KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    KOKA (09/14)
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    gumin (09/14)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/12)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/12)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2017年9月3日の花、モミジアオイ、ペンタス、ノシラン、ヤブラン、ギボウシ、トロロアオイ、ラベンダーセージ、ランタナ、ムクゲ、ノカンゾウ、キンシバイ | main | "POV-Ray"で作成した3DCG、『爆走する Shockwave Jet Truck』 >>
DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Shockwave Jet Truck"

2017年9月3日(日曜日)。昨日、DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Shockwave Jet Truck"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

半月ほど前に、このデータがDMI-3d.netにアップロードされたことは気が付いていたのですが、ジェットエンジンを積んだトラクターがどういう風に使われるのかピンとこなかった(高温のジェット排気があるので、トレーラーを牽引できない??)ので、ダウンロードせず放置していました。

 

一昨日、これがどういうトラクターなのか調べてみる気になりWEBで"Shockwave Jet Truck"で検索してみたところ、トラクター&トレーラーとして使うのではなくて、3基のジェットエンジンの推力で地上を吹っ飛ぶ超弩級のドラッグレース用のトラックだということが分かりました。文字通り"Shockwave Jet Truck"の公式サイトがあります。

 

そこで、早速データをダウンロードし"POV-Ray"形式に変換して、"POV-Ray"でデータを使えるようにする作業に入りました。

 

DMI-3d.netのダウンロードーどページのキャプチャ画面。

DMI-3d_Shockwave_Jet_Truck_ts.jpg

今までのDMI-3d.netのデータでの経験から、"PoseRay"で作業するのにはlwoフォーマットが一番馴染みやすいので、今回もlwoフォーマットのデータを選択してダウンロードしました。

ダウンロードファイルのファイル名は"shockwave_jet_truck.rar"、そのファイルサイズが6.23MB。アンパックして出来たlwoフォーマットデータは"Shockwave Jet Truck.lwo"で、そのファイルサイズは6.57MB。マッピング用の精密なテクスチャ画像ファイルが沢山添付されています。3Dデータも大きいので精細なモデリングであると予想されます。マッピング画像も精密なので、期待が膨らみます。

 

早速"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Shockwave_Jet_Truck_lwo_1st_s.jpg

読み込み時のエラーは無く、見た目にも全く問題がありません。殆どこのままでデータ変換できそうです。

 

僅かに、金属部分のspecularの値を変更しました。

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

poseray_preview_Shockwave_Jet_Truck_lwo_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Shockwave Jet Truck
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

なかなか綺麗にできました。

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにscale合わせをしました。

その画像。

Shockwave_Jet_Truck_e2_POV_scene_w560h252q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

このscale合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Shockwave Jet Truck"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

これに、ジェット噴射の爆炎を加えて、早速"POV-Ray"のシーンを作ってみます。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 12:49 | comments(0) | - |