KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2017年9月24日の実、ハナミズキ、コムラサキ | main | "POV-Ray"で作成した3DCG、『前庭のバラとログハウス』 >>
Animium.comで新しく公開された自動車の3Dモデリングデータ、"BMW X6 M"

2017年9月24日(日曜日)。Animium.comで新しく公開された自動車の3Dモデリングデータ、"BMW X6 M"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_BMW_X6_M_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"bmw-x6m.rar"、パックされたそのファイルサイズは43.1MB。rarパックされてこのサイズですから、かなり大きな3Dデータだろうと思われます。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内の通りobjとmaxの2種類。私のアプリ環境で使えるのはobjフォーマットの方です。

そのobjフォーマットデータ"BMW_X6.obj"のファイルサイズは73.6MB。マッピング用のテクスチャ画像ファイルも沢山同梱されていますので、かなり精細なモデリングではないかと期待が膨らみます。

 

その"BMW_X6.obj"を"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

poseray_preview_BMW_X6_M_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーはありません。見たところ形状的な問題はなさそうです。インテリアも細かくモデリングされています。

 

ただ、細かく分かれているmaterialの指定の大部分に高いambient値が指定されていたり、強い反射が欲しいところがマットな指定になっていたりとチグハグなところがありますが、これは多分元のモデリングに使われたアプリからobjフォーマットにエクスポートする時の問題なのでしょう。気になるところだけ手入力で指定を修正しました。

 

ライセンスプレートはモデリングされていませんでしたから、手持ちのオブジェクトにWEBで見つけたライセンスナンバーの画像をマッピングして追加しました。

License_Plarte_BMW_X6_M_Animium_e2_s.jpg

 

これらの修正や追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_BMW_X6_M_obj_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

BMW X6 M
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

流石に、元のモデリングデータが精細ですから良い仕上がりです。

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにscale合わせを行いました。

その画像。

BMW_X6_M_Animium_e2_POV_scene_w560h233q10.png

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

scale合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"BMW X6 M"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:06 | comments(0) | - |