KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2018年3月6日の花、ツバキ、クリスマスローズ、コスミレ、サンシュユ、ジンチョウゲ、ミツマタ、カンザキアヤメ、矮性ラッパズイセン、ジャノメエリカ、ボケ、ハナニラ、ロウバイ、ツクシ、ヒメオドリコソウ | main | Animium.comからダウンロードした魚の3Dモデリングデータ、"Nizimasu" >>
Animium.comからダウンロードした魚の3Dモデリングデータ、"Amago"

2018年3月6日(火曜日)。Animium.comからダウンロードした魚の3Dモデリングデータ"Amago"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_Amago_trout_ts.jpg

2008年6月に公開されていますから10年も前のデータです。

ダウンロードファイル名は"Amago.rar"、そのファイルサイズは137KB。流石に10年前のデータは小さいですね、単位がキロバイトでした。

アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは3ds、そのファイル"Amago0.3ds"のファイルサイズは142KBでした。

 

そのデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Amago_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。見た目にも特に問題は無さそうです。

ただ、マッピングされている画像ファイルの解像度が小さいので、大サイズでのレンダリングだとジャギーが目立ってしまいます。その同梱されていたマッピング用画像がこれです。

AmagoT.jpg

256×256のサイズです。

"POV-Ray"に持ち込んだ時に、最低でも1600*1200の画像を出力しますので、もう少し解像度の高い画像が欲しいです。

そこで、上の画像ファイルを拡大することにしました。縦横ともに8倍の2048×2048の画像に加工します。

こんな時によく使うソフトが"SmillaEnlarger"というフリーソフトです。

起動時の画面。

SmillaEnlarger_s.jpg

これを使うと、拡大してもジャギーが目立たず解像度を上げることが出来ます。

今回の結果は、こんな具合です。

元画像の一部(8倍に表示)。

Bitnap_ORG_w560h800q10.jpg

"SmillaEnlarger"で8倍に解像度を上げたものの一部。

Bitmap_EnLarge_w560h800q10.jpg

この解像度を上げた画像ファイルをマッピングに用いました。

 

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_Amago_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Amago
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

エクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Amago0_e_metaseq_e1_POV_scene_w.png

ここでのグリッドは,0.05unit=0.05mです。

 

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Amago"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

水中で泳いでいる魚を複数配置する場合に、まっすぐな姿勢の魚だけではリアリティが損なわれます。

そこで尻尾を左右に振った姿勢の魚体のデータも作成することにしました。

 

上のデータを、"Metasequoia"で読み込んで尻尾を左右に曲げます。

Amago_Metaseq_Mage_s.jpg

このデータをobjフォーマットでエクスポートし、そのデータを"PoseRay"で"POV-Ray"フォーマットへとデータ変換しました。

その画像。

Amago0_e_metaseq_e1_Left_2018_03_05_11_43_40_w560h420q10.jpg

Amago0_e_metaseq_e1_Right_2018_03_05_11_50_12_w560h420q10.jpg

これらもスケール合わせを行い、"POV-Ray"のincludeファイル化して、オブジェクトライブラリに保存しておきました。これで左右に尻尾を振ったデータも"POV-Ray"の部品として使えます。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:59 | comments(0) | - |