KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2017年2月10日の夕陽 | main | 2017年2月13日の花、ウメ、カンザキアヤメ、ボケ、ノゲシ >>
Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Aston Martin Cygnet"

2017年2月11日(土曜日、建国記念の日)。去年の夏にArchive3D.netからダウンロードし手付かずのまま放置していた自動車の3Dモデリングデータ"Aston Martin Cygnet"を、"PoseRay"でデータコンバートして"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Archive3D_Aston_Martin_Cygnet_2012_N061212_ts.jpg

こんなコンパクトカーが、アストンマーチンに有ったとは驚きです。WEBで調べてみたら、なんと「トヨタ・iQ」のOEMだとのことです。

 

ダウンロードファイル名は"43641015398b32309f457899450901c8.zip"、そのファイルサイズは33.1MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは3dsとgsmの2種類。私のアプリ環境で使えるのは3dsの方です。

 

その"Car Aston Martin Cygnet 2012 N061212.3DS"を"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Aston_Martin_Cygnet_2012_N061212_1st_s.jpg

読み込み時のエラーはありません。見た目にも形状的には問題無さそうです。ただ、各パーツのmaterialに関しては、若干手直ししたいところがあります。

 

まず、ライセンスプレート。これは前後ともモデリングされていますが、肝心のライセンスの画像がマッピングされていません。同梱されているライセンスプレート画像があるのですが、これはこのモデリングの作者のクレジットが記載されていたりして気に入らないので、WEBで見つけた次の画像をマッピングすることにしました。

2012_sweden.jpg

 

次に、タイヤですが、光り過ぎです。FinishのSpecular値を低く抑えました。

 

そして、内装に関しては、ダークグレイ一色に指定されていて味気ないので、シートにだけ次の皮革状のテクスチャ画像ファイルをマッピングしてみました。

seamless_leather_tex.jpg

 

以上の修正・追加を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Aston_Martin_Cygnet_2012_N061212_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Aston Martin Cygnet
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

objフォーマットで保存したファイルサイズが90MB近くになる精細なモデリングですから、レンダリング画像もなかなかの出来です。

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにscale合わせをしました。

その画像。

Aston_Martin_Cygnet_2012_N061212_e3_POV_scene_w560h350q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

このscale合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Aston Martin Cygnet"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 13:44 | comments(0) | - |