KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2015年7月21日の花、タニウツギ、ナツズイセン、ヒャクジツコウ、ムクゲ、アメリカフヨウ、フヨウ、キキョウ、ヒマワリ、アルストロメリア、オクラ | main | 2015年7月24日の花、ムクゲ、オミナエシ、ミソハギ >>
2015年7月24日の琵琶湖でのセーリングはやはり暑かった
2015年7月24日(金曜日)。風邪を引いて1週間ほど体調を崩したり、台風11号がやってきたりで、前回の7月3日から3週間ぶりの琵琶湖でのセーリングです。
今朝の天気予報(Yahoo!のピンポイント天気、近江八幡市)。
2015-07-24_近江八幡市の天気   Yahoo 天気・災害_ts.jpg
そして、今朝の志賀ヨットクラブのライブカメラで見た琵琶湖(北湖)の様子。
2015-07-24_0615_志賀ヨットクラブカメラ_ts.jpg
何時もの通り、JRを利用して出かけます。
JR湖西線和邇駅に9時16分着。

天気予報通り、晴れ間が広がってゆきます。
農道沿いに志賀ヨットクラブへ向かいます。5月初めに田植えが行われた田圃の稲には穂が伸びて花が咲いていました。
2015-07-24_0921_稲の穂_IMG_4900_s.JPG

9時35分、志賀ヨットクラブに到着。
今日は、私達より先に到着して出港の準備をしている方がありました。昨日、乗船する旨電話していましたので、船台に載った艇がヤードに引き出されてありました。早速準備をします。今日は、燃料タンクが2つとも残量が減っていましたので出航前に満タンにしてもらいました。

10時25分出港。今日のセーリング計画は、沖島往復、最終帰港予定時刻は16時30分。
出港直後の左舷に見える比良の山並み。
2015-07-24_1028_出港直後の比良の山並み_IMG_4906_s.JPG

ウェイクボードを練習中のモーターボートを避けて、少し沖目でセールを揚げました。
北東からの微風。ポートタックのクローズホールドで一気に沖島が目指せる風です。この風が少し北に回れば、タック無しの1本コースでダイレクトに沖島へ向かえます。風が少し南に回れば、タックを入れて一度北へ上ってから、再びタックを返して沖島を目指すことになります。さて今日はどういう風になることでしょう。吹いてくれれば少しは涼しいのですが、風が無くなると真夏の気温と日差しで暑い思いをすることになります。まあ風がなくなれば、水に入って遊ぶ事になりますが。

朝の天気予報を見て風が弱いと思っていたのですが、その割には微風ですが沖目に出れば出るほどそれなりにしっかりした風で、順調なセーリングです。
10時41分、北東の微風で順調なセーリング。


風が僅かづつ南に振れコースが落ちてきたので、10時55分タックして北へ向かいます。
ワイフは、ポートサイドのデッキでセールの陰に入って昼寝。北には青空が広がってきました。
11時14分、北へ向かって快走中。


11時20分、タックして志賀沖観測塔を目指します。
11時54分、志賀沖観測塔の横を通過。


12時2分、沖島方向を見上げると青空が益々広がってきました。
2015-07-24_1202_沖島方向の空と雲_IMG_4928_s.JPG

12時を回ったので昼食にしようとしましたが、このころから風が強まってポツポツと白波が見え始めたので、1ポイントリーフして艇を安定させ、パリパリの海苔で巻いた梅干し入りのお握りを食べることになりました。1ポイントリーフした艇はヒールが少なくなり安定して効率よく走ります。
昼食を終えた頃には風が少し弱まって白波も見えなくなったので、フルメインンに戻し、コースが南に落ちてきたのでタックすることに。
12時20分、真南に佐波江浜の浜が見える辺りで再びタックして北へ。
12時43分、良い風で北進中。


13時、タックして沖島北西端を目指します。
沖島が近くなる頃、又少し風が弱くなってきました。
13時48分、沖島北西端に接近。


13時50分、タックして帰りのレグへ。
微風の北東風をスタボーサイドから受けてリーチングで最もスピードの出るコース取りで西へ向かいます。
この後直ぐに私は暑さが堪えたのか疲労感があったので昼寝。50分ほどデッキでぐっすり眠っていました。

14時50分、風も落ちてきたし、あまりに暑いので、体を冷やそうと水に入って遊ぶことにしました。
セールを降ろして、ブームの上に日除けのオーニングを掛けます。
2015-07-24_1514_オーニング_IMG_4955_s.JPG
もやいロープにフェンダーを結んで流し、ライフジャケットを着て、これから水にはいるところ。
2015-07-24_1503_最初に水に入る謙治_IMG_4940_s.JPG
泳ぐ人(ワイフ)。
2015-07-24_1515_泳ぐ朋子_IMG_4957_s.JPG
オーニングをバウ側から見たらこんな感じ。
2015-07-24_1515_オーニングとデッキ_IMG_4956_s.JPG
艇は、北東風に押されて、時速2kmくらいで西に向けて動いています。

15時45分、水遊びを終え、ブームの上にオーニングを掛けたまま機走で志賀ヨットクラブを目指すことにしました。フルスロットルで走らせて丁度帰港予定時刻に間に合うくらいのところです。

16時25分、入港着桟。

艇を上架してもらう間に、冷房が効いて涼しいクラブハウスで冷たいお茶でバウムクーヘンを食べてエネルギー補給。今日は、暑さと運動でエネルギー不足気味でしたから、甘味がすぐに吸収されて元気が回復するの分かるほどでした。
上架作業が終わり、直ぐに後片付けをしました。
陸上では湖上より気温が高く、デッキ作業で汗だく。そのままシャワー室へ向かって、ぬるめのお湯で汗を流してさっぱりとしました。

今朝一番に補給してもらった燃料混合15リットルの代金を払い、17時25分、クラブを後にしました。
帰りの道すがら、西の空の雲と青空の対比が鮮やかなのでコンデジで撮ってみました。
2015-07-24_1727_青空と雲_IMG_4961_s.JPG

18時3分の電車に乗って、山科、新大阪で乗り換え、塚口に着いたのが19時40分すぎ。
19時50分、帰宅。

今日の沖島往復のGPSトラッキングデータをGoogler Earthで読み込んで軌跡を表示してみました。
琵琶湖セーリング 軌跡
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示
 
JUGEMテーマ:マリンスポーツ
| ヨット | 23:08 | comments(0) | - |