KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2017年10月3日の実、ボケ、コムラサキ | main | 2018シーズンの栂池スキーのスケジュールを決めた >>
CadNav.comで入手したトンボの3Dモデリングデータ、"Anaciaeschna jaspidea dragonfly"

2017年10月3日(火曜日)。CadNav.comで入手したトンボの3Dモデリングデータ"Anaciaeschna jaspidea dragonfly"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Anaciaeschna_jaspidea_dragonfly_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"1-140410195334.rar"、そのファイルサイズは1.18MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内通りに3dsフォーマットで、ファイル名"CBDIABLO.3DS"のファイルサイズは416KB。久しぶりにKB単位のファイルを扱います。サイズが小さいということは、モデルを構成するポリゴン数が少ないということですから、その辺りがちょっと心配です。

 

"PoseRay"でデータを読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_CBDIABLO_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーはありませんが、プレビューを一見して不具合が分かります。翅が一方に偏っています。脚がバラバラです。

 

しかし良く見ると、片側の翅はきちんとした位置にありますし、片側の3脚は正しく構成されています。

その正しい配置の翅。

Hane_CBDIABLO_s.jpg

正しい配置の3脚。

Asi_CBDIABLO_s.jpg

そこで、不具合な配置の翅と脚を削除して、正しい構成の翅と脚を夫々x軸方向に反転してコピーして使うことで問題をクリアしました。

 

また、複眼部には、次の画像テクスチャがbumpマッピングされていました。

Hexab.jpg

しかし、これではレンダリング結果が思わしくなかったので、マッピング画像を次のものに入れ替えました。

CBDIABLO_e4_img46e653b7zikazj_e1_blue.jpg

WEBで見つけた複眼の写真画像の一部を切り取り、色を青色が強く出るように変更しました。青を強くしたのは、「とんぼのめがねはみずいろめがね」という童謡の歌詞を思い出したからです。(4歳と2歳の孫が、最近良く歌っています)

 

これらの修正変更を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_CBDIABLO_obj_last_s.jpg

これを、"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Anaciaeschna jaspidea dragonfly
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

ポリゴン数の少ない小さなデータですが、予想していたよりは良い出来上がりです。

 

エクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにscale合わせをいました。

その画像。

CBDIABLO_e4_POV_scene_w560h392q10.jpg

ここでのグリッドは、0.01unit=0.01mです。

 

scale合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Anaciaeschna jaspidea dragonfly"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事ができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:32 | comments(0) | - |