KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    KOKA (09/14)
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    gumin (09/14)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/12)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/12)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2016年11月26日の紅葉・黄葉、アメリカフウ、エノキ | main | デンマークカクタスの蕾が大きくなった >>
"POV-Ray"で作った3DCG、『紅葉の森に囲まれた屋敷』

2016年11月27日(日曜日)。4日掛かりで、"POV-Ray"で編集してはレンダリングし直しを何度も繰り返していた3DCGのシーンが、やっと出来上がりました。

 

≪ 紅葉の森に囲まれた屋敷 ≫

紅葉の森に囲まれた屋敷
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

紅葉した森の中にある石積み・レンガ積みの壁を多用した古風な家屋と車庫。石畳の前庭と道路に続く通路。東屋。自動車。鹿の群れ。赤・黄の落葉。岩。草原の中の紅(黄)葉した広葉落葉樹の多い森。背景の4,000m級の山脈。

オブジェクトを精一杯盛り込んで、赤と黄の木々の色で秋の雰囲気が出ていれば良いなーと言うところです。

 

そこで、盛り込んだオブジェクトに関するデータを記しておきます。

 

「背景の山脈」は、2016年9月1日の記事『 POV-Rayで作成した「野生動物のあり得ない集合写真」 | KOKAのつぶやき 』で使ったものとほぼ同じです。"POV-Ray"のコーディングで生成したhightfieldの地形です。山並みを3つ重ねています。手前に500mまでのなだらかな山並み、次に1500mまでの山並み、奥に急峻で雪を被った4,000m級の山脈。

今回は手前のなだらかな山並みを150mほど低くして350mまでとし後の急峻な岩峰が良く見えるようにしました。

 

「家」は、Animium.comから入手した"House 09"というデータです。

 

「車庫」は、ShareCG.comから入手した"Carriage Barn - UPDATED"です。

 

「東屋」は、Archive3D.netから入手した"Arbor_N230613"です。 

 

「森の樹木」は、次のデータを使っています。
xfrog.comから入手した"European Chestnut(castanea sativa)"。
Archive3D.netから入手した"Conifers tree 1 N100616"。
ShareCG.comから入手した"High-poly trees Puusto"。

ShareCG.comから入手した"Oaks"。
Archive3D.netから入手した"Tree Poplar 1"。
Archive3D.netから入手した"Tree Poplar"。 
Archive3D.netから入手した"Tree Poplar 5"。     
ShareCG.comから入手した"tree 4"。

これらの葉のマッピング画像を予め好みの赤・黄に加工して、12種類の樹木データに加工。樹高を15m〜25mの範囲でランダマイズしたものを700本、500m*500mの範囲に"Halton Sequence"と呼ばれる方式(コーディング)でそれぞれが適度にバラつきながら重ならないように自動的に配置しています。

    

「落葉」は、ShareCG.comから入手した"Scatterd Fall Leaves"です。
これから、黄葉主体のもの、紅葉だけのものの2種類を作成。前庭のよく見える樹木の周囲にランダムに配置しました。

 

「車」は次のとおりです。
DMI-3d.netから入手した"Packard Phaeton"。
Animium.comから入手した"RUF CTR Yellow Bird"。
Archive3D.netから入手した"Jeep-Wrangler"。
Archive3D.netから入手した"Car Land Rover Freelander Td4 2004 N191110"。

 

「鹿(前庭)」は、Animium.comから入手した"Deer by Karl Nyman"。
「鹿(岩近く)」は、Animium.comから入手した"Deer"を"metasequoia"で加工し、首を上下左右に振ったもの、角を取ってメスに加工したものと5種類に増やして使用。

「岩と砂」は、ShareCG.comから入手した"Dream Small Tropical Island"を加工して、「岩」のパーツと「砂山」のパーツに分解して夫々を"POV-Ray"で使えるオブジェクトにしました。

 

これらのデータをフリーで公開されたモデリング作者並びにサイトに深く感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 11:31 | comments(0) | - |