KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 今シーズン2回目の栂池高原スキー場行の準備 | main | CadNav.comからダウンロードした飛行機の3Dモデリングデータ、"Early Aviation Aircraft" >>
CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Dodge Viper GTS Blue"

2018年2月10日(土曜日)。CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Dodge Viper GTS Blue"を"PoseRay"と"Metasequoia"で加工、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Dodge_Viper_GTS_Blue_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"cadnav-1P2091J147.rar"、そのファイルサイズは8.45MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobj。

 

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Dodge_Viper_GTS_Blue_obj_1st_s.jpg

読み込み時にエラーなどはありません。

ただ、私には敷石の地面が邪魔なので、これを削除したいのですが、"PoseRay"で読み込んだデータはmaterialはパーツに細かく区分されているのですが、ポリゴンgroupは敷石の地面と車体とが一体で一つのgroupに纏められています。

そこで、"PoseRay"の「マテリアルからグループを生成する」機能"Materials -> Groups"を使ってポリゴングループを細かく分割しました。その中に敷石部分のグループのあるので、このポリゴングループを削除しました。

削除後の画像。

preview_Dodge_Viper_GTS_Blue_obj_2nd_s.jpg

これを元に、私なりに少しだけ見た目を修正することにしました。

 

ボディーの両サイドと後部に、"DODGE"や"ViperGTS"などのテキストが3D化されてモデリングされているのですが、ボディーのペイントと一色になってしまっています。

このテキスト部分だけを"Metasequoia"を使って切り分け、クロームメッキのマテリアルに変更することにしました。

その切り分けた3Dテキスト部分(車体の両サイドと後部)。

Body_Text_Dodge_Viper_GTS_Blue_s.jpg

 

タイヤのモデリングはトレッドも無くのっぺらぼうで、マッピングもされていないので、他の車種で使われていた次の画像データをマッピングしました。

Wheelbum.jpg

 

車体後部にはライセンスプレートがモデリングされていましたので、これを"Metasequoia"を使って切り出し、ライセンスナンバーの画像をマッピングしました。

License_Plate_Frame_s.jpg

そして、この切り出したライセンスプレートをコピーして、前部のライセンスプレートとして追加しました。

 

これらの修正・加工・追加作業を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_Dodge_Viper_GTS_Blue_e5_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Dodge Viper GTS Blue
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Dodge_Viper_GTS_Blue_e5_POV_scene_w560h224q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Dodge Viper GTS Blue"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

"Dodge Viper"という車種については、過去に3件のデータをライブラリ化しています。今回の"Dodge Viper GTS Blue"を加えて4種類の"Dodge Viper"のデータを保有することになりました。

 

過去の3件。

2017年4月3日、『 Animium.comで新しく公開された自動車の3Dモデリングデータ、"Dodge Viper SRT" | KOKAのつぶやき 』  

2016年1月19日、『 TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Dodge viper srt 10" | KOKAのつぶやき 』  

2014年10月5日、『 Animium.comで公開された3Dモデリングデータ、"Dodge Viper GTS" | KOKAのつぶやき

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:13 | comments(0) | - |