KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< CadNav.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Dodge Viper GTS Blue" | main | Google Earthで琵琶湖の志賀ヨットクラブを表示していて気が付いたこと >>
CadNav.comからダウンロードした飛行機の3Dモデリングデータ、"Early Aviation Aircraft"

2018年2月11日(日曜日、建国記念の日)。昨日CadNav.comからダウンロードした飛行機の3Dモデリングデータ"Early Aviation Aircraft"を、"Metasequoia"と"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Early_Aviation_Aircraft_ts.jpg

このデータの案内にあるように、ファイル形式はfbxです。 fbx は、オートデスク製品間に相互運用性をもたらすファイル形式ですが、私が"POV-Ray"形式へのコンバーターとして使う"PoseRay"はこの形式に対応していません。しかし、もう一つのツール"Metasequoia"はこのfbxの読み書きが可能です。

今までは"PoseRay"が対応している複数のデータ形式の中から、主に3ds、lwo、objを選択してきたのですが、今回は"Metasequoia"を前段のコンバーターとして使い、fbxを読みそれをobjで書き出し、書き出されたobjを"PoseRay"で読み込み"POV-Ray"へエクスポートする、という2段構えでのデータ変換を試みました。

 

ダウンロードしたファイル名は"cadnav-1P209213415.rar"、そのファイルサイズは3.28MB。アンパックして出来た3Dデータは案内の通りfbxです。

 

そのfbxフォーマットデータを"Metasequoia"で読み込みました。

その画面。

preview_Early_Aviation_Aircraft_fbx_Metaseq_1st_s.jpg

これを、そのままobjフォーマットで書き出しました。

 

そのobjフォーマットデータを、今度は"PoseRay"で読み込みました。

そのプレビュー画面。

preview_Early_Aviation_Aircraft_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。見た目にも全く問題がないので、このまま"POV-Ray"でレンダリングが出来そうです。

 

表示位置と表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_Early_Aviation_Aircraft_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

1938-peugeot-402
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。この飛行機の全長を6.5mとしてスケール合わせを行いました。

そのスケール合わせ後の画像。

Early_Aviation_Aircraft_e1_POV_scene_w560h261q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Early Aviation Aircraft"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事ができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:00 | comments(0) | - |