KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< Google Earthで琵琶湖の志賀ヨットクラブを表示していて気が付いたこと | main | 2018年2月13日、栂池1日目 >>
Animium.comからダウンロードした動物(鹿)の3Dモデリングデータ、"Lowpoly Deer"

2018年2月12日(月曜日、建国記念の日の振替休日)。Animium.comからダウンロードした動物(鹿)の3Dモデリングデータ"Lowpoly Deer"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_Lowpoly_Deer_ts.jpg

この案内の中に"fallow deer"とありますので、Google 検索したところ「ダマジカ」だと分かりました。そして次のような情報も手に入れました。

体長110-190cm。肩高90-110cm。体重40-100kg。メスよりもオスの方が大型になる。
角は雄だけにあって、長さは平均で50〜70cm程だが、中には90cmを超えるものも見られる。

 

早速ダウンロード。ダウンロードファイル名は"Deer.rar"、そのファイルサイズは24.3MBでした。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは案内の通りmaxフォーマットとobjフォーマットの2種類。私のアプリ環境で使えるのはobjフォーマットの方です。

 

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Lowpoly_Deer_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。形状的な問題は無さそうですが、体表全体がピカピカなのはちょっとおかしいので修正が必要です。

 

全体に1枚の画像ファイルがUVマッピングされています。このmaterialの反射の指定値を殆どゼロにまで抑えて修正しました。

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_Lowpoly_Deer_obj_last_s.jpg

これを"POseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

fallow deer
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。角のある雄のダマジカということで肩高100cmを目処に試行錯誤してスケール合わせを行いました。

その画像。

FallowDeer_Metaseq_e1_POV_scene_w560h363q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

 

メスは角が無いということなので、このモデリングデータから角を削除して、少し小さ目の体にして、メスのデータも作ることにしました。

 

角の部分を削除するのに"Metasequoia"を使いました。

Metaseq_Lowpoli_Deer_s.jpg

角の部分が独立した接続面になっていましたので、削除は実に簡単でした。このデータをobjフォーマットで書き出して、"PoseRay"で読み込み、"POV-Ray"へエクスポートしてレンダリングしました。

その画像。

fallow deer
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

これもまた、スケール合わせを行いました。オスより少し小さ目に、肩高90cmを目処に試行錯誤してスケール合わせを行いました。

FallowDeer_Metaseq_Female_e1_POV_scene_w.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルもincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

これで、この「ダマジカ」を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事ができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:17 | comments(0) | - |