931_s.JPG

最終帰港予定時刻の16時30分に合わせて、志賀沖観測塔を中心にコースを変えながらのんびりセーリングを楽しみます。
天気はますます良くなって青空が広がり、その分デッキは暑くなりますので、何処へ向かうと言うよりはセールの陰に体を入れられるような艇とセールのトリムになります(^_^;)。

14時20分、北西からの風。今日一番の風かも、でもほんの一時。

14時50分、志賀沖観測塔が近づいて、さっきまで良かった北西の風もすっかり落ちてしまいました。西へ向かうと益々風が弱くなる様子なので観測塔を一巡り。


東〜東南東の弱い風に合わせてフリーで志賀ヨットクラブを目指します。時々風の振れに合わせてジャイブを入れながら。

15時46分、南南東からのちょっと良い風でまっすぐ志賀ヨットクラブへ向かうところ。


16時5分、志賀ヨットクラブが目前。
2015-05-29_1605_帰港直前_IMG_3937_s.JPG

16時15分、入港着桟。
直ぐに上架してもらい、デッキとセールの後片付け。
片付けが終わってから、クラブハウスでシャワーを浴びました。今日はベタ凪の暑いデッキでの作業が多かったので下着がびっしょり濡れるほどの大汗をかきましたから、シャワーで汗を流してスッキリしました。

17時過ぎに、涼しい風が吹き渡るクラブハウスを後にしました。この風が日中吹いてくれたら良かったのですが。
17時45分の電車に乗り、山科、新大阪で乗り換え、塚口駅に着いたのが19時半ごろ。
19時40分帰宅。

今日のセーリング軌跡。GPSのトラッキングデータをGoogle Earthで表示してみました。
琵琶湖セーリング 軌跡
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示

今日は、ベタ凪と微風の一日でしたが、暑さに苦労しながらもジェネカーのセーリングが出来たので、それなりに楽しい一日でした。これから真夏に向けては、暑さ対策と水分補給を心がける必要があります。
 
JUGEMテーマ:マリンスポーツ
| ヨット | 23:54 | comments(0) | - |