KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    KOKA (09/14)
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    gumin (09/14)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/12)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/12)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2017年6月13日の花、アジサイ、ユリ、バラ、ハナショウブ、ダリア、カンナ、カシワバアジサイ、ハイビスカス、ルエリア | main | 2017年6月14日の花、スイレン、アカンサス、バーベナ、アルストロメリア、ムシトリナデシコ、ハギ、クレマチス、アジサイ >>
Free3D.comで入手した船の3Dモデリングデータ、"Ship - boat"

2017年6月13日(火曜日)。Free3D.comで入手した船の3Dモデリングデータ"Ship - boat"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_Ship_Free3D_MediaFire_ts.jpg

面白い形と装備の船です。ただし、タイトルが"Ship - boat"では、一体どういう船なのか分かりません。昨日、"NOAA Ocean Research Ship"の記事をアップしたので、海洋調査船についてあれこれ情報を仕入れたところだったこともあって、海洋調査とかサルベージなどの作業船のようにも思えるので、とりあえずゲットすることにしました。

 

Free3D.comのこの船のダウンロードページのリンクをクリックすると、MediaFire.comにあるこの船のデータのダウンロードページにジャンプしました。

ダウンロードファイル名は"Ship - boat.7z"、そのファイルサイズは1.24MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobjフォーマット。

 

このobjフォーマットデータ"Ship - boat.obj"を"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Ship_Free3D_MediaFire_obj_1st_s.jpg

読み込み時にエラーはありませんでした。

しかしアンテナなどの上部構造、ブリッジのガラス、クレーン、デッキの手摺などを除く、船体やデッキ上の構造物などは一律にグレーでmaterialの指定がなされていません。幸いマッピング用のテクスチャ画像と思われるファイルが4個同梱されていましたので、これらを貼り付けてみたところ、上手く適合したようでダウンロードページで見た画像に近いものが得られました。

 

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

poseray_preview_Ship_Free3D_MediaFire_obj_last_s.jpg

ダウンロードページにある画像と一部変更したところがあります。マストに掲げられて国旗を変更しています。同梱されたテクスチャ画像ファイルには次の2つのフラッグが在りました。

flag.gif

ダウンロードページの画像では、このフラッグが使われています。これはベラルーシの国旗です。

ですが、マストトップには、その船が入港した港の国の国旗を掲揚するのが習慣です。その船の船籍国のフラッグは船尾に掲げます。マストトップにベラルーシの国旗が掲げられているということはベラルーシの港に入港した場合です。これはちょっとおかしいですね。ベラルーシは周りに海の無い内陸国です。

 

もう一つ一緒に同梱されていたフラッグ(テクスチャ画像)がこれです。

usa-f.gif

マッピング画像をこちらに変更ました。

 

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Ship - boat
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

エクスポートした"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせをしました。この船の全長などscale合わせの基準になる数値が全く無いので、ブリッジの窓の高さや手すりの高さなどで見当を付けて全長を試行錯誤で決めました。45mでレンダリングしたのが次の画像です。

Ship_Free3D_MediaFire_e2_POV_scene_w560h336q10.png

ここでのグリッドは5unit=5mです。

 

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Ship - boat"(これでは一般名過ぎて特定しにくいので"Ship_Explorer_Free3D_MediaFire"としました)を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

この船(あるいはデータ)に関する情報が何か無いかと、Googleで色々検索してみました。船体に表示されている特徴のある文字列を利用して検索しました。

デッキに積まれたコンテナ様の箱にペイントされているマークの中にある文字列"DO HAWAII"では、この船につながる情報を見つけることが出来ませんでした。

船首両サイドに記されている文字列"www.i am dont seen this.com"で画像を検索したところ、この船の画像がヒットしました。

検索結果の一部。

Google_画像検索_ts.jpg

検索結果のこの画像のリンクを辿ったら、次のページに行き着きました。

Noodles logbook: Cargo-ship or explorer 』。

なるほど、セーリングに関するバーチャルな世界でのシーンにこの船のデータが使われて登場しているということのようです。このブログの作者も、この船を"Cargo-ship? or explorer?"と思ったようです。私は、NOAAの船と並べてexplorerの扱いにしようと思います。となると、次は潜水艇が必要です。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 20:50 | comments(0) | - |