KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2017年4月24日の花、ハナミズキ、ナニワイバラ、フジ、ボタン、ノヂシャ、アカツメクサ、シロツメクサ、シラン、タンポポの穂、クサフジ、ダッチアイリス、コデマリ、オオデマリ | main | 2017年4月28日の花、ペラルゴニューム、ジャーマンアイリス、ナンジャモンジャ、モッコウバラ、ヒメウツギ、シラー・ペルビアナ、イソトマ、ハナミズキ、オオデマリ、ツツジ、ツキヌキニンドウ、フレンチ・ラベンダー、コデマリ、マツバウンラン、オダマキ、フジ、ヤマブキ、 >>
Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Audi RS6"

2017年4月25日(火曜日)。Free3D.com(元のTF3DM.com)からダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Audi RS6"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_Audi_RS6_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"Audi RS6.7z"、そのファイルサイズは6.09MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobjフォーマット。その"audi_rs6.obj"のファイルサイズは、30.7MB。結構大きなデータですから、それなりに精細なデータなのでしょう。期待して"PoseRay"で読み込みました。

 

読み込み時のエラーはありません。ところが、プレビュー画面には全く何も現れません。

読み込み処理時のメッセージには、次のように表示されています。

Done. Changes:   -38182 faces  -19069 verts  -19838 normals  -35 uvs  -3 mats  -1 groupsloaded in 27secs

間違いなく3Dデータが読み込まれています。

 

"PoseRay"のMaterialsタブを開いて、PigmentのTranslucencyを確認したところ、全てのmaterialのTranslucencyの値が100になっていました。完全透過状態の物体という指定です。確かにこの指定なら全く物体が見えなくて当たり前です。

何故か時々このようなデータに出合います。オリジナルなデータ作成時に使われたアプリケーションの内部データフォーマットから汎用のobjフォーマットに変換する際に誤変換されたのか?。あるいは読み込む側の"PoseRay"の方に問題があるのか?。その辺りのことは分かりません。

 

対処としては、個々のmaterialのTranslucency値を手作業で全てゼロに修正しました。

するとプレビュー画面にモデリングデータの姿が現れました。

poseray_preview_Audi_RS6_obj_1st_s.jpg

しかし、これも車の姿ではありません。

 

そこで、Groupsタブを開いて、モデルを構成する各groupを個々に確認したところ、地面に相当する矩形や反射をコントロールする矩形などがあることがわかりました。自動車のサイズに比べると面積の巨大なそれらの矩形を削除して、車がプレビュー内に大きく見えるようにカメラ位置を変更したところ、次のように車の姿が見えるようになりました。

poseray_preview_Audi_RS6_obj_2nd_s.jpg

データが大きくポリゴン数が多い割には、内装はかなり大雑把なモデリングです。ダッシュボードや計器類なども床もありません。

 

シートも貧弱です。そこで、手持ちの他のモデリングデータの中から、使えそうなシートのデータを切り出して、入れ替えることにしました。Audi A6のデータのシートが使えそうです。A6は、このRS6のベース車種です。

A6_Seats_s.jpg

 

その他には、前後のライセンスプレートを追加しました。手持ちのライセンスプレートにWEBで見つけてきたナンバーの画像ファイルをマッピングしました。

前部のライセンスプレートは、カーブしたタイプ。

Plate_Curve_s.jpg

後部はフラットなタイプ。

Plate_Long_s.jpg

 

これらの修正・追加を終えて、表示サイズ・表示位置を調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Audi_RS6_obj_last_s.jpg

これを、"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Audi RS6
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせをしました。

"POV-Ray"のオブジェクトライブラリに各種モデリングデータを保存しているのですが、そのオブジェクトは全て1unit=1mでスケールを合わせているからです。

 

スケール合わせ後の画像。

Audi_RS6_e2_POV_scene_w560h233q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをinclueファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Audi RS6"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:53 | comments(0) | - |