KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< Metasequoiaのインストーラーについて、avastから安全との報告 | main | DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Peterbilt 379 4axle" >>
"POV-Ray"で作成した3DCG、『秋色に染まる野山』

2017年10月20日(金曜日)。"POV-Ray"で作成した3DCGです。"POV-Ray"で作っている「ジオラマ」風世界を、秋の色に染めてみました。

 

≪ 秋色に染まる野山 ≫

秋色に染まる野山
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

樹木の多くはWEBで公開されているフリーのデータを"POV-Ray"形式に変換して使っています。

その出処を記しておきます。

森や山の樹木
High-poly trees Puusto を黄葉に変更 ShareCG.com
Tree Poplar 5 を黄葉に変更 Archive3D.net
Tree Poplar を黄葉に変更 Archive3D.net
Tree N060317 を黄葉に変更 Archive3D.net
Tree N200517 を紅葉に変更 Archive3D.net
European Chestnut を紅葉と黄葉に変更 xfrog.com
Bush 1 N230814 を紅葉に変更 Archive3D.net
Bush 2 N230814 を黄葉に変更 Archive3D.net
フリーソフト"tree[d]"で作成した樹木 紅葉3本、黄葉2本 自作

 

水辺の薄水色の小花、黄色の小花を散りばめた草むらは、grass.inc とgrass.incから呼び出される flowers.incというincludeファイルを使っています。このincludeファイルはネットで入手した『Grass Plugin for POVRay』by Gordon (gbentley@birdcameron.com.au) というものです。しかし、どこからダウンロードしたものか不明です。

 

草原風テクスチャは、元のデータでは緑系でしたが、textureを弄って黄色味を強めてみました。元の"POV-Ray"インクルードファイル"grasstex.inc"は Rune Skovbo Johansen さんの作られたものです。Rune Skovbo Johansen さんのホームページで公開されています。

 

森の背の高い細葉の草むらは、scottさんのGrass生成のincludeファイル(scottGrass.inc)を利用しましました。これは、POV-Rayのnewsgroupで公開されています。『 POV-Ray: Newsgroups: povray.binaries.scene-files: grass: Re: grass 』。

 

遠景の山脈は、pigment function でパターンを使ってheightfieldを生成しているのですが、そのエッジが自然にwaterlevelに収まるようにコーディングされています。元のコードは、次のところから頂きました。
POV-Ray公式サイトのnewsgroupの次のスレッドです。
POV-Ray: Newsgroups: povray.binaries.images: Mesh vs mesh2

 

これらのデータとコードをフリーで提供して下さった作者とサイトに感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 17:31 | comments(0) | - |