KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2015年12月17日の花、ボリビアンヒマワリ、コギク、チュウギク、メキシカンブッシュセージ、アルストロメリア、ノボタン、サザンカ | main | YAMAHAのカレンダー"SEASCAPE 2016"を貰った >>
2015年最後の琵琶湖セーリングは、寒かった
2015年12月18日(金曜日)。先週に引き続き琵琶湖行です。昨日からの寒波で、西日本でも日本海側を中心にあちこちで雪が降っているようです。琵琶湖周辺の天気予報では、気温は10度以下。山沿いでは雪の可能性があるとのこと。
今朝の琵琶湖の天気予報(Yahoo!から拝借)。
2015-12-18_滋賀県   琵琶湖   Yahoo 天気・災害.jpg
今朝7時2分、志賀ヨットクラブのライブカメラのキャプチャ画像。
SYC_2015-12-18_0702_ts.jpg
真ん中に見える吹き流しでは分かり難いのですが(静止画なので)、風は沖へ向かう西風です。

尼崎でも今朝は最低気温が2度、最高気温も10度ということですから、しっかり着込んで乗艇時に着こむフリースなどの寒さ対策はしっかりして出かけました。
平日ですから尼崎〜大阪〜新大阪間ではかなりの混み具合です。新大阪での降車が多くて空席ができて座れました。
京都で湖西線の普通電車に乗り換え。京都〜山科は曇り空。トンネルを出て直ぐに西の叡山の稜線近くが白い雪景色になっているのが見えました。
叡山坂本あたりから北を見透かすと比良山脈も白くなっているようです。

和邇駅に9時16分着。
空は薄暗い完全な曇り空で、何時降りだしてもおかしくないような雲行きです。昨晩の雨で、駅前の道路は濡れています。
農道沿いに歩いて志賀ヨットクラブへ向かいます。暖房された電車を出て5分もすると、しっかり着込んで手袋までしているのに寒さを感じます。白くなった比良の山並みを見るとその分寒さが増すようです。
時折僅かな雲の隙間から光が漏れて、雪の斜面が明るく光ります。
9時21分、農道から見た比良の山並み。
2015-152-18_0921_農道から比良の雪景色_IMG_0172_s.JPG
9時26分、比良の山並み。
2015-152-18_0926_農道から比良の雪景色_IMG_0173_s.JPG
9時32分、比良の山並み。
2015-152-18_0932_農道から比良の雪景色_IMG_0177_s.JPG

9時35分、志賀ヨットクラブに到着。平日ですからクラブの利用者は私たち夫婦だけのようです。
早速、上架してある艇に上がってコクピットのオーニングを外します。昨夜の雨でびっしょりと濡れています。オーニングの布地の裏まで通るほどの雨ではなかったようです。
気温は5度程度。今日は寒さ対策にしっかり着込みます。上は、ヒートテックの長袖シャツ、薄手のフリース、厚手のフリースの2枚重ね、その上にセーリングジャケット。下はヒートテックのタイツ、中綿入のワークパンツ、その上にセーリングトラウザー。そして固形フォーム入りのライフジャケット(これを着ているととても暖かい)。

今日は寒いので、遠出をせずに志賀沖観測塔と琵琶湖大橋の間あたりでセーリングすることにして、寒さが募れば早めに切り上げることにしました。
船外機は1発で起動。
10時23分出港。
10時26分、セールを揚げる準備をしながら機走で沖を目指します。北には昨晩から今朝までの雪で白くなった比良の山並み。

10時27分、北東には白くなった伊吹山が薄っすらと見えます。コンデジの12倍光学ズーム一杯に寄せたので画像が粗い。
2015-152-18_1026_北東に雪で白くなった伊吹山ズーム一杯_IMG_0184_s.JPG
10時27分、東北東には沖島に重なって白くなった霊仙山。
2015-152-18_1026_東に雪で白くなった霊仙山ズーム一杯_IMG_0185_s.JPG

10時30分、西風に艇を立ててセールを揚げました。スタボータックのアビームリーチで南の琵琶湖大橋を目指します。

10時37分、東側には沖島水道の向こうに雪の霊仙山。
2015-152-18_1037_雪で白くなった霊仙山ズーム一杯_IMG_0188_s.JPG
10時38分、北西には雪で白くなった比良の山並み。稜線をズームで寄せました。
2015-152-18_1038_雪で白くなった比良の稜線のズーム_IMG_0191_s.JPG

10時44分、西の風、アビームで琵琶湖大橋へ向かうところ。8.5km/h〜11.5km/hで快走。

スピードが上がると見かけの風が強くなり、その分寒さが堪えます。

セーリングを開始した和邇北浜沖では西の風だったのですが、南下するにつれて南西の風になりました。

11時7分、琵琶湖大橋が近くなりました。比叡の山並みも稜線近くは雪で白くなっています。

滅多に南湖側には来ないのですが、琵琶湖大橋に近寄っただけで、湖が狭くなって動ける範囲が狭まって不自由に感じてしまいます。
11時9分、琵琶湖大橋をズームで少し寄せて撮影。
2015-152-18_1109_琵琶湖大橋_IMG_0200_s.JPG

今日は沖島方向へ向かうバスボートを2艇見ただけで、この辺りでも船影は見えません。もちろんセールも見えません。
11時12分、ジャイブ。南西の風、ポートタックのリーチングで北へ向かいます。

11時18分、2つのホテルの間に見える近江富士。
2015-152-18_1118_近江富士_IMG_0204_s.JPG

風も少し弱まってきた上に追手気味ですから、艇が安定しているので早めの昼食にしました。暖かいものを食べて温まりたいということもあります。
11時33分、お湯を沸かして作った熱々のシーフードヌードル。これが寒い時にはとても美味い。
2015-152-18_1133_熱々のカップヌードルが美味い_IMG_0209_s.JPG
一緒に海苔で巻いたお握りも。

11時46分、南西の風、リーチングで近江舞子方向を目指します。

寒くて、身体中に力が入り強張ってきました。

11時58分、北東に志賀沖観測塔。
2015-152-18_1158_北東に志賀沖観測塔_IMG_0214_s.JPG

12時7分、東北東に志賀沖観測塔と沖島が重なって見えます。
2015-152-18_1207_東に観測塔と沖島が重なるズーム_IMG_0220_s.JPG
この角度は、志賀ヨットクラブから見た沖島の方向と一致します。

北に戻ってきたらやはり風が少し西寄りに戻り、少し強くなった感じです。その分、見かけの風が強くなり寒さが増します。
午後は晴れというような天気予報だったのですが、セーリングエリアでは日差しが見えることは有りません。
冷えて身体が強張ってガチガチです。

12時20分、何度か雷の音が聞こえました。比叡の山並みには雨脚(上空では雪かも)が見えています。寒さが堪えてきたので今日はこれで終了することにしました。
終わりと決めたら一刻も早く帰港したいので、直ぐにセールを降ろし、機走で志賀ヨットクラブを目指します。

12時30分、比叡の山並みの上空から湖側に向かって雨脚が見えます。
2015-152-18_1230_機走で帰港の途中、比叡の山並みに雨脚が見える_IMG_0225_s.JPG

12時45分、帰港。
帰港直後、クラブハウス横で。今日の完全武装のスタイル。これだけ着込むことはめったに有りません。
2015-152-18_1247_帰港直後、今日の完全武装のスタイル_IMG_0230_s.JPG

早めにセーリングを切り上げて帰港しましたし、今日は今年最後の乗艇でしたから、この後、しっかりと艇の掃除をすることにしました。
ブラシと擦り洗い用の不織布でハルの汚れ落としをしました。
2015-152-18_1428_ハル洗い完了のポーズ_IMG_0231_ts.JPG
デッキも水洗いしてそこそこ綺麗になった愛艇"BUDDY"。
2015-152-18_1513_ハル洗い完了綺麗に乾いたところ_IMG_0232_s.JPG
15時前に、掃除が完了。
キャビンで、コーヒーを入れて一休み。

後始末をして、コクピットにオーニングを掛け、スタッフに挨拶をしてクラブを出ようとするところで、琵琶湖に艇を置くようになって以来、艇の購入でお世話になっているヤマハマリーナ琵琶湖の井田さんに声をかけられ、来年のカレンダーを頂きました。

15時25分にクラブを後にしました。

15時26分、比良の山並みの雪は朝方と比べてちょっと少なくなったようです。
2015-152-18_1526_午後になって比良の山肌の雪が少し減った_IMG_0232_s.JPG

和邇駅15時45分発の電車にピタリと間に合いました。
山科で高槻から快速の普通電車に乗り換え、新大阪で新三田行に乗り換えて、塚口駅に着いたのが17時30分。
17時40分、帰宅。

今日のセーリングコースを、Google Earth でGPSのトラッキングデータを読み込んで表してみました。

琵琶湖セーリング 軌跡
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示
 
JUGEMテーマ:マリンスポーツ
| ヨット | 23:54 | comments(0) | - |