KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Chevrolet Camaro ZL1 1LE 2018" | main | 2017年11月21日の花、コギク、サザンカ >>
ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"77 Lincoln Continental"

2017年11月21日(火曜日)。一昨日入手した3件の自動車の3Dモデリングデータの3番目が、このShareCG.comからダウンロードした"77 Lincoln Continental"です。これも一昨日の夜中に"PoseRay"を使ってデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

ShareCG_Lincoln_Continental_Mark_V_1977_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"77Lincoln.zip"で、そのファイルサイズが9.58MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内の通り3dsフォーマットです。その"77Lincoln.3ds"のファイルサイズは、3.84MB。この3dsフォーマットファイルのサイズにしてはzipパックのファイルサイズが大きすぎます。解凍されてできたファイル群を点検してみたら、1.9MB、2.3MB、2.8MBという巨大なサイズのJPEGファイルが含まれていました。(少し後で、作業が進んだところで分かったことなのですが、何故かこの巨大な画像ファイルは何処にも使われていないのです)

 

この3dsフォーマットファイルを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Lincoln_Continental_Mark_V_1977_3ds_1st_s.jpg

読み込み時に1件エラーがありました。

Material (mat57): Map STRIPE~1.PNG not found. Use search tool in materials tab.

マッピング指定で使われているファイル"STRIPE~1.PNG"が見つからないというエラーです。Zipパックされたデータを解凍したフォルダー内を探してもその様な名前のデータはありません。これがマッピングされている場所は、フロントグリル部分で、ファイルの名"STRIPE~1.PNG"から推測すると、縦のストライプ状のフロントグリルを表現する画像ファイルではないかと推測されます。そこで、他の3Dモデリングデータで同じような目的で使われていた次の画像ファイルを割り当ててみました。

BMPFARO_r.JPG

これで、縦のストライプ状のフロントグリルが表現できたようです。

 

このモデリング作者Birdmanさん(ShareCG.net内でのニックネームで、本名はDavid A. Swanさん)のモデリングデータでは、基本形は整えた上で、小さな部分については省略されているケースが時折あります。今回のデータでもパーツの省略が目立ちます。

そこで、手持ちの部品データから次のようなパーツを追加しました。

 

サイドミラー。

Side_Mirror_s.jpg

ドアノブ。

Door_Knob_s.jpg

アンテナ。

Antena_s.jpg

ライセンスプレート。

License_Cal_1977_s.jpg

 

これらの修正と部品追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Lincoln_Continental_Mark_V_1977_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

77 Lincoln Continental
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Lincoln_Continental_Mark_V_1977_e4_POV_scene_w560h200q10.png

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"77 Lincoln Continental"を"POV-Ray"の部品として、何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:13 | comments(0) | - |