KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2015年6月13日の花、ハナショウブ、ホタルブクロ | main | 2015年6月14日の花、ランタナ、ピンクノウゼンカズラ、ノウゼンカズラ、デュランタ、オオシロソケイ、キキョウ、フジ、セイヨウニンジンボク、ペンタス、バショウ、ヘメロカリス、コンロンカ、キンカン、ヤナギバルイラソウ、ノアサガオ、クチナシ >>
2015年6月13日の琵琶湖は、ほど良い風で快適なセーリング
2015年6月13日(土曜日)。今日は半月ぶりに琵琶湖でのセーリングです。

今朝の近江八幡市の天気予報(Yahoo!)。
近江八幡市の天気   Yahoo 天気・災害_ts.jpg
天気が晴れというのは嬉しいですが、気温が31度、風が非常に弱いというのはちょっとまずいです。
今朝の志賀ヨットクラブのライブカメラで見た琵琶湖の様子。
志賀ヨットクラブ_livecamera_2015-06-13_0600_ts.jpg
風が、殆ど無いですね。昼間はどうなることでしょう。

何時もの通り今朝もJRで出かけます。土曜日ですから、朝の電車には通勤・通学の人の姿が殆ど無いので空いています。
JR湖西線和邇駅に9時12分着。

農道沿いに志賀ヨットクラブまでぶらぶら歩き。
途中で見つけて摘んだグミの実。
2015-06-13_0927_グミ_IMG_4271_ts.JPG
田植えから1ヶ月半過ぎた田圃と、霞が掛かって視界の悪い比良の山並み。
2015-06-13_0933_田圃_IMG_4272_s.JPG
9時40分前に志賀ヨットクラブに到着。

早速、上架してある艇の準備をして桟橋に降ろしてもらいました。今日は土曜日ですから、既にヤードで出港の準備をしている方も見えます。風は、沖から浜に直角に吹いてくるようです。東北東の風。程良い強さで快適なセーリングが期待できます。ただ、今朝の天気予報では琵琶湖周辺はどこも風は非常に弱いという予報ですから、この後どうなることやら。

今日も又セーリングの計画は定番の沖島往復で最終帰港予定時刻が16時30分で出港届けを出しました。
10時15分出港。
私が桟橋から艇を押し出してから乗船、ワイフがティラーを持ちギヤを前進に入れようとしましたがギヤが入りません。そっと押し出しただけなので、バウが風に押されて桟橋へと戻ってきました。スタッフが駆け付けてくれて、ロープを取って再度艇を舫ってくれました。艇を固定して、ギヤを入れてみると今度はちゃんと前進も後進も入ります。船外機を起動した直後にフリーアクセルレバーを上げて空吹かししたのですが、レバーがきちんと下りていなかったかもしれません。私のミスです。
フリーアクセルレバーの可能性をすぐに指摘して教えてくれるスタッフの経験と知識は流石です。
再度出港、10時20分。

10時25分、 北東の風、真東にクローズホールドでセーリング開始。

この風は、安定して吹き続けました。

今日は珍しく次々とセーリングクルーザーに出会いました。私たち夫婦が人出の多いシーズンの土曜日に来ることが珍しいだけのことかもしれませんが。

10時52分、左舷後方(北西)に2艇。
2015-06-13_1052_セーリングするヨット_IMG_4278_s.jpg

10時53分、北に志賀沖観測塔。
2015-06-13_1053_観測塔_IMG_4283_s.JPG

11時12分、後方から左舷側へと追い抜いてゆく艇。
2015-06-13_1112_並走から追い越してゆくヨット_IMG_4288_s.JPG

11時30分、長命寺方向から来て左舷側へすれ違ってゆく艇。
2015-06-13_1130_長命寺方向からすれ違うヨット_IMG_4300_s.JPG

11時45分、沖島の南沖で湖東に接近中。北東に沖島の水道が見えます。


11時50分、タック。湖東の湖岸に近づくと山の影響で風が乱れたり弱くなったりするし、マリンジェットやバスボートなどが行き交うので早めにタックしました。

11時53分、タックの後、沖島の西岸を経て北を目指すところ。


12時。梅干し入りのお握りで昼食にしました。快調に走っています。
12時21分、沖島の西岸を見ながら北上中。


12時40分タックして、沖島北西端に接近。
13時4分、沖島北西端が目の前。タックして再び北へ。
13時15分、再びタックし沖島北側を東へ向かいます。
13時24分、沖島の北端に接近中。島に近づくと風が弱まります。


13時30分。沖島北東端に近づいたところで風が落ちてしまいました。
2015-06-13_1330_沖島北端_IMG_4334_s.JPG
向こうが伊崎半島。その間を右に入れば沖島水道。
北東からの風が良ければ、沖島水道を南下して帰るコースを取ろうかと思っていたのですが、風が無ければ広い水面のほうが楽なので、タックして引き返すことにしました。
13時35分タック。西へコースを取ります。
13時45分、ジェネカーを上げる準備にとりかかります。
13時55分、ジェネカーを揚げました。何とか風をはらみますが、風が弱いのでスピードはそれほど上がりません。

14時10分、ジェネカーが風を捉えました。

艇のスピードが一気に上がりました。
午前中は晴れ間もあって日差しが強かったのですが、空が一面の薄曇りになってしのぎやすくなってきました。
北東からの風をスタボーに受けて、ブロードリーチで快走。最速は12km/h。湖面の波は小さくて、風の変化もなく、この間のジェネカーでの走りは快適でした。

14時54分、ジェネカーを揚げてほぼ1時間。真南に志賀沖観測塔が望める位置まで帰ってきました。

真南に志賀沖観測塔。
2015-06-13_1454_南に観測塔_IMG_4353_ts.JPG

湖岸が近くなると風が弱くなりました。その上に、エンジン音が響き近くにマリンジェットやモーターボートが群れ出したので、早めにジェネカーを下ろすことにしました。
15時15分、ジェネカーを降ろし、ジブを揚げました。
ジャイブして南に向かいます。

15時40分、風が弱くなったので、セールを降ろして機走で帰ることにしました。
15時57分、志賀ヨットクラブ沖から見た比良の山並み。曇り空になりました。
2015-06-13_1557_志賀ヨットクラブ入港_IMG_4358_s.JPG
15時58分、志賀ヨットクラブは目前。
2015-06-13_1558_志賀ヨットクラブ入港_IMG_4360_s.JPG
16時5分、入港着桟。

今日は13時頃までの日差しと暑さでしっかり汗をかいたので、後片付けの前にシャワーを浴びることにしました。
シャワーの後、船台の上のデッキには良い風が吹き渡り、すっかり曇って日差しも無いので、気持良く後片付けが出来ました。

17時、クラブを後にしました。
17時45分の電車に乗って、帰宅したのが19時40分。

今日のセーリングのコースを、ハンディGPS(GARMIN etrex 30J)のデータをGoogle Earthで表示してみました。
琵琶湖セーリング 軌跡
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示
出港して少しの間の軌跡がないのは、GPSの電源をオンにするのを忘れていたからです。

日中のデッキの暑さは、夏になったことを強く感じさせてくれました。次からは、時々水に入って遊んでは体を冷やすこともありでしょう。
 
JUGEMテーマ:マリンスポーツ
| ヨット | 23:16 | comments(0) | - |