KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2018年5月6日の花、アカバナユウゲショウ、シンビジウム、ペラルゴニューム、ミカン、ハクチョウゲ、ピラカンサ、ゴデチア、バンマツリ、ハルジオン、エゴノキ、タニウツギ、クレマチス、ケムリノキ、ヤマボウシ、マツバギク | main | Free3D.comからダウンロードした飛行機の3Dモデリングデータ、"Biplane by johnny_brizu1961" >>
TurboSquid.comからダウンロードした中世風建物の3Dモデリングデータ、"Medieval village (free) by emelnikov"

2018年5月6日(日曜日)。TurboSquid.comからダウンロードした中世風建物の3Dモデリングデータ"Medieval village (free) by emelnikov"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

TurboSquid_Medieval_village_(free)_by_emelnikov_ts.jpg

このページの画像を見ると、タイトルにvillageとあるだけに全部で7棟の建物のデータが含まれているようです。

2014年の夏頃から、"POV-Ray"で中世風街並みを作っていますが(今も継続中)、それなりに使えるデータが家屋、宿、城壁、城塞、城、教会などを含めて42件ほどになっています。

今回のデータには7棟含まれているようなので、これが使えるようになれば一気に手持ちのデータが増えそうで、期待が膨らみます。

 

TurboSquid.comのデータは、フォーマット別にアップロードされている場合が多く、今回のデータはmaxとobjとtextureの3つに分けられています。私が使えるのはobjフォーマットです。textureはマッピング用の画像ファイルが纏められているものと思われますので、これも選択しました。

ダウンロードファイル2個のファイル名が"Obj.zip"と"textures_render.zip"。そのファイルサイズは216KBと39.7MB。

 

"Obj.zip"と"textures_render.zip"をアンパックしてみたら、予想通り7棟の家屋のobjファイルと、その7棟の家屋用のマッピング用textureファイルが出来上がりました。

 

objフォーマットデータが解凍されたフォルダを見ると次の様になっています。

obj_mtl_file_list_ts.jpg

"Medieval village"全体が構成されているのではなくて、構成する各棟が個別に切り分けてobjファイルになっています。これは1棟ごとに"POV-Ray"データ化したい私には都合の良いことです。

 

"MD_house_1.obj"から"MD_house_7.obj"まで順番に"PoseRay"で読み込み、"POV-Ray"へコンバートしてレンダリングし、ライブラリ化する作業を行いました。

"MD_house_1.obj"を"POV-Ray"へコンバートし、スケール合わせをする際に気が付きましたが、このデータはmm単位でスケールが実物大に整えられてモデリングされていました。私の"POV-Ray"世界のスケーリングはm単位ですので、"POV-Ray"にコンバートされた各棟のサイズを100分の1にすればOKです。

 

各棟のレンダリング画像。

"MD_house_1.obj"の画像。

MD_house_1.obj
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

"MD_house_2.obj"の画像。

MD_house_2.obj
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

"MD_house_3.obj"の画像。

MD_house_3.obj
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

"MD_house_4.obj"の画像。

MD_house_4.obj
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

"MD_house_5.obj"の画像。

MD_house_5.obj
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

"MD_house_6.obj"の画像。

MD_house_6.obj
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

"MD_house_7.obj"の画像。

MD_house_7.obj
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

これら全ての"POV-Ray"データを1unit=1mにスケール合わせをした後に、"POV-Ray"のオブジェクトライブラリに保存しました。

 

ただ、この各棟のデータはすべて、ポリゴングループが一つ、マッピング画像ファイルは1ファイルで、家屋が細かくパーツに分割されてはいませんので、クローズアップには耐えられません。背景に置く分には十分に使える出来です。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 17:05 | comments(0) | - |