KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 浅黄斑さんの新刊、『風花の露 無茶の勘兵衛日月録18』 | main | 2017年12月25日の花、サザンカ、スイセン、イチゴノキ、デンマークカクタス >>
ピックアップトラック"Ford F-150"の3DCGデータを、オフロード仕様に変更

2017年12月24日(日曜日)。以前にTF3DM.com(現在はFree3D.com)から入手した"Ford F-150 Raptor"の3Dモデリングデータを、オフロード仕様に変更して"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

日本ではピックアップトラックは極一部のアウトドア派に乗られる程度で見かけることは極稀ですが、北米では都会でも田舎でもとても良く乗られていて言わば国民車と言える位置づけです。

そのピックアップトラックの中でベストセラー・ロングセラーのトップの座にあるのがFord Fシリーズです。Fシリーズの現在の主力車はF-150です。

そんな人気車の"Ford F-150"ですから、WEB上でもあちこちに何種類もの3Dモデリングデータが公開されています。

私が、フリーの3Dデータを見付けてダウンロードし、データ変換してプライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存したものでも3種類あります。

2017年9月19日『CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Ford F-150 Platinum" | KOKAのつぶやき

2017年6月12日『DMI-3d.netで新しく公開された自動車の3Dモデリングデータ、"Ford F-150" | KOKAのつぶやき

2015年4月9日『TF3DM.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Ford F-150 Raptor" | KOKAのつぶやき

 

今回、この3番目のTF3DM.com(現在はFree3D.com)から入手した"Ford F-150 Raptor"をベースに、街乗りのピックアップを荒地走行の出来る本格的なオフロード仕様に変更して、"POV-Ray"でレンダリングしてみました。

 

元になる"Ford F-150 Raptor"。

Ford_F150_Raptor_e6_w560h420q10.jpg

 

これに、次のフロントガードを取り付けます。

Parts_Guard_s.jpg

このパーツは、DMI-3d.netからダウンロードした"Lada Niva"から切り出してパーツ化しました。

 

ロールバー。

Parts_Roll_Bar_s.jpg

これは、DMI-3d.netからダウンロードした"Dodge Ram Ext. Cab"から切り出してパーツ化したものです。

 

ルーフキャリー。

Parts_Roof_Carry_s.jpg

これは、DMI-3d.netからダウンロードした"Ford Expedition"から切り出しパーツ化しました。

 

フォグランプ。

Parts_FogLamp_s.jpg
これは、Animium.comからダウンロードした"Hummer H3"から切り出してパーツ化したもの。

 

ホイールは、次のものに取り替えました。

Parts_Wheel_s.jpg

これは、 DMI-3d.netからダウンロードした"Hummer H2 SUT"から切り出してパーツ化したものです。

 

ウィンチ。

Parts_Winch_s.jpg
これは、ShareCG.comからダウンロードした"Winch prop for Expedition Truck"を使用しました。

 

"PoseRay"でこれらの修正追加作業を終え、表示位置・表示サイズを調整して、"POV-Ray"へエクスポートしてレンダリングしました。

その画像。

Ford F-150 Raptor Offroad
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

この"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

Ford_F150_Raptor_e91_guard_rollbar_RoofFogLamp_FatTyre_winch_POV_scene_w560h240q10.png

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。"Ford F-150 Raptor"は既にあるので、"Ford F-150 Raptor Offroad"で登録。

これで、この"Ford F-150 Raptor Offroad"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 13:45 | comments(0) | - |