KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< Amazonから届いた『サピエンス全史』 | main | 2018年3月14日の室温(最高)は24.2度 >>
TurboSquid.comからダウンロードした樹木の3Dモデリングデータ、"tree1 by Medievalworlds"

2018年3月14日(水曜日)。TurboSquid.comからダウンロードした樹木の3Dモデリングデータ"tree1 by Medievalworlds"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

TurboSquid_tree1_ts.jpg

TurboSquid.comでは、複数の3Dフォーマットから選択してダウンロードできるようになっています。

最初に3dsフォーマットを選択してダウンロードしました。

その3dsフォーマットのデータを"PoseRay"で読み込んだ最初のプレビュー画面。

preview_tree1_by_Medievalworlds_from_TurboSquid_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありませんでしたが、同梱されている幹・枝のマッピング画像、葉のマッピング画像のUV情報が存在しません。ポリゴンデータのgroupもmaterialも全体で一つしか定義されていませんので、"PoseRay"でマッピングを行うのは無理です。

 

そこで、もう一つの3Dフォーマットlwoを選択してダウンロードしました。

そのlwoフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_tree1_by_Medievalworlds_from_TurboSquid_lwo_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはなく、マッピングも綺麗に設定されていて見た目にも問題はありません。このままデータ変換して"POV-Ray"でのレンダリングに持ち込めそうです。

 

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_tree1_by_Medievalworlds_from_TurboSquid_lwo_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

tree1 by Medievalworlds
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

エクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Tree1_by_Medievalworlds_TurboSquid_e2_POV_scene_w560h840q10.jpg

ここでのグリッドは、1unit=1mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"tree1 by Medievalworlds"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

この広葉樹を、秋の黄葉・紅葉としても使えるように、マッピング画像ファイルの葉の色を変えたものもオブジェクト化しました。

Tree1_by_Medievalworlds_TurboSquid_e2_Yellow_2018_03_13_22_27_06_w560h420q10.jpg

Tree1_by_Medievalworlds_TurboSquid_e2_Red_2018_03_13_21_22_47_w560h420q10.jpg

この黄葉・紅葉の樹木もオブジェクトライブラリに保存しました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 10:20 | comments(0) | - |