KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 午後のお茶
    KOKA (09/22)
  • 午後のお茶
    dietman (09/21)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    KOKA (08/23)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    林 伯芳 (08/21)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    KOKA (02/18)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    udon (02/17)
  • 2020年2月8日のメジロ
    KOKA (02/08)
  • 2020年2月8日のメジロ
    udon (02/08)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    udon (02/07)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    KOKA (02/07)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 『オークの巨木の下に駐車する2台のクラシックカー』、POV-Rayでレンダリング | main | 『中世風の町並みの広場に設けた噴水』、POV-Rayでレンダリングしました >>
ShareCG.comからダウンロードした2つの噴水の3Dモデリングデータ
2015年8月27日(木曜日)。ShareCG.comからダウンロードした2つの噴水の3Dモデリングデータを"POV-Ray"形式にコンバートして"POV-Ray"のオブジェクトとして使えるようにしました。
その時、ふと思いついてこの2つの噴水を組み合わせて、一つの噴水に仕立ててみました。

最初にダウンロードした"Lion Fountain"のダウンロードページのキャプチャ画像。
ShareCG_Lion_Fountain_ts.jpg
出来上がったobjフォーマットファイルを"PoseRay"で読み込みました。materialの各パートのtransparencyが100になっているのでプレビュー画面に何も見えません。透明な物体が表示されているからです。
水の部分のtransparencyを50にその他の部分は0に変更したプレビュー画面。
poseray_preview_Lion_Fountain_s.jpg
この噴水をモデリングした作者はShareCGで"JBJDesigns"と名乗っておられます。そしてShareCGでの作者のギャラリを覗いたら公開された沢山のデータの中にもう一つ噴水の3Dモデリングデータがあるのに気が付きました。それもダウンロードしてみました。

もう一つの噴水"Fountain 2Tier"のダウンロードページのキャプチャ画像。
ShareCG_Fountain_2-Tier_ts.jpg
出来上がったobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みましたが、これも先の"Lion Fountain"と同様に全てのパーツのmaterialのtransparencyが100になっていたので物体が透明なのでプレビュー画面には何も見えません。ここでも水の部分のtransparencyを50にその他の部分は0に変更しました。
そのプレビュー画面。
poseray_preview_Fountain_2Tier_s.jpg

この2つの噴水を組み合わせて一つの噴水にすることを思いつきました。"Lion Fountain"の4つの Corner Post の夫々の上に"Fountain 2Tier"を載せるという案です。

そこで、この2つの噴水のobjフォーマットデータを"PoseRay"でマージで読み込みました。"Fountain 2Tier"のサイズは、丁度 Corner Post の上に載る大きさです。
マージで読み込んだ4つの"Fountain 2Tier"を4つの Corner Post の上に、Groupsタブ内のTransform機能を使って移動させました。
そして、これと思われるテクスチャ画像を Basin 部分、Corner Post 部分、Lion 部分、Water 部分等にマッピングして、反射や透明度などの調整をしました。

これらの修正・加工を終えて、表示位置・表示サイズを調整した上で、"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。
その画像。
2つの噴水から作った新しい噴水
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示
きれいな画像が出来ました。

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせをしました。
噴水の土台の直径は8m。
Lion_Fountain_e4_Usu_e2_Short_e1_POV_scene_w560h404q30.jpg
グリッドは0.5unit=0.5mです。

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、私の"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。
 
JUGEMテーマ:コンピュータ
| CG | 22:49 | comments(0) | - |