KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"W-Motors Lykan HyperSport" | main | CadNav.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Blue Mountain Bike" >>
CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Jaguar S-Type mid-size executive car"

2017年10月7日(土曜日)。CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Jaguar S-Type mid-size executive car"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Jaguar_S-Type_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"1-14011P92251.rar"、そのファイルサイズは1.72MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内の通り3dsでファイル名は"Jaguar_S-Type.3ds"、ファイルサイズが1.76MB。

 

この"Jaguar_S-Type.3ds"を"PoseRay"で読み込みました。

そのプレビュー画面。

poseray_preview_Jaguar_S-Type_mid-size_executive_car_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーはありません。形状的な問題は無さそうですが、materialのspecularやambientの値の調整が必要なようです。

クローム部の反射、ガラス部の透明度、タイヤの反射等等。

 

これらの修正を終えて、表示位置表示サイズを調整した"PoseRay"のプレビュー画面。

poseray_preview_Jaguar_S-Type_mid-size_executive_car_3ds_before_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"にエクスポートしてレンダリングした画像。

Jaguar S-Type mid-size executive car
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

大サイズの画像を見ると分かりますが、ポリゴン数が少ないので曲面の繋ぎ目やエッジなどがカクカクしています。

 

そこで、ポリゴンを分割して曲面を滑らかにするために"PoseRay"のGroupタブ内にある"Subdivision"機能を使ってみました。

元データのポリゴンの構成の具合によっては、この"Subdivision"機能を使っても期待通りの滑らかさをもたらさない場合もあるのですが、今回はかなり上手く機能しました。

 

その結果のプレビュー画面。カクカクが無くなり、エッジも面も滑らかです。

poseray_preview_Jaguar_S-Type_mid-size_executive_car_3ds_subdivide_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートしレンダリングした画像。

Jaguar S-Type mid-size executive car
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

かなり綺麗な画像になりました。

これに、何時ものことですが、ライセンスプレートを付けます。元データではモデリングされていないので、手持ちのライセンスプレートの3Dデータをマージしました。

これです。

Jaguar_S_Type_e3_License_s.jpg

 

この他には、内装が一様で寂しいので、次の皮革状のテクスチャ画像をマッピングシました。

Jaguar_S_Type_e3_seamless_leather_by_hhh316_d30sqf0.jpg

 

これらの追加修正を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Jaguar_S-Type_mid-size_executive_car_3ds_subdivide_license_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その最終画像。

Jaguar S-Type mid-size executive car
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにscale合わせを行いました。

その画像。

Jaguar_S_Type_e3_POV_scene_w560h233q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

scale合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Jaguar S-Type mid-size executive car"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 22:06 | comments(0) | - |