KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 琵琶湖で水遊びとヨットの大掃除 | main | 2017年9月1日の花、ルリマツリ、キキョウ、マメアサガオ、アメリカフヨウ、フヨウ、オクラ、ヤノネボンテンカ >>
Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Bugatti Chiron 2017"

2017年8月31日(木曜日)。昨日Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Bugatti Chiron 2017"を、"PoseRay"と"metasequoia"で加工し、"PoseRay"で"POV-Ray"フォーマットに変換、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_Bugatti_Chiron_2017_ts.jpg

ダウンロードファイルのファイル名は"6e48z1kc7r40-bugatti.zip"、そのファイルサイズは74.2MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobjとblendの2種類。blendも使えないことはないのですが、今回は使い慣れているobjフォーマットを"PoseRay"で読み込み、"POV-Ray"へコンバートします。

 

"POV-Ray"で読み込んだ最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Bugatti_Chiron_2017_obj_1st_s.jpg

空や光や地面や周辺の反射物体に相当するオブジェクトが含まれています。私が欲しいのは純粋に自動車だけのデータなので、それらを取り除く作業を行います。

今回は、"poseray"のポリゴンのgroupでは、全体が一つのgroupに纏められていたため、空や光や地面や周辺の反射物体に相当するオブジェクトだけを切り出すことが出来ませんでした。しかし、materialではこれらが個々に定義されていましたので、"PoseRay"のgroupsタブ内にある"Materials -> Groups"の機能を使って空や光や地面や周辺の反射物体に相当するオブジェクトのgroupを作成することが出来ました。このgroup名を使って不要なgroupを削除しました。

その結果のプレビュー画面。

poseray_preview_Bugatti_Chiron_2017_obj_2nd_s.jpg

このプレビューの見た目にも明らかなように、反射や透明度などの指定がかなり不自然です。

個々に手直ししました。

手直しの際に、他の自動車のモデリングデータで使われていたマッピング用のテクスチャ画像を使って見栄えを良くする工夫をしてみました。

 

タイヤ用のマッピング画像。

Pneus bump.jpg

マッピングの結果。

Tyre_s.jpg

 

ブレーキキャリパーのマッピング画像("PaintShop"で作成)。

Buggatti_Logo.jpg

マッピングの結果。

Calliper_s.jpg

 

ブレーキディスクのマッピング画像。

BRAKDISC.jpg

Transparencyマッピング用の画像(上の画像を加工して作成)。

BRAKDISC_trans.jpg

マッピングの結果。

BrakeDisk_s.jpg

 

これらの修正・加工・追加を済ませ、表示位置・表示サイズを調整した"poseray"での最終プレビュー画面。

poseray_preview_Bugatti_Chiron_2017_obj_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Bugatti Chiron 2017
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

必要以上に細かく分割した三角ポリゴンで構成されているのでファイルサイズが巨大です。それでいて、内装は全くモデリングされていませんので、窓ガラスの透明度を低くして内部が見えにくくしています。

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにscale合わせを行いました。

その画像。

Bugatti_Chiron_2017_metaseq_e3_anaume_e8_POV_scene_w560h224q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

scale合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Bugatti Chiron 2017"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 19:53 | comments(0) | - |