KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    中ちゃん (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    中ちゃん (03/26)
  • 2017年3月1日、栂池10日目
    KOKA (03/02)
  • 2017年3月1日、栂池10日目
    udon (03/02)
  • 2017年2月21日、栂池2日目
    udon (02/22)
  • 2017年2月21日、栂池2日目
    KOKA (02/22)
  • 2017年2月21日、栂池2日目
    udon (02/22)
  • 2017年1月18日、栂池10日目
    KOKA (01/19)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2017年3月18日の花、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ツクシ、ネコヤナギ、サンシュユ | main | ShareCG.comで入手した自動車の3Dモデリングデータ、"1939 Bugatti Type 57c Cabriolet " >>
2017年3月18日、春になった琵琶湖でセーリング

2017年3月18日(土曜日)。正月2日に乗艇してから2ヶ月半ぶりのセーリングです。

天気予報では琵琶湖は穏やかそうです。

朝のYahoo!天気(近江八幡市のピンポイント天気)。

天気、近江八幡

志賀ヨットクラブのライブカメラ(6時58分)のキャプチャ画像からの琵琶湖の様子。

ライブカメラ

8時前に家を出て、JRで琵琶湖へ向かいます。JR尼崎駅で近江今津行の新快速に乗り換え、堅田まで。この新快速を使うと所要時間も1時間25分前後で和邇に到着します。楽で便利です。

和邇駅着9時47分。

駅から志賀ヨットクラブまで農道沿いを歩いて行きます。比良の山並みはここ数日中に降った雪で真っ白ですが、道端の草木を見ると野草の花や木樹の芽には春が訪れています。

農道から見た比良の山並み。田圃の荒起こしが終わっています。

雪の比良山脈

ツクシ。

ツクシ

ネコヤナギ。

ネコヤナギ

サンシュユ。

サンシュユ

 

10時10分、志賀ヨットクラブに到着。

2月に依頼していた艇の点検修繕などの進み具合をスタッフの塩澤さんから説明してもらいました。

ガンネルの取替はもう少し暖かい日が続くようになってから(3月下旬ごろ)、天気を見計らって取り掛かるとのこと。

船外機のオーバーホールに関しては、プラグの取替、オイル交換、インペラーの翼の1枚が欠損していたので取替その他等など完了。

デッキの小ホールの埋め完了。

バックステーテンショナーのロープの交換完了。

ジェネカー・タックロープの取り回しの変更完了。ガンポール沿いにデッキ中央経由でコクピットに引き出す今までのやり方から、屈曲を減らすためにガンポール先端からデッキサイドにアイを取り付けて直接ストレートに引く方式に変更しました。

 

燃料を満タンにしてもらって、10時55分出港。今日のセーリング計画は、沖島往復、最終帰港予定時刻16時。

船外機はセル1発で掛かりました。振動も少なく滑らかな回転です。

 

11時1分、出港直後、志賀ヨットクラブ方向。

出港直後の志賀ヨットクラブ

比良の山並み。

出港直後の比良山脈

風が快適なので、直ぐにセールを揚げました。

11時6分、セーリング開始。

出港直後セーリング開始

セーリング開始時の動画。

結果として、この頃が今日一番の風でした。

北北東〜北東の風で、ほぼ一直線に沖島を目指してセーリング。

 

11時21分、太陽の上方に虹と飛行機雲。

虹と飛行機雲

同時刻、南の琵琶湖大橋を見ると、橋脚や周辺の樹木が水の上に浮いているように見えます。蜃気楼でしょう。

蜃気楼

 

11時半頃、昼食の準備に取り掛かりました。艇での準備はガスコンロでお湯を沸かすだけ。シーフードヌードルを作ります。

11時36分、昼食。

昼食

 

11時45分、志賀沖観測塔の南を通過。

志賀沖観測塔

 

12時10分頃から徐々に風が落ちてきました。

12時50分、無風になりました。

13時10分、風に合わせてタックし北を目指していますがほとんど無風が続き、残っている波も僅かです。

無風

 

14時丁度、無風・超微風の中、何とか沖島を目指していましたが、時間切れで帰りのコースに載せました。

風はほんの僅かですが北寄りです。

 

14時5分、ジェネカーを上げる準備をしました。

準備をしていたら、幸運にも風が僅かにやって来ました。

14時13分、微風ですがなんとかジェネカーが風を捉えました。

 

この後は、微風ですが北北西〜北北東の風が続き、良い風のときには艇速が9km/sほどにもなり快適。

 

14時43分、ジェネカーで快走、志賀沖観測塔が近くなりました。

 

このまま志賀ヨットクラブ沖まで風が続き、帰りのレグはジェネカーでの帆走を楽しめました。

15時40分、入港着桟。

 

上架作業中にクラブハウスで2度目の食事。

15時50分、2度目の昼食。

2度目の昼食

 

デッキとセールの片付けをして、16時30分過ぎにクラブを後にしました。

17時1分和邇駅発の電車に乗れました。

乗ってすぐに、3度目の食事。

3度目の昼食

山科駅乗り換え、大阪駅で下車。阪急に乗り換え、塚口まで。帰宅したのが18時45分。

 

今日は、今年最初のセーリングでしたが、帰りのレグのジェネカーでの走りが快適でした。

寒さは、それなりに着込んで対処していたので苦になりませんでした。出港直後(11時頃)が7度、最高気温は湖上でも天気予報とほぼ同じ12度。風が弱かったのと、薄曇りでしたが日差しがありましたのでそれほど寒さは感じませんでしたが、風があればかなり寒さが堪えただろうと思います。山にはまだ雪が見えているのですから。

 

今日のセーリングの軌跡(GPSのデータをGoogle Earthで表示したもの)。

琵琶湖セーリング 軌跡
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示

 

JUGEMテーマ:マリンスポーツ

| ヨット | 22:31 | comments(0) | - |