KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2018年3月3日、やっと今年のヨット初乗り | main | 「Google のバックアップと同期」を使い始めました >>
ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Willis-Overland"

2018年3月4日(日曜日)。ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Willis-Overland"を"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

ShareCG_Willis-Overland_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"Overland.zip"、そのファイルサイズが8.17MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは3ds。

その3dsフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Willis-Overland_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーはありません。一見したところ形状的にも問題は無さそうです。

 

フロントグリルに次の金属メッシュ状の画像ファイルをマッピングすることにしました。

depositphotos_2288432_xs_2212_detail.jpg

これから作成したtransparencyマッピング用の画像ファイル。

depositphotos_2288432_xs_2212_detail_trans.jpg

 

ステップ位置に次の画像ファイルをマッピング。

Metal structure.jpg

 

前後にライセンスプレートを追加しました。ライセンスプレート用のオブジェクトはパーツ化して保有しているものを使い廻しました。

License_Plate_Willis_Overland_e3_s.jpg

ライセンスナンバーはWEBで1916年の物を探してきました。

 

これらの加工・修正を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Willis-Overland_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Willis-Overland
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

エクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。"Willis-Overland 1916"のスペックスを検索しましたが見つからず、同年代のクーペのサイズに多いホイールベース100インチ(254cm)を目安にスケール合わせを行いました。

その画像。

Willis_Overland_e3_POV_scene_w560h280q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Willis-Overland"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:40 | comments(0) | - |