KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    KOKA (09/14)
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    gumin (09/14)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/12)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/12)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2017年11月2日の実、キンカン | main | 2017年11月4日の花、ツバキ、ダリア、サザンカ、フジバカマ、ツワブキ、オオギク、コギク、ブラシノキ >>
2017年11月3日の琵琶湖は、ベタ凪の繰り返し、でも最後はジェネカーで快走

2017年11月3日(金曜日、文化の日)。台風21号の被害を受けた志賀ヨットクラブでは先週一杯は艇を出すことが出来ない状態が続き、そこにまた22号がやってきたりで強風対策を再び施すことになり、今週はじめにやっと平常の営業に戻ったところです。

今日は、天気は良さそうですが、日本海と太平洋に弱い低気圧があってその間に挟まれた日本列島の上空は微妙に弱い高気圧帯に入り、どう転ぶかわからない予測しにくい状態です。

それでも、予報士の皆さんは予報を出します。

今朝のYahoo!天気の、近江八幡市のピンポイント予報。滋賀ヨットクラブは湖西にありますが、湖東の沖島をセーリングの目的地にすることが多いので、近江八幡市の天気に注目します。

2017-11-03_近江八幡市天気_s.jpg

こう云う時の湖上での風は、この予報を参考にはするが信用しない方が良いというのが経験則です。

 

志賀ヨットクラブのライブカメラで見た今朝の琵琶湖の様子。

2017-11-03_志賀ヨットクラブライブカメラ_s.jpg

風はほとんど無くて、穏やかですが、セーリングには風がないのは困りもの。

 

いつもの通り、JRで琵琶湖へ向かいます。ところが今日は文化の日、休日ダイヤです。通勤時間帯の混み合ったダイヤではないので乗り換えの接続時間がゆったりなのは良いのですが、その分所要時間が多く掛かってしまいます。家を5分早く出て、JR和邇駅に着いたのは平日の到着よりは15分ほど遅い、9時32分。

 

天気は予想していたよりかなり良くて、比良の山並みの上に雲がありますが、それ以外の上空と四周にはほとんど雲が見られませんから晴れと言って良い状態です。

農道沿いに志賀ヨットクラブへ向かいます。今日は休日ですから、普段(私達夫婦は平日の琵琶湖通い)と違いすれ違う大人の姿が目につきます。ランニング姿だったり犬の散歩だったり、出かける途中だったりと色々です。その人たちの多くが、私達とすれ違う時に目礼をされたり「おはようございます」と声をかけて挨拶をされます。子供たちもです。都会では見知らぬ人に声を掛けられたりすると警戒してしまいますが、ここではその挨拶が心地良い雰囲気があります。

 

10時丁度、志賀ヨットクラブに到着。休日の10時なのでメンバーの訪れが多いかもしれないと思っていたのですが、予想に反して静かなものです。

 

セーリング前の艇の準備をします。台風21号の被害で右舷スターンコーナーのパルピットが曲がった所為でライフラインが弛んでいるのですが、これは中間をトッピングリフトで引き上げて使うことにしました。

こんな具合。

2017-11-03_1449_ライフラインをトッピングリフトで揚げる_IMG_2347_ts.JPG

 

10時45分出港。今日のセーリングの目的地は一応沖島。風が弱そうですから、時間内に行けるところまで行って、帰ってくるつもりです。最終帰港予定時刻は16時。

風が弱そうなので、ジブセールは90%のセルフタッキングジブではなくて110%のレギュラージブを選択。

 

出港直後の比良の山並み。

2017-11-03_1049_出港直後の比良の山並み_IMG_2317_S.JPG

 

10時50分、セールを上げました。風は、東の微風。スタボータックのクローズリーチで北の青柳浜沖方向を目指します。しかし、この東からの風は、すぐにあるのか無いのか分からない程に弱くなります。

ワイフと二人、コクピットの風下側サイドデッキに座ってヒールさせ何とかセールの自重で膨らみを保たせようと努力します。こんな時に高速で通過したモーターボートやバスボートの大きな曳き波に揺られてセールがバタつき行き足が失われると、ちょっと腹が立ったりします。

 

11時17分。超微風で何とかセーリングしていたけれどついにベタ凪になりました。

風が無くなって天気が良いので日差しが暖かく、デッキ面が熱くなるほどです。

 

艇の向きを保持したままで、風を待ちながら、昼食の準備を始めました。昼食の準備と言っても、殆どは簡単にすぐに食べられるものを家で作って持ってきていますが、お湯を沸かして温かいスープ代わりにカップヌードルを作ります。

11時35分、昼食開始。

2017-11-03_1136_昼食_IMG_2322_S.JPG

 

食事中、北〜東方向から小さな風紋が広がって来るのが見えます。顔に僅かに北東の風が感じられるので風のありそうな湖中央部に向かうようにタックしました。

そろそろとポートタックのクローズホールドで志賀沖観測塔方向へ進みます。

 

12時20分。再び、手の施しようもないベタ凪になりました。湖面全体が鏡の様。

 

ジブセールの膨らみ具合を見ながら、何とか艇を進めます。我慢して風を待ちます。

 

12時40分、湖面に皺が入って僅かながら風がやって来た様子が伺えます。顔に僅かに当たる風の方向は北寄りです。

12時41分。北北東の超微風に合わせて、ダイレクトに沖島を目指し東に進みます。

 

12時46分、志賀沖観測塔を東へ少し過ぎたあたりで、北北東の微風でゆっくりとですが安定して走り出しました。

 

この北北東〜北の風が弱いながら何とか続いて、ポートタックのビームリーチでゆっくりと沖島方向へ進みます。

 

13時24分、再び風が無くなってしまいました。

2017-11-03_1324_風が弱まる_IMG_2336_s.JPG

湖中央部辺りで、まだまだ沖島は遠い。

 

このベタ凪は5分ほどで過ぎ、再び北の風で進み始めました。今度は今までの超微風よりは少しだけですが力のある微風で、時折艇速も4〜5km/h位になりました。

 

14時になりました、しかし沖島へはかなりの距離を残していますし時間的にはもう余裕がありません。

14時2分、ジャイブして帰りのレグに入りました。

ジャイブして後方の沖島方向を見たところ。

2017-11-03_1403_ジャイブした_IMG_2337_s.JPG

この後は、ダイレクトに志賀ヨットクラブを目指します。

ジェネカーに最適の風に思えます。左舷側でジェネカーの準備をはじめました。

2017-11-03_1403_ジェネカーの準備_IMG_2338_s.JPG

14時9分、ジェネカーで帆走。

この風は、この後途切れず続きました。

 

14時48分、志賀沖観測塔に近づくところ。この日一番の走り。

 

志賀沖観測塔を西に過ぎてしばらくすると風が少し東に回り北東〜東北東になりました。ダイレクトに志賀ヨットクラブを目指すとランニングに近くなりジェネカーのスピードが維持できません。コースを少し風上側に取って青柳浜方向を目指します。こうすればジェネカーが効いてスピードが上がります。

 

しかし、湖岸まであと3kmくらいになったところで風がパタリと落ちてしまいました。

15時25分、ジェネカーを降ろし、メインセールも降ろし、機走で帰ることにしました。風も波もないのでゆっくりとセールを片付ける作業しながら、のんびりと機走で志賀ヨットクラブを目指します。

 

15時39分、入港直前。正面に太陽とその湖面の反射があるので眩しい。

2017-11-03_1539_入港直前_IMG_2354_s.JPG

入港直前、北の比良の山並み。紅葉が始まり色付いた気配があります。

2017-11-03_1538_エリ通過の山並み_IMG_2352_s.JPG

 

15時45分、帰港。帰港の届けを記す時に今日の出入港届を見たら、私達のを入れて2枚だけ。

クラブハウスでシャワーを浴び、さっぱりしてから艇の後片付け。

16時50分、クラブを後にしました。

 

農道を歩いてJR和邇駅に向かいます。琵琶湖周辺の今日の日没は17時1分。太陽はすでに西の山並みの陰に沈んでいます。

17時6分、東の空に月が昇ってきました。

2017-11-03_1706_月の出_IMG_2362_s.JPG

 

17時45分和邇駅発の京都行に乗車、山科で高槻から快速に変わる姫路行に乗り換え、大阪駅で下車、阪急に乗り換えて塚口まで、帰宅したのが19時45分でした。

 

今日のセーリングの航跡を、ハンディGPSのトラッキングデータを使いGoogle Earthで表示してみました。

GRSのトラッキングデータをGoogle Earthで表示
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1040)画像を表示

 

暑くなく寒くなく気候的には最適の時期です。ベタ凪にはちょっと苦労しましたが、帰りのレグのジェネカーの帆走が快適でしたから、まあまあ良い一日でした。

 

JUGEMテーマ:マリンスポーツ

| ヨット | 23:55 | comments(0) | - |